関東連合

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索

関東連合(かんとうれんごう)は、20世紀から21世紀(2003年)まで存在した東京都内の暴走族の連合体、ならびに、その直系の後裔にあたる半グレ集団。わけても近年メディアを騒がせている「関東連合」は1990年代以後の世代、特にS53年以降の世代の「関東連合」にあたる。

2005年頃に撮られた、関東連合関係者と財界人らの「船上の宴」。左から、金村剛弘、㊥木寸倉リ、見立真一
川名毅(横綱朝青龍暴行事件)
石元太一(海老蔵事件・六本木クラブ襲撃事件)
伊藤リオン(海老蔵事件)
瓜田純士(重要周辺者)
横綱朝青龍暴行事件
関係者として出回っている写真1。実際は無関係。
関係者として出回っている写真2。実際は無関係。
関係者として出回っている写真3。実際は無関係。

目次

[編集] 関東連合の誕生

すでに結成されていた暴走族の連合体「CRS連合」/「東京連合」を含めた大連合体の確立を狙い1975年(昭和50年)東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園にて関東連合結成式。ブラックエンペラーのドキュメント映画『ゴット・スピード・ユー』に出演して全国に名が知れ渡る。関東連合結成時に東京連合鏖の末端メンバーに話が行った為こじれる(幹部に話しを通せば聞かない訳でもなかった。)。下町地区で“喧嘩一筋”・“走る暴力団”・“単独硬派”を売りにする無差別暴力集団極悪は集会に参加するも途中退席。極悪の伝説は東京都品川区の大井埠頭にCRS連合約1280人が集結していた所に極悪約80人が全員日本刀を持って襲撃をかけCRS連合側は斬られたり、車が炎上する等何が起こったのか分からず逃げ周ったがその45分後に再び襲撃した。極悪=月島極悪・板橋極悪・深川極悪の構成メンバーが集合(北千住極悪は集合前に警察に検挙された為不参加。)。これを収拾する為に機動隊4個中隊が出動。同事件は全国に知れ渡る。江ノ島で地元のピエロと300人と町屋極悪20人で衝突し、300人全員土下座させたのは週刊誌にも出たほど有名なエピソード。1960年代からの伝統を持つ城南地区のゼロも顔を揃えた。

日本最大の走りチームと言われたCRS連合は無視。

東京下町地区・千葉県・埼玉県・茨城県を中心に「ナンバーワン」・「愛死美絵無」を中心に結成された鬼羅連合も無視。鬼羅連合とは悪名高き東京の下町及び城東地区の不良達が“走り”だけで終わるはずもなく凶暴な喧嘩屋集団の連合体と化した。「絵夢帝死」/「呪狂輪」/「狂狼会」/「轟」/「白龍」/「帝釈」/「恐死会」/「ニーナモーナ」/「紅」/「赤穂浪士」/「マッハ」/「桐」/「オリーブ」/「藁人形」/「夜櫻會」/「妖輝緋」/「総神会」/「米」/「愛舞」の多数の傘下チーム。

関東連合はブラックエンペラーマッドスペシャルが主体。赤蜻蛉/鼠小僧/ほうじろ/ファニーダック/寿限無/鬼面党/ホワイトローズ/MEDUSA/零拠/小次郎/鯨/エンジェル/狂乱恋命/バラモン/幻/烏山/狛江/既存の連合体に加入していない100チーム以上が関東連合に参加。結成式直後CRS連合のルート20との抗争で結成と同時に有名無実な存在となる。七里ヶ浜抗争事件以来警察の取締りは一段と強化され、暴走族はこれに挑戦するように内部抗争を日々深める。関東連合の結成に携わり、初代の最高顧問のアクセスジャーナルで連載中の渡辺正次郎氏(当時は国会議員の秘書)「暴走族同士の抗争事件を避ける為に、全国の暴走族に一斉に呼びかけて大同団結したい。」と相談されて考えを聞いて賛成し「団体の名前を決めろ。」それで決まったのが「関東連合」。初代会長が渡邉康司氏で初代最高顧問。警視庁幹部と話し合いが行なわれ、参加する全国の暴走族幹部達に“大同団結し関東連合を設立した趣旨説明”する為の第一回集会を駒沢公園(S49年)の許可が降りる。

「駒沢公園にはTV局から新聞社からみんなきましたよね。普段は暴走族を目の仇にしていたようなマスコミが、今日は暴れる様子もないから行ってみようてなもんだったんじゃないのかな。それに代議士が一枚からんだとなれば、それなりにマスコミにも動員かけてきたんじゃないかと思いますね。」

関東連合の結成式には警視庁交通執行課職員トップキャリアを含む20人以上が参加していた為、警察との深い関わりもあったという。マッドスペシャルの会長が国防青年隊の隊長を担っていたこともあり、会長の根回しがあって関東連合は誕生した。S49に駒沢公園で行われた「連合結成集会」には北海道を除く全国から駆けつけた暴走族リーダーと幹部約6000人の暴走族メンバーや警察・各マスコミ・右翼団体・暴力団が応援に駆け付け、政治家までもが演説をするという異常な事態を巻き起こした。横目で見ると立ち会った警視庁幹部達の顔は真っ青で緊張しているのが分かった。

[編集] 「半グレ」→「準暴力団」

東京・六本木などの繁華街で暴力事件などを引き起こしている「半グレ」と呼ばれる元暴走族グループなどについて警察庁は7日、集団で常習的に暴力的不法行為に関与しているとして「準暴力団」と位置づけ組織や活動などの実態解明に乗り出すと発表した。全国の警察本部に通達を出して重点的に捜査するよう指示する。警察庁は準暴力団について暴力団と同程度の明確な組織性はないものの、構成メンバーが集団で常習的に暴力的な不法行為をしているグループと定義。なかには暴力団構成員と密接な関係を持つメンバーもいるとしている。警察庁は、六本木の飲食店内で昨年9月、31歳の男性が襲撃され死亡した事件で元メンバーらが逮捕された暴走族「関東連合」のOBグループや平成23年12月に暴力団幹部らを襲撃した事件で逮捕者が出た中国残留孤児の2、3世で構成される不良グループ「怒羅権」などを準暴力団として想定している。また大阪・ミナミでも、アマチュア格闘技団体「強者」を名乗るグループの一部が半グレ化して傷害事件などを繰り返しているとして、大阪府警が警戒を強めている。警察庁幹部は「一部は暴力団に匹敵するほどの資金源を獲得している可能性がある」と指摘。振り込め詐欺を繰り返して巨額の資金を手にしているとされるほか、特定地域でみかじめ料を徴収し、縄張りを主張する暴力団と対立しているグループもあるという。

[編集] 構成人数[警視庁発表]

結成時の規模は総人数約3,000人/車両台数約1,500台

1970年代:約10,000人
1980年代:約3,000人
1990年代:約200人
2000年代:約50人
2003年解散

現在はOBの団体「関東連合=元関東連合OBの団体」。関東連合OBの構成員の多数が住吉会幸平一家山口組山健組/弘道会稲川会に所属しており暴力団の幹部や構成員。関東連合自体にケツ持ちはいないが、一人一人にケツ持ちが付いている。

[編集] 概略

1975年に東京都内の各地区を代表する有名な不良達の団体で構成された暴走族の連合体。当時から敵対する暴走族・愚連隊・暴力団と抗争を巻き起こしてきた。

1990年代(30代~40代)は関東連合OB達と友好団体OB達が集まり集合化し事件を起こす。東京都を中心にして神奈川県(横浜・横須賀・湘南)/静岡県(沼津)/埼玉県(大宮・浦和・川口・上尾・越谷)/千葉県(葛西・津田沼・柏・松戸・茂原)/茨城県(水戸)/群馬県と関東全域に幅広い不良&アウトローの交友関係を持つ。杉並系関東連合の見立氏・柴田氏・松島氏は中越氏がケツモチ。石元氏は杉並でないがこの派閥。住吉会幸平一家堺組。世田谷系関東連合の佐野氏・加藤氏がケツモチで弘道会仲政や野内組。伊藤リオン氏の取り合いになった。それが原因で杉並に絶縁でそれに用賀系。健全路線の小次郎派は宮園氏・成田氏・和宇慶氏。 佐野氏と懇意。住吉会幸平一家。

市川海老蔵暴行事件

(石元太一「千歳台ブラックエンペラー」・伊藤リオン「宮前愚連隊」)

朝青龍暴行事件

(川名毅=川奈毅「小次郎」・上山信二「住吉会」・㊥木寸倉リ「怒羅権」)の朝青龍を引退に追い込んだ後、示談金数千万でカタがつく。

六本木山口組襲撃事件

(馬場義明「怒羅権/住吉会」・石丸俊輔「三鷹スペクター/住吉会」)組織の上が指を詰めて示談金数千万でカタが付く。
新宿発砲事件
(田丸大「TOP-J/住吉会」)
六本木クラブ撲殺事件
▼見立真一(33)[海外逃亡フィリピンで指名手配中][黒幕][永福ブラックエンペラー]
▼石元太一(31)[詐欺罪4件で逮捕中][情報提供][千歳台ブラックエンペラー]
▽佐藤幹二→小池幹士(34)[以前出頭10日逮捕][永福町ブラックエンペラー]
▽国田正春(34)[以前出頭10日逮捕][チャッピー][永福ブラックエンペラー]
▽百井茂(30)[韓国10日逮捕][実行犯で車提供][宮前愚連隊]
▽岡崎修一(27)[韓国10日逮捕][実行犯][目出帽かぶってない]
▽栗原克一(26)[韓国10日逮捕][実行犯][伊藤リオン子分]
▽後藤亮二(26)[韓国10日逮捕][実行犯][出し子]
▽藤原修平(23)[韓国10日逮捕][実行犯][石元似のバット所持]
▽屋我正英(31)[国内出頭11日逮捕][見張り][]
▽元原将輝(24)[国内出頭11日逮捕][見張り][]
▽岩渕暁(27)[国内出頭11日逮捕][見張り][ゴールドジム?]
▽弓田貴広(25)[国内出頭11日逮捕]運転手1黒色][卍-D.O.G NAUGHTY-卍(サークル)]
▽東江力也(23)[国内出頭11日逮捕][見張り 弓田子分][卍-D.O.G NAUGHTY-卍(サークル)]
▽本間裕典(20)[国内出頭11日逮捕][見張り][]
▽少年(19)[国内出頭11日逮捕][運転手2シルバー色][]
▽増元宏明(26)[国内出頭19日逮捕][車両提供][]
▽金城勇志(30)[逮捕21日逮捕]
【六本木クラブ撲殺事件概要】
所沢へ逃走後に車両を乗り換え都内へ戻る。
敵対してる相手は新宿の木村兄弟で間違いないようだね。
木村兄
通称タイチさん
瓜田氏の親友で後輩思いの弟思い。
ステゴロ、優しすぎて詰め甘いとの中傷あり。
弱いものいじめの類のことは一度もしたことない。
本職経験
木村弟
危なくてキレやすく下克上が得意な自由人。
18でヤクザの極心の枝のホープであったが波紋。
六本木赤札軍団の中心人物。
10代の頃から両者は争いが続いていて木村兄弟は菱の三次団体に加入。
関東連合も住吉会や山口組の人間がいる事で犬猿ながらも組織のパワーバランスによって抗争に至らなかったが、金村氏がヤクザの世界に入った事で事態は一変し、両者のくすぶっていた火種が爆発。
2007年9月渋谷の道玄坂の風俗店で木村グループの武田修氏が関東連合の木藤氏&石元氏に襲われて片腕がちぎれる寸前の重傷を負う。(軍用ナタで腕を斬る)
2007年12月関東連合ケツモチの金村氏(新宿ジャックス)と大田会系幹部武田氏(S54)(新宿ジャックス)が新宿で揉める。
2008年3月金村氏が新宿で数十名の男に撲殺される。
2008年5月大田会系幹部の木村氏(S55)(新宿ジャックス)が池袋のキャバクラで複数の男に刺される→意識不明の重体。
2008年見立氏が木藤氏&石元氏を連れて菱に詫びを入れに行きけじめを付ける為に『関東連合解散』と『繁華街立ち入り禁止』。
2008年木村兄弟達数十名に邑井氏と伊藤リオン氏が襲撃に合う。
この事件は弟が被害届けを出さなかった事から警察も手を出すことが出来ず。
木村弟も命は助かっていた事で抗争は終わらなかった。
木村兄弟は菱の三次団体に所属。組の名前をよく出していて組織の上の人間もこの件について問題視。
金村氏は10代の頃から有名で新宿ジャックスを立ち上げ。岡沢高広氏や高岡蒼佑氏等が所属。
ある組織の組長と喧嘩になった時には組長を殴って階段から転げ落とし子分達相手に1人で暴れまわるぐらい暴れていた。
金村氏は裏社会に入り込むと見境なくやりすぎてしまい事件前には両手を骨折するほど相手を殴りつけていて、周囲の人間は金村氏から離れていく。
金村氏はある日木村グループの人間をボコボコにする。
それが原因で金村氏は襲われ、300メートル走って逃げたが捕まり命乞いをしたが数10名による金属バットの暴行で撲殺。
顔は原型をとどめず、直視出来ない状態で確実に殺すつもりで頭を狙っていた。目や脳が飛び出しそれを無理矢理戻したような変わり果てた姿だった。
そして六本木襲撃事件が発生。実はこの事件の数週間前に極心連合会に対して『木村兄弟が在籍しているか?』と確認の電話があった。
極心連合会は『していない。』と答えたので木村弟はもう堅気か破門扱いされたのかもしれない。
それもあって狙われた。
事件前日に石元氏が事件の起きたクラブで木村弟が飲んでいる姿を目撃。
そして次の日、店から『その男がまた来た。』という連絡を受けた石元氏が見立氏に連絡。
小池氏・国田氏らと現場近くで仲間の誕生日パーティーに参加してた見立氏は石元氏に人を集めるよう指示。見立氏自身も人集め。
百井氏所有の車両等で駆け付けたメンバーはドンキで着替え購入。
2012年9月2日3時40分頃9人で襲撃。実行役は5人で見立氏は店内で指揮。
関東連合メンバーすぐに人数を集めて襲撃。これが人違い。
やられた藤本氏は足を引きずるなど身体的特徴が木村孔次郎氏とそっくりで間違えられた。嘘でもなんでもなく本当。
襲撃した人数は20人近く。中には参加するのを渋った連中もいた。
国田氏は身長180cm程で見立氏と仲が良く、昔はクラブで怒鳴って店員に恐れられていた。
リーダー見立氏だが、非常に警戒心が強くて写真は絶対に取らせない。自宅の場所も襲撃に備えて教えないという徹底ぶりでとにかく頭がキレる。
木村兄弟も同様で特定されないように携帯の番号も頻繁に変えたりしていて非常にガードが固い。
見立氏は堅気ではなくて準構の立場で組織に関係するような立場になっても関東連合の仲間を大切にする男。
木村孔次朗氏は新宿を中心に活動していたチーム『新宿ジャックス』の六代目。
初代は山崎正典氏。後に何者かの資本でハイジュエリー会社を興して成功を収める。その会社は元々直木賞作家で志茂田景樹氏の息子である志茂田大気氏の会社。
工藤明生氏は、日本一の規模を誇る「D-1ドリームプロジェクト」を率いた現・山口組最高幹部が面倒見する大物企業舎弟、という設定の架空の人物。
木村兄弟(S54・S55)と練馬の野村氏(S57)は関東連合を解散させた。
木村氏は元極心連合会傘下の組員で野村氏は秋良連合会系一蓮会幹部。
この内容を週刊文春で激白した与国は谷山秀行氏(S51)。
見立真一氏の東田中の先輩に当たる人物。

[編集] 1970年代関東連合

鯨は関東連合結成初期からの名門チーム。70年代水戸を中心に県内各地に支部があった巨大暴走族でメンバー数百人。水戸連合の勢いに押されて自然消滅。90年代茨城町中心に復活した「関東連合・鯨」は別名ボルディが誕生。茨城町と水戸の一部が加入。それが解散して同じ地元に出来たのが「関東連合・影」別名シャドウが誕生。

[編集] 1980年代関東連合

1980年代の関東連合はブラックエンペラー(下北沢/千歳台/永福町/三多摩)&マッドスペシャル(阿佐ヶ谷/荻窪)が主軸で鬼面党/メデューサ/狂乱恋命/小次郎/鼠小僧が加盟。S51世代が現役の頃の20代の関東連合OBが半端なく強烈過ぎた。東京連合と本気で殺し合いしてた諸先輩方々。関東連合が五反田の全狂連の集会に殴り込みして相手を刺殺。刺したのはS41のブラックエンペラーの人。東京連合がなくなったのはS49世代。東京連合が解散後に関東連合が台頭して来たけど、昭和の関東連合も当時のバリバリの統慎や金鹿相手に自宅襲撃や裸のままさらって監禁ヤキとか耳そぎとか、関東連合お得意のキチガイ系の事してた。

[編集] 1990年代 (新生「関東連合」)

渋谷区/世田谷区/杉並区で続いていた「関東連合」殉國青年隊(関東連合=カントウレン)が類い希なる凶暴さを発揮し、殺人上等を地で行くキチガイ集団と化し、世間を震撼させた。1990年世代の関東連合は一人一人が気合い入っていて危ない奴しかいなくキチガイ揃い。

「上町小次郎」・「上北沢鬼面党」・「阿佐ヶ谷魔悪怒」・「荻窪魔悪怒」・「久我山狂乱恋命」・「下北沢黒帝會」・「千歳台黒帝會」・「永福町黒帝會」・「新宿十二社蛇女」。杉並区の「和泉愚連隊」・「久我山愚連隊」も関東連合に加盟。世田谷区の「三軒茶屋黒帝會」解散後に結成された「三軒茶屋愚連隊」も関東連合に加盟。1990年代に自らを「都内最強無情殺人集団」と謳う都内最恐の狂気の宮前愚連隊も後に『単独硬派』から友好関係を築き関東連合として活動する。「田無ブラックエンペラー」も関東連合に加盟。上記の組織構成で残虐非道なまでの数々の事件を巻き起こして来た不良達。

関東連合加盟組織でも同時期に存在していた足立区「鹿浜ジェロニモ」・稲城市「ナポレオン」・多摩市の「白薔薇(ホワイトローズ)」・国分寺市の「江流死土(エルシド)」・神奈川県川崎市「向ヶ丘遊園メデューサ」・「向ヶ丘遊園ブラックエンペラー」・横浜市「十日市場ブラックエンペラー」などのグループと合同で集会を行うことなどは皆無となる。

異常な程の敵対組織への襲撃(実家を崩壊や車破壊)・刺殺事件・検問・拉致監禁・拷問・ヤキ・スプレー落書きの宣戦布告・売名行為・日中特攻服を着て電車に乗り都心を練り歩き警備。

1990年代前半にブラックエンペラー=黒帝會・マッドスペシャル=魔悪怒・メデューサ=蛇女とチーム名を漢字表記に変更。

1990年代後半の「関東連合」は東京都内の暴走族/愚連隊/チーマー/ギャングを吸収して実質的に暴力団にも似た組織力・統率力・イメージ戦略で都内の未成年不良少年達の頂点に立ち君臨した。女にモテる事は度外視でとにかく「恐れられる事」「手段を問わず喧嘩に勝つ事」を掲げていた。S52年・S53年・S54年・S55年・S56年・S57年メンバー(内部抗争もかなり勃発し受け継ぐ者がおらず、抗争で長期別荘続出でこの世代で解散(2003年)。極悪・凶悪・残虐非道性質は他の暴走族や愚連隊とは比べ物にならない程で的にされたくない&関わりを持ちたくないNo.1暴走族とまで言われた。少年法改正前であった為、殺人でも別荘に2年~3年弱で娑婆に出れるので少年ヒットマンが大量生産。合言葉は「殺人上等」/「メッタ刺し」(抗争相手死者多数)。

抗争・喧嘩に際し、集団暴走中にチーム同士の抗争から、敵対・対立するグループに所属する者を狙う時は生活環境(実家・恋人・知人までも手にかける)・行動パターン等を用意周到に徹底的に調べ上げ、一人または少人数で居る所に奇襲をかけ拉致(夜道でいきなり喉元に包丁突きつけたり、暗闇でいきなり後ろから単車で轢いたり、相手の家に火炎ビン何本も放ったり)し、暴力(半殺しにした後)と玩具(男同士でシックスナインフェラチオオナニーホモSEX飲尿食糞等をさせて写真撮影や動画撮影をする)と金品強奪にして悲惨な目に合わせるといった相手に恐怖感(負けを認めても反抗的だと腕を再起不能になるくらいに金属バットでグシャグシャに潰したり、ナイフでめった刺しにして腕を懐死させたり刺殺したり)と羞恥心(傷口に汚物(うんこ)を塗り込まれたり、食べさせたり、素っ裸にして山まで連れて行きガードレールに縛り付けたり)を植えつけさせて二度と逆らえない程痛めつけるゲリラ戦へと変化。

永福町ブラックエンペラー22代目の見立氏がやってた検問張って原チャリ2ケツで金属バット持って奇襲とか自宅襲撃してさらってヤキとかは代々の永福町ブラックエンペラーの伝統で上から「教えられる」襲撃の仕方。これは弱小グループ等はバイクの音を聞いただけで隠れたり逃亡されてしまう為、音が静かで小回りの利く原チャリで奇襲をする方法が効果的であった為と敵を油断させる為。

東京連合等の城北地区の武闘派暴走族とバチバチに抗争してた時代の襲撃の仕方を引き継ぎ永福町ブラックエンペラーが当時の都内を怒涛の快進撃で制圧。昭和51年生まれの人間が上町小次郎を継承し、杉並・永福町の1978年(昭和53年・残虐王子の見立氏/凌辱の松嶋氏)世代の人間が22代目永福町ブラックエンペラーを復活させた世代は金属バット・鉄パイプ・ツルハシ・包丁・ナイフ・日本刀・拳銃といった暴力団顔負けのスタイルに変更。この世代の抗争はタイマン勝負やステゴロ勝負よりは奇襲/襲撃/拉致監禁/刃物を使った刺し喧嘩が主流となった時代。めった刺し(殺人)/キチガイ度(拷問)/鬼畜度(ヤキ)/凶暴度(喧嘩の強さ)の4拍子が揃った人達が各地区で有名人(ビッグネーム)になっていた。関東連合が大勢に対して二人で特攻するのはよくある話であった。「抗争中の族の頭の家に乗り込んで家を破壊して暴れるわ、車で轢いて拉致って監禁してボコるわ、相手の溜り場に火炎ビンを放るわ、人を殺しちまうわで、やってる事が尋常じゃなかった。」

[編集] S52年世代

昭和52年生まれの世代が中心のチーム。

井上勇氏と田丸大氏が所属してたPBBとイラプションが合流してTOP-Jを旗揚げ。武闘派集団のTOP-Jは他のチームを次々に吸収して拡大(約200人)。それを気にいらないヤクザや先輩もいて吸収されようにも断固として拒んだ為、ヤキも半端じゃなかったが勢いを止めようとしなかった。23区とまでいかないが渋谷は完全に牛耳って千葉や埼玉にも繰り出した。その後田丸氏が市原少年院から出た時は世界が変わっておりTOP-Jは解散状態になっていた。それまで20人しかいなかった宇田川警備隊が100人になっていたり、もともとKGB(200人)の頭と仲良かった関係でTOP-Jの半分がKGB(200人)になっていたりした。そこで2代目はどうするか話し合った結果一代で終えて伝説になったチーム。それから残った各メンバーは用賀喧嘩会に合流。チーマー世代では井上勇氏や田丸大氏が当時の有名人であった。

元暴走族が多い。「女にモテること」と「不良」を両立させようというコンセプトであった。

「チーマー」最後の世代。

この世代の2個下(S54年世代)までBAD-G・イラプション・ジャックスといったチームが存在していた。

[編集] 新々生「関東連合」

“...私たちはそういった規定路線には進まなかった。杉並区と世田谷区という閑静な住宅街の中で育った現代っ子の私たちは、あえて昭和の蔵の中に眠るような古典的な暴走族チームを再結成して活動を始めたのであった。” ―S54年世代関東連合メンバー・工藤明男(仮名)
―工藤明男著『いびつな絆 関東連合の真実』:“中学受験からのドロップアウター”(p.66) 宝島社 ISBN 978-4-8002-0991-7


“自分が高一の時だから96年か。センター街の関東連の歩き集会に出くわした時は生きた心地がしなかったな。名前と顔が一致するほど知らなかったから見立や松嶋がいたかは分からないけど拡声器や警棒とか包丁持って歩く姿は異質だった。先輩からはとにかく関わるな、トラブっても助けられないからって言われてた。” ―匿名(464・名無番長) 2013年7月1日
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/4649/1372438624/464


“いまの時代にこんな奴らがまだいたのか、と衝撃的だった。こいつらをこの場で潰すのはもったいないと思ったんだ。” 川名毅
(新々生関東連合「渋谷センター街歩き集会」の現場に初めて出くわした1996年クリスマスイブを述懐して。当時既に「渋谷センター街の黒幕」として名が通っていた川名は、臨戦態勢に入ったこの10数名の「パンチパーマに特攻服」の集団に対し、ねぎらいの言葉を掛け、握手を求めた。)
―工藤明男著『いびつな絆 関東連合の真実』:“渋谷・六本木の「別世界」へ”(p.85) 宝島社 ISBN 978-4-8002-0991-7


388 名前:名無番長 投稿日:2013/01/22(火) 01:13:18.74 0
>>373>>380
とにかく、復活のブラックエンペラーを指して「時代遅れ」って言う人が
ここに数人いるけど、それは違うと指摘したい。
それを言ってるのは40歳以上のおっさんか、当時を見てないオタクか地方の人かだろう。

その頃の暴走族って、時代遅れなんかじゃなくて、都内の若者にとっては
まだ見ぬ大昔の物語であり、伝説であり、幻想だったはず。
ダサダサ期間を通り越して、そろそろ一周廻るかな?くらいのタイミングだったはず。

恰好見てると、特攻の拓やカメレオンの影響が強そうだ。
前にも書かれてたけどマンガの影響が強いと思うね。

[編集] S53年世代

昭和53年世代「永福町ブラックエンペラー」・「新宿メデューサ」。昭和53年の見立真一が永福21代目の高橋氏(稲川会系暴力団員)に話を通し復活させた「永福町ブラックエンペラー」が徹底的に仕切っていた。主な活動目的=集会・集団暴走・威嚇行為・自宅襲撃・奇襲・抗争・喧嘩・凌辱・拉致監禁・脅迫。「歩き集会」をチーマー達の本拠地・渋谷で行うこともあった。「楽しけりゃいいじゃん。」のチーマー達にとって暴走族は抗争相手としては厄介な相手でだった。暴走族達はチーマー達を「眼中なし」としていた。

S53のキチガイ達が出てきてから楽しかったはずの渋谷が地獄絵図になった。S53の関東連合のメンバーはS52のTOP-Jのメンバーを先輩として立てているようには見えなかった。S53は見立氏の登場。加藤氏の代が全員パクられて関東連合が解散になったのを復活させたのがこの世代の永福町ブラックエンペラー。襲撃は加藤氏の代を遥かに超え、総力戦・ゲリラ・奇襲・凶器戦・恐怖心を与えることに関しては相当長けていて関東連合の知名度を一気に上げた。S53の西川氏・山田氏率いるこの世代の用賀喧嘩会も凄かった。見立氏達とつるんでるうちに関東連合に加盟。CRS連合の三鷹スペクターの鈴木氏と小俣氏が22代目黒皇帝の佐藤氏とメデューサ邑井氏が教護院が一緒で仲良かった関係で友好団体で各地の抗争に参加。

[編集] S54年世代

この辺りから都内最恐で抗争・喧嘩無敗の宮前愚連隊が出てくる。

吉田安清氏・小池氏・柴田大輔氏、見立真一氏と仲良かった関係から宮前愚連隊も関東連合に加入。
S54は宮前愚連隊の柴田大輔氏人気で宮前愚連隊総勢50人以上(キック/ボクサーやら格闘技経験者と喧嘩が出来る奴ばかりが集まり、めった刺しも普通にやるキチガイも集まった喧嘩殺人集団。後に都内最恐と言われる。)片腕がグチャグチャになるまでバットで叩き続けたり、腕を数十ヶ箇所刺して刺殺したりといった相手の精神まで崩壊させるような手段は背筋を寒くさせるものがあった。宮前愚連隊が考案した拉致った後に立てなくなるぐらいさんざんシバいた後に下剤を飲ませ、うんこ我慢できなくなった同士のシックスナイン&食糞。顔面下痢まみれの奴に「ウンコうまいです。」と言わせるのが残虐ポイント。拉致って裸にしてさんざんボコってる途中に一人が糞を漏らした。「てめぇー汚ねえなー。」とさらにボコり、処理するのが嫌だったから自分で食わせたのが始まり。「シゲルは変態です。これから自分の糞を食います。」龍の刺青をした奴がうんこ食べてる動画がチェーンメールで全国に流れる。抗争相手に顔面をバーナーで焼いたり(相手は後に自殺)、10Kgの鉄アレイを膝の皿に落として破壊したり(車イス生活)、くるぶしを砕いたり、ねじれるぐらい腕をバットでグシャグシャにしたり、腕をナイフでめった刺しにして壊死させたり(相手は刺殺)していた都内最強無情殺人集団。

鬼面党の西山氏と金井氏も見立氏に認められ関東連合に参加(当時のブラックエンペラーの見立氏達と宮前愚連隊の柴田氏達相手に二人で全面戦争仕掛けた気合いの入った男達)。人数関係なし(全狂連30人に襲われるが一歩も引かず闘う)に引かないので数十人の武装してる敵対チームに襲われることが多い。千歳台ブラックエンペラーも加わり、関東連合・鬼面党・宮前愚連隊・用賀喧嘩会・小次郎の時代が始まる。用賀喧嘩会がチーマーから暴走族に変更。

[編集] S55年世代

吉村氏・成田氏・ヤカン氏が用賀喧嘩会にいた。途中から成田氏が小次郎に入り、用賀喧嘩会と抗争。これに困惑したのが関東連合と用賀喧嘩会のOB達。内輪揉めはさせたくなかった。S55年は関東連合も宮前愚連隊も悲惨な末路を辿る。関東連合は見立氏/宮前愚連隊は柴田氏のヤキヤキヤキ。S55宮前愚連隊は全員バックレ(バックレたのはOBのカンパが激し過ぎたのとミスを犯した連中達で柴田氏に男同士でハメ撮りしろって言われて耐えられなくなり飛んだ。)。S55年関東連合は抗争・抗争で長期別荘の期間長すぎた。

[編集] S56年世代

S56は石元太一。16代目千歳台ブラックエンペラー総長。彼の人気で千歳台に猛者が集る。叔父は“殺しの軍団”として知られた「柳川組」に所属、父親や親戚は全員暴力団といったアウトロー一族。東洋ボール殺人事件の実行犯はこの世代。車は三田次男から借りて、親名義で後にマスコミに叩かれたが、この代も当時は有名。関東連合vs練馬の抗争の時は互いに全員包丁を持ち刺したり、刺されたり、拉致ったり拉致られてり、何人死んで、何人植物になって、何人懲役いったか分からない程の世代。S56の鬼面党が一般人に手を出した後に関東連合幹部会が若林のスカイラークで世田谷の関東連合は一般人に手を出さないと約束。加藤氏・佐野氏・見立氏・石元氏のグループに別れてるが、何かあれば集まるだろうが、今一番力があるのは見立氏のグループ。松島氏・富沢氏・小池氏。この辺は未だにガッチリな上に家業上の若い衆も多い。

[編集] “関東裏社会を牛耳るマフィア”

各界の有名人や大手企業等(関東連合(個々のネットワークを介してどの企業よりも決断が早く金払いが良いと某雑誌に記載)。関東連合と深く関わりのある芸能人・著名人・有名人や大手企業が多数存在する。

東京は基本的に経済の中心地。その経済を若年層が担っている部分が大きい。クラブ/会員制の飲食クラブ/飲食店/不動産/芸能プロダクション/IT関連企業/ゲームソフト開発/イベント会社/ファッションを始めとする表経済。無許可の人材派遣・金融・不動産/ドラッグ売買/脱法ハーブ/アダルトビデオ製作/性風俗店のグレーソーンの事業を経て、闇金/振り込め詐欺/未公開株・社債詐欺/オレオレ詐欺/出会い系サイト/裏カジノといったブラック分野に至る迄の裏経済。その中枢にいち早く食い込んだのが関東連合。都内のAV・風俗のスカウト・サークルのケツ持ち・クラブ仕切り・レゲー/ヒップホップ/ライブ利権・パー券捌いたりし出したのは川名氏と盛氏の世代。(クラブでは客の入場前にはボディチェックして薬押収して自分達でまた売り捌く。) 渋谷・新宿・六本木のクラブ/パーティー系は関東連合が全部仕切っていた。今のようにはクラブにヤクザが目を付けていない時代だった。関東連合に話しを通さないと潰しに来るからクラブもイベントもパーティーも開けなかった。

現役当時皆気合い入りまくり、現役の時はそりゃー全員おっかなかった。ヤクザが何を求めてるか?金を稼げる堅気、要は企業舎弟。必然的企業舎弟のハシリが彼等。単独での武力やコネクションも基本的に半端じゃない。(民主党/政治家/警察官僚/弁護士/指定暴力団/芸能界/メディア/関東の有名アウトロー達)

この時代の日本の首都だからこそ生まれた新しいコングロマリット。都内で多少顔の効く人間は彼等に敬意を払う。OB集団で看板が無い(最大の強み)=団体として存在する証拠がない=事務所も無い=暴力団のケツモチもバラバラ=実態は完全に有る=マフィア。後輩の面倒見はもちろん、トラブルが起きれば集結する。地域や年代によって派閥があるけど、現役引退後も結束し活動する。都内でも異色の存在。裏社会で強烈に金と力を持つ奴の共通項は『女を押さえる』に尽きる。伊藤リオン氏に仕事回してた㊥木寸倉リ氏の会社を調べると半端じゃない。行政や経団連企業のお偉いさん達が天下ってる。何でこんな大物がこんな会社にと思ったが斡旋してる女の質が半端じゃない事が分かる。抜いたことあるAV女優はほぼ押さえてるし、外人も凄い。暴走族とか、そんなガキの遊びじゃない。実際にそういう行動を起こして現実に強烈な力を持ってる。元暴走族っていうと連想されて誤解を広めることになるからマフィア化の表現が良い。

[編集] “「闇経済」を支配し始めた不良集団”

「自分は、なんでもビジネスに展開できる自信があります。ニッチな分野を見つけ、仲間を糾合してビジネスモデルを築く。頭が悪い分、カンと度胸はいい方です」こう語るのは、金融/美容/設備などの会社を数社を経営する元暴走族である。32歳の中卒で確かに"学歴"はないが、儲けを探り出す嗅覚に優れ、そのビジネスのためなら集中して勉強・法を学び・知識を蓄えるのだから"地頭"はいい。それに礼儀正しく、頭の回転が速いので話術が巧みだ。その年齢で年商10億円の企業家になったのも頷ける。しかし、手首まで入れた刺青と糾合する仲間が元暴走族で企業全体が特異なムードを醸し出している所にどうしても不安は残る。こうした元暴走族を始めとする不良出身の経営者が、急激に増えている。その進出は目を見張るほどで、東京だけでなく全国現象となっている。そこにもまた「白」から「グレーゾーン」を経て「黒」に至るまでのランク分けがある。

[編集] 関東連合OBインタビュー

縦社会/パンチパーマ/特攻服が嫌だという奴が現れてアメカジスタイルでチーマーと名乗る“横の繋がりで生きる”愚連隊になる。下の世代はヤクザみたいなことをしていた集団と考えていい、喧嘩も抗争も商売もする。<誰かが統率していたわけじゃなく好き勝手。俺らの時みたく組織としてまとまっていたわけじゃない。聞けば今は、ヤクザの幹部/芸能プロダクション経営者/芸能人/総会屋/AVプロダクション/クラブのオーナー/会社の役員/大手代理店の社員もいるという。今は単なる先輩後輩のネットワークであり、ヤクザのように事務所を構えている組織ではない。「それらの人脈を使い、様々なビジネスをして、業界を牛耳るまでになっている奴もいる。どの世代の奴も『元関東連合』というプライドを持っていて、何かあればすぐにひと肌脱ぐ“真面目さ”を持ってるのが強み。」

[編集] 推移と動向

1978年の道交法改正後にも試行錯誤して大きな集会を開いていたCRS連合/東京連合/全日本狂走連盟と違って台数が激減した都内のブラックエンペラー等は16歳から18歳中心で構成され愚連隊化。街道沿いで待ち伏せて奇襲(原付2ケツフルフェイスで敵対組織にばれないように襲撃)。その結果警察の摘発にあいメンバー減少。多くはチーマー/愚連隊に移行。暴力行為がエスカレートし殺人・拉致監禁・卑猥なリンチと歯止めが利かなくなり消滅。「チーマー/ストリートギャングの影響も受けて服装はカジュアルなストリート系。 単車にこだわらない『都市型暴走族』で喧嘩に特化した『愚連隊』。“変異”の背景には、道路交通法改正による集団暴走の取り締まりの厳格化。目立つ特攻服で暴走すれば一網打尽。結果的に世間でいう『非行』が潜在化した。武器で相手を叩きのめす事も躊躇しない。不良の気質が変化し、警察の存在や逮捕も恐れなくなった。

[編集] 東京都内有名人年表

S50
大京寺(落合・ブットバス)/ゲン(落合・ブットバス)/楠瀬(牛込1・ブットバス)/和田(東戸山・白蛇)/原田(明大・イラプション)/河野(明大・イラプション)/沢田(明大・サイコエンジェルス)/進藤(新宿ジャックス)/神原(笹塚・ジェイソンズ)/シン(ボムズ)/島村(開進3・中競)/純平(ブロスト)/眞樹(ブロスト)/桂田(浅草・山谷ロッカーズ)/ハシカノ(浅草・山谷ロッカーズ)/金剛弘(新宿ジャックス)/山崎(新宿ジャックス)/岡沢高宏(新宿ジャックス)/保科爵介(東田・新宿ジャックス)/シン(ボムズ)/広瀬(MAD)/豊田(永福町黒帝會)/吉沢(狂乱恋命)/竹林(杉並)/山田(宮前・宮前愚連隊)/宮崎(宮前愚連隊)/岩崎(宮前愚連隊)

S51
谷山秀行(東田)/平原(東陽)/村上アリ(神明・サイコエンジェルス)/大隈(湖池屋)/佐藤兄弟(ボムズ)/山本(東田・ジャックス)/天野(若林・PBB)/原田(上祖師谷・PBB)/佐藤(上祖師谷・PBB)/セイノ(PBB)/高橋(PBB)/ニラ(千歳)/大原(道潅・変態倶楽部)/向井(変態倶楽部)/田中コウセイ(浅草・変態倶楽部)/落合(宇田川警備隊)/渡辺(大森東)/知野(大森5・ブルース)/林(ZERO神)/鈴木(大久保・ダムド)/佐野光治(千歳台黒帝會)/加藤信夫(上町小次郎)/鴨志田昌也(三鷹スペクター)/西浦(三鷹スペクター)

S52
井上勇(池尻・TOP-J)/田丸大(砧南・TOP-J)/伊勢(梅ヶ丘・TOP-J)/宮崎(明大・TOP-J)/島田(明大・TOP-J)/豊田(目黒5・TOP-J)/清水(砧南・用賀喧嘩會)/赤堀信夫(井荻麗心愚)/難波幸史(井荻麗心愚)/吉田安清(東田・宮前愚連隊)/小山(御園・宇田川警備隊)/キミオ(御園・宇田川警備隊)/ゴウジ(糀谷)/ブル(荏原6・ZERO神)/トトリ(全狂連)/野中(池袋)/ツトム(雑司ヶ谷)/伊藤(浅草・山谷ロッカーズ)/園田(志村4)/信義(亀有・KGB)/高谷裕之(津田沼KGB)/矢尻哲朗(津田沼KGB)/中村創(怒羅権)/鈴木(新宿愚連隊)

S53
見立真一(東田・永福町黒帝會)/松嶋重(高南・永福町黒帝會)/中越慎二郎(永福町黒帝會)/邑井祐介(外苑・蛇女)/小山英吾(宇田川警備隊)/宗像晋司(中野10・宇田川警備隊)/古味(駒留・三茶愚連隊)/西川(用賀喧嘩會)/山田大輔(用賀喧嘩會)/小池(宮前・宮前愚連隊)/渡辺(雪谷R20G)/小島(雪谷R20G)/斎藤(鈴ヶ森・流狼)/伊藤(荒川)/小松龍(足立)/阿部(志村4)/田中(池袋)/次郎(怒羅権)/青木(上野)

S54
柴田大輔(高南・宮前愚連隊)/大嶽正史(東田・宮前愚連隊)/西山友紀(高井戸・鬼面党)/金井直哉(高井戸・鬼面党)/瓜田純士(新宿)/横手(新宿)/甲斐(怒羅権)/斉藤重人(華魂)/樺沢大輔(御園・宇田川警備隊)/郡司(大森8)/高田(大森6)/大木(鈴ヶ森・流狼)/高橋英樹(ZERO忍)/錦織(ZERO神)/萩野竜次(尾久八幡・山谷連合)/セイジ(山谷ロッカーズ)/篠崎義朗(石神井西・最古利伊達)/木村泰一郎(淀橋2・ジャックス木村一派)/武田修(中瀬・ジャックス木村一派)/松田(志村4)/船越(富士見台悪霊)

S55
吉村亮輔(用賀喧嘩會)/西佑介(神龍)/藤岡剛(葛西怒羅権)/馬場義明(葛西怒羅権)/中鉢正人(変態倶楽部)/加藤ジョー(大森東・宇田川警備隊)/佐野(荏原6)/金城(流狼)/金山(流狼)/渋谷(常盤台龍神會)/平山(変態倶楽部)/木村孔次郎(新宿・ジャックス木村一派)/金子(華魂)

S56
石元太一(烏山・千歳台黒帝會)/野間悟(宮前愚連隊)/有信(本木)/デケン(神龍)/銀次(怒羅権)/岡崎(墨田)/本山(山谷連合)/川嶋(山谷連合)/近藤(宇田川警備隊)/山田(月島)/堀江(本町)/吉川(落合)/石垣(新宿)/栗田(練馬警備隊)

S57
木藤幸一郎(千歳台黒帝會)/百井茂(宮前愚連隊)/宇田川(流れ星)/勝坊(荒武者)/大原(怒羅権)/ブラックス(山谷連合)/佐野(夜櫻)/五十嵐(怒羅権)/マサムネ(志4)/野村(最古利伊達木村一派)/トーマス(練馬愚連隊)/矢板(ホワイトオーガ)

S58
伊藤リオン(富士見ヶ丘・宮前愚連隊)/ランホー(怒羅権)/佐々木タカノリ(安方・鐘馗)/野村(足立連)/貫一(山谷連合)/鉄峰(華人連)

[編集] 友好団体

東京都(十二社・向ヶ丘遊園)

東京都(狛江・喜多見)

東京都(渋谷本町・久我山・富士見ヶ丘)

東京都(足立)

東京都(稲城)

東京都(上北沢・高井戸)

東京都(上町)

見立氏が永福町ブラックエンペラーを復活させた時に宮前愚連隊は関東連合と友好団体。中学の時から見立氏の東田中と宮前愚連隊のメンバーが通う宮前・西宮中とは仲が良く当時宮前愚連隊は勢力も小さく地元の不良グループ。S52吉田安清氏、見立氏のタメの小池氏、S54年柴田氏などが当時の主力。S52以外は全て中学生で見立氏もこの時は無所属の宮前愚連隊とつるむ地元不良中学生。中学卒業と同時にOBに話しをつけて永福二十二代目を継承して怒号の快進撃で都内を制圧。急激に膨れ上がった宮前愚連隊も勢力を拡大。世田谷の関東連合(上町・千歳台)をまとめTOP-Jの総長/井上氏・副総長/田丸氏も合流。怒羅権とも交流し世田谷の関東連合の先輩の川名氏に師事。品川・大田・練馬・新宿・山谷などのチームと各地で抗争する度に逮捕者を出す。現在はメンバー達は金融・不動産・芸能界・格闘関係・店舗経営・水商売・極道の世界で活躍。暴走族の域を遥かに超えたネットワークを張り巡らせてる。永福町ブラックエンペラーと宮前愚連隊は友好だし切っても切れない仲だけど利権に関してはよく揉めていた。一緒に敵対組織と揉めて相手から詫び料を取る際に相手にこっちに払えとそれぞれが詰め寄る(結局相手がダブルで払う羽目になる)。宮前愚連隊の柴田氏は見立氏の事は認めてたけど他の五人は認めて無いとまではいかないが暴走族として自分のが上と思ってて、頭って自覚があったから年上でも永福の人間達には絶対に指図させなかった。どっかで見立氏、柴田氏はタイマン強くないとか言ってたけど、不良の喧嘩の強さはそんな単純じゃない。気合い・根性・危なさ・執念深さで二度とあいつらとは絶対に関わり合いたく無いって思わせること。格闘家とリングでルール有りでやれば不良は勝てない。でも家族がいて、可愛い彼女がいて、友達がいて、仕事を毎日してる奴が毎日、毎日何度も何度も襲撃されたり、懲役上等の攻撃を仕掛けてきたり、次から次へと兵隊送るような相手とは勝負にならないでしょ。頭の見立氏の存在が大きかったし、先輩達も認めてたし、敵じゃなくて本当に良かったって内心思ってたよ。
キングオブギャングボーイズ
全盛期200名(TOP-Jの主力メンバーが別荘に入り残ったメンバーはKGBに加入)。喧嘩は矢尻氏がKGB最強だったけど、派閥つーかチーム内で最大勢力持ってたのが田中氏。二代目が田中氏で三代目が矢尻氏だけど二人の仲がよくなかったから矢尻氏が田中氏の後の代目はいらねーみたいになって名前変えたりかなりゴタゴタしてた。実際KGBが一番勢いあったのは二代目の時で千葉連が加入してた睦会とバックなしでやりあってた。あと矢尻氏は喧嘩負けなしだよ。気合いの入り方が半端じゃないし、気持ちが本当に強いから当時は勝つには殺さないと無理だからタイマンで負けた事はない。バックやら何やらの関係で形で負けた事はあるかもだけど純粋なタイマンで負けた事は一度もない。矢尻氏にしても邑井氏にしても自分が強いタイプは上手い事会社ごっこで金集めたりできないモンなんだな 。ただ頭回らないから身内にも敵ばっか作ってシノギ潰されまくってる。タタキも上納金の関係で切羽詰まってやったみたい。
東京都八王子市で昨年1月に現金2千万円が強奪された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は強盗の疑いで、新たに指定暴力団山口組系組員の矢尻哲朗容疑者(33)=千葉市稲毛区長沼町=を逮捕した。同課によると矢尻容疑者は容疑を否認している。この強盗事件の逮捕者は7人目。矢尻容疑者は犯行前日、現場に下見に行っており、強奪金のうち400~500万円を受け取っていたという。同課は矢尻容疑者が主犯格とみている。同課の調べによると、矢尻容疑者は別の山口組系組員、岡本健二被告(31)=同罪で起訴=らと共謀し、昨年1月19日八王子市東町の駐車場で、パチンコ店の売上金を軽乗用車に積み込む作業をしていた信用組合の男性職員にスタンガンを押しつけるなどし、約2千万円が入った手提げカバンを奪った疑いが持たれている。共犯の岡本被告ら6人は7月に強盗致傷容疑で逮捕され、うち5人が強盗罪で起訴されている。
全盛期総勢100人(TOP-Jの主力メンバーが別荘に入り残ったメンバーは宇田川警備隊に加入)
渋谷はTOP-Jの天下。毎週土曜日、センター街を総勢200人近くで『ここは俺達のモンだ。誰のもんでもねぇ。』と練り歩いた。俺達が歩くとみんな退けてくし、信号も車も関係なし。中には道を譲らないヤクザと喧嘩して、露店をメチャクチャにしたら、後日センター街のマック前で40人以上のヤクザに突然囲まれ事務所で監禁されたりした。当時は突然襲撃されることが週2ペースであった。東京23区まではいかないにしても渋谷は完全に牛耳ったし、埼玉や千葉までも乗り込んだ。先輩やヤクザは気にいらなかったみたいで、吸収しようとしても断固拒否。その分ヤキも入れられた。上の人に砂利の駐車場で手を後ろに組まれたまま正座させられ、数人の先輩に角材やスパナで殴られ、蹴られ放題。喧嘩で一番を目指す20人のチームでPBBを作ったんだけど、渋谷と言う場所は仲間と落ち合ったり繁華街で何でもあったり都合が良かった。イラプションとPBBと同タイプのチームがいて良くツルむことから意気投合して合同で大きくして出来上がったのがTOP-JTOP-Jのメンバー年齢は15~17歳、カシラ一人を置いてカシラを支える形でキーパーソンが数名いた。ペンチで歯を一本一本抜いたり、爪剥がしたり、そこに根性焼きしたり、チンコの皮にアロンアルファつけて包茎にしたりしていたチーム。

東京都(世田谷)

三軒茶屋ブラックエンペラー解散後に三軒茶屋愚連隊を旗上げ。三軒茶屋愚連隊は初代の川崎さんが上の先輩達をしめて単独で始める武闘派チーム。古味達(S53)の代は狂走連/全狂連/大田連合と揉めていた時の用賀喧嘩会は認めない。何故か?こいつらは本当に都合がよすぎ。この時、最初は同じ世田谷の理由で一緒に喧嘩をしていたのにもかかわらず、途中で分が悪くなり古味達が奪い取った特攻服を敵側に勝手に返したあげく狂走連と一緒に集会をやりだした。裏切り行為だったが当時三茶愚連隊は単独と言う名目もあったので品川区/港区/大田区/目黒区の奴らとやりあっていたのが事実。関東連はその時ほとんどがパクられていたのであまり知られていない。結局最後はZERO神の土井と毘沙門天の福場が目黒警察に泣きを入れ、三茶愚連隊が勝った。その後(古味達の代)三茶が引退し関東連がシャバに出てきた途端、今度は狂走連から関東連に密着するようになった。何でだろうな?これを見てむかつく奴、あの時の三茶のガキどもはかっこよかったぞ。裏切られても最後までやりとげたんだ。本当だったら関東連と一番近くなっていたのは今思うと古味達の代だったんじゃないかな。永福も宮前も最強伝説を創ったどあの当時の三茶も時代には埋もれてしまったが少なかれど伝説を創った。裏切られても最後までやりとげて勝った名門の一つとして俺は古味達の代を誇りに思えるよ。古味なんかはシャバ復帰したての関東連(見立氏・松嶋氏・邑井氏)なんかに意味なく車破壊されてた。

東京都(世田谷)

怒羅権は東京都江東区/港区台場/江戸川区を拠点とする暴走族。中国残留孤児の2、3世を中心としたグループ。構成員は成人すると東北系チャイニーズマフィアとして裏社会に進出。『怒羅権』とは「日本人に対する怒り・団結・権利」の意。中国残留孤児帰国者は日本語が不自由な為授業に付いていくことが困難であり、差別やイジメなどによって自分達が日本人なのか中国人なのか分からなくなり、同じ境遇であった中国残留孤児の2、3世で自然と集合化。葛西怒羅権や深川怒羅権のようにいくつかのグループがある。1990年代には関東連合に負けない凶悪な事件を度々起こす。構成員は包丁・ナイフ・青竜刀で全員武装していた。「包丁軍団」 敵対する暴走族だけでなく、ヤクザの耳を切り落としたり、仲間が警察に捕まり交番、パトカーを襲撃して仲間を奪還したり、脱退しようとした構成員や暴力団員や通行中の一般市民を殺害したりしていた。怒羅権はヤクザを殺しても潰されず、新宿のシマ持ちの住吉会からも認められる存在になった。新宿のクラブやディファ有明、レイブパーティーで喧嘩の話を聞くと必ず耳にするのが「怒羅権」。怒羅権が来るとパーティーが打ち切りになると言われている。
S53までは関東連合でS54からは反目組織(新宿木村一派)

[編集] 関東連合抗争史

1997年7月7日 五反田七夕抗争事件・暴走族100人乱闘事件

品川区西五反田の路上で品川区や大田区を拠点とする暴走族グループが別のグループに襲われ約100人の乱闘となった。
流狼・無法・ZERO(大井・荏原・品川/R20G(池上・雪谷・鵜の木・上池)
この乱闘で区内の少年(18歳)が腰を刺され死亡、他2名も重軽傷を負った。
この抗争の原因は縄張りをめぐる落書きによるもので以前からいざこざがあったという。
グループの少年達は店のシャッターなどにスプレーでグループ名を落書きしていたが、
自分達の縄張り内で相手の落書きを見つけると上から×印を書き、対立を深めていた。
両グループの少年達は凶器準備集合罪等で逮捕。
『OB談』
100人以上の品川での抗争は凄かった。死人は出るしお互い負傷者も沢山出たし、ヤクザも出張ってきた。あの時は恐かったよ。殺伐とした空気が漂っていた。ここ十年で一番激しい抗争だった。関東連合の宮前愚連隊の柴田氏に刺されて五反田の交差点の車屋の横の路地道の自動販売機の前で死に絶えた。関東連合にビビッて逃げた話、OBも裸足で逃げ出した話、五反田刺殺の時は50人対7台で逃げた事などを狂走連盟ZEROのOBが実話マッドマックスの誌面で明かしている。零の多摩川顔面バーナー焼き事件は被害者は自殺した。品川の奴なんて、関東連合との喧嘩の騒ぎで来た警官がいる目の前で自分の先輩刺されて殺されちゃってそれから関東連合が怖くて怖くてしかたなくなってマジメッコになったりしたのいっぱいいた。

平成10年7月31日凶悪暴走族『関東連合』壊滅へ幹部12人逮捕「井荻レーシング69事件」

記事内の「関東連合」は永福町ブラックエンペラー。
警視庁少年二課と荻窪/杉並署は31日迄に対立する暴走族や一般人への死傷事件を起こしている暴走族「関東連合」の幹部12人を傷害や暴行容疑で逮捕した。同グループは抗争相手を拉致して全裸写真を撮影。『写真をばらまかれたくなければ金を出せ』と恐喝する手口で勢力を拡大。幹部が50万円から100万円を持ち歩き箱根で芸者遊びをするなど資金の潤沢さが指摘されており、警視庁は組織の全容解明を進めるとともに、幹部らの一斉摘発に踏み切ることで同グループの壊滅を目指す。

平成12年(2000)5.13「暴走族関東連合が傷害致死」

少年襲われ大怪我[2件発生東京・大田区]
13日未明、東京都大田区で少年らが関東連合に襲われる事件が2件発生。警視庁は傷害と逮捕監禁の疑いで男達の行方を追っている。午前1時15分頃、同区池上3のボウリング場駐車場で18歳前後の少年少女11人が乗用車とオートバイで乗りつけた20人の男達に金属バットなどで殴られた。男達はさらに飲食店店員と会社員の少年2人(18歳)を乗用車で連れ去った。2人は約1時間半後、約20km離れた調布市内の病院前に放置されており、店員は全身打撲で意識不明の重体。会社員も頭や腕を殴られ重傷を負った。他の少年ら3人も背中などに怪我。池上署の調べでは11人は大田区内に住む会社員やアルバイトでこの日はたまたま駐車場に居合わせて踊っていた。暴走族関東連合14人(16歳~26歳)は、対立する狂走連盟と間違えて寿司屋見習いの少年(18)を金属バットで殴り、車で連れ去り拉致した。数時間後、少年は病院の前に置き去られたがまもなく脳挫傷で死亡した。殺害されたのは樺沢氏の後輩で大田区蒲田の鍾馗(しょうき)って族と一光会ってチームと仲良かったけど無所属だった。
また、同5時5分頃、ボウリング場から約3km離れた同区大森北4のファミリーレストランに若い男数人が乱入。食事をしていた区内のアルバイトの少年2人(17歳)が金属バットで頭を殴られ、1人が車で連れ去られた。少年は約5時間後、区内の病院に収容されているのが確認されたが、全身打撲の怪我。もう1人も全治1週間の怪我。大森署の調べでは、少年達は友人らと食事中に店の駐車場でたむろしていた約20人の男らに手招きされ、不安になって逃げようとした所を襲われた。
『OB談』
大田区の事件とかすごいもんな。 大田区で真昼間のファミレス(八幡通り入り口のデニーズ)にバット持った関東連合が突然乱入してきてチーム関係者を襲撃。(城南全狂連)。大田区の人間は殺されると思って『奇襲だ!奇襲だ!』と叫び続けて必死に逃げて冷蔵庫に隠れた者もいた。店内は地獄絵図だったろうね。Vシネとか漫画の世界だもんなそんな襲撃は。その後寿司職人の少年を拉致って当時ニュースでも報道されてたね。この時使用された車の名義が三田次男でさらに話題になった理由はわかんねーよ。当時の写真を見る限り暴走族の構成員だったよ。それで偶然捕まって拉致られてバットでボコボコ。もしかしてさらったのは違う理由があったのかもしれないがよく分からん。そのまま脳挫傷で意識失って少年は病院前に放置されて数時間後に死亡だったんじゃなかったかな。この時の関東連合は26ぐらいのヤクザOBもいた。だから邑井とか見立の世代がやったんじゃないよ。宮園より下の世代。あの事件は目黒の毘沙門天が集会中に関東連合OBと揉めたんだよ。関東連のOBが後日三鷹スペクターの現役を引き連れて全狂連の溜まり場の駐車場を襲撃。運悪くそこにいた連中が襲われた訳。三鷹の現役が相手を金属バットで殴り倒し、倒れた後も金属バットを何回も顔面に振り下ろすという基地外行為を行った為あんな事になった。ちなみに襲われた連中は全狂連の現役ではなかったが、関係者は何人かいたみたい。青山組のテキ屋やっていたせいか、パンチ巻いていた。それが原因で襲われたかも。逆に少数でいる所を車で来て奇襲され、ZE鬼ROがさらわれたりした。あの揉め事の際は、六郷の馬鹿ヤンキー女共が関東連OB側についたため、ルートの現役の住所、溜まり場等かなり筒抜けた。羽田もいました。その他地域にも密告した男がいました。発覚した時には飛んだが。あの件は完全に戦略で負けていた。情報量の差があからさまに出た結果。

2001/7/14(土)正午入場-18:00開始~15(日)

場所:一松海水浴場(千葉県長生村)
関東連合はオーガナイザーと仲良くて呼ばれたみたいなんだが、オーガ達はロイヤリティ払って村の許可とって大型サウナ施設の駐車場とか提携して使わせてもらったり全面的に協力して貰ってたのに、茂原のヤクザが準備中に現地に来てショバ代?面倒見代?払えって言ってきて断ったら、夜中に地元のガキ達使って嫌がらせしてきたのね。午前3時半頃からバットやパター持った少年数十人が回ってて、踊ってる前を何回も通ってて『なんだこいつらは?』と思ってたんだけど、その後悲鳴が聞こえてきて客が走って散開してきたのね。見たらベッカムヘアの用賀喧嘩会の某人が血まみれで肩がだらーんと外れてんのに闘ってんのよ。それからゴチャマンで少年達はボッコボコ。リーダー格の小錦級のデブな少年はバット奪われてケツバット何回もされて、何回も海の中に落とされてた。2丁目にいそうな当時最先端のレイバーファッションの有名な人に『てめーのバットだろ!いてーか!』と言われながらフルスイングされてて折れた後沖に投げてた。その時はちょうど陽が出始めた瞬間で、砂浜の波際に2人でやりあい、その後ろ20メートルくらいにほかの人間達が半円で囲ってかなりシュールな光景だった。オ-ガも止めに来たが『こんなんでいきなり殴られたら熱くなんだろ邪魔すんな!』って小突かれてた。関東連合は2,3人最初の不意打ちで怪我したが、ガキ達は全員頭から流血してべったり砂が付いてた。その後にぶっとい200か300Gの喜平を付けた180以上はある長身の意外と若そうな30代前半くらいのヤクザが一人で関東連の前に来て『どっから来たの?』って聞いて『関東連だ!てめー!』ってH君が名乗ってた。そのヤクザは一人で輪の中に入って行って、一番やられた用賀の奴に肩組んでなだめてて、関東連合はみんな殺気だって囲んでるのにある意味勇気あるやくざだなと思った。そのちょっと前にションベンしに海の家の方にいったら、逃げれた少年の1人がそのやくざに関東連の事をサーファー達と説明してたんだが、どう見ても一般的なサーファーの格好した奴はいないのに田舎の人達から見ると関東連はそういう風に見えるんだと・・・

まぁ夏なんでみんなラフな格好だったし、関東連は当時墨入れてるのがあまりいなかったから仕方ないのかなと・・・ で、その後に結構デカい海の家を早朝なのに関東連に使わせてあげてた。この件は関東連合はKファミリーとか上原、幡ヶ谷の渋谷勢と世田谷が人間がメインで年配も多く友達とか含め70人くらいで来てたし、レイブ全体で4、500人以上居た。伊豆でもここまで大きな喧嘩はなかったと思うから、東京以外で起こした喧嘩の中で一番大きな喧嘩だっただろうと思う。

用賀喧嘩会と抗争

TOP-J&用賀喧嘩会OBを永福町ブラックエンペラー&宮前愚連隊が7~8人で金属バットで襲撃した事件。デニーズで起きたこの事件は新聞沙汰。酋長は勢力拡大したかったが地元を守れって先輩に言われてやらなかった。下北卍やってその後永福卍復活してちょっかい出したら逆にデニーズで襲撃受けた。

練馬の悪霊&杉並の殺人舎vs千歳台のエンペラー&用賀喧嘩会の抗争

千歳台ブラックエンペラー/用賀喧嘩会/小次郎と調布の神州連合や三鷹スペクターも参加。
東洋ボール事件の時は関東連合は全盛期に近い勢いがあった。
あれは殺すだろうなって思ってたよ。色んな所で、人さらったり殺したりして、ニュースになって殺人集団って感じだったよ。全狂連との抗争で伊藤リオンとか主力メンバーがごっそりパクられてる中での抗争だったからね。練馬50人対関東連合10人足らずで勝つ彼らは凄いよ。経緯で言えば最初に宮前愚連隊が悪霊襲って悪霊に負傷者出す。その返しで悪霊側が宮前愚連隊の大嶽氏の家を窓ガラスから何から金属バットで破壊してボコボコにする。さらにその返しで宮前愚連隊側が悪霊のメンバーさらって腕数十箇所刺して病院前に放置して刺殺。 関東連合&宮前愚連隊VS悪霊&山谷は悪霊の一人が関東連&宮前愚連隊に腕がぐちゃぐちゃにねじれてしまうぐらいに金属バットで殴る。大嶽の家に悪霊の奴等が乗りこんできたから向こうの奴等拉致って腕ぐちゃぐちゃに潰してやった。最終的に関東連合・怒羅権も巻き込んで拉致ったり拉致られたり刺したり刺されたり。1番都内が荒れてた頃。その後菊乱が千歳台の奴メッタ刺しにして植物人間にしたり、悪霊が世田谷乗り込んで用賀喧嘩会OBめった刺して植物人間にしたり、あの時は本当に危なかった。千歳台卍のヤツを車椅子にしちまったんだよな。首をナイフで刺すとか凄すぎるよな。少年法の改正前だからか喧嘩で刺すのは当たり前、殺したら地元の英雄みたいな空気があった。マインドコントロールして煽ってる先輩連中もどうかと思うが。この世代の奴らがガキの頃はかなりイカレてたよ。何人死んで何人懲役いってんだよ。少年法改正前だったら殺人でも一年ちょいで娑婆出れたもんな。それを利用して関東連合のOB達が少年ヒットマン大量生産してた。年少くらいで地元のヒーローになれるなら喜んで殺してた。そこらのヤクザなんかよりよっぽど危ない。当時殺し合いしてたの16、7のガキだぞ。悪霊の土志田・平和台・富士見台の各頭+菊乱の頭vs関東連合タイマン合戦するも全く歯が立たない状態で三人があっさり負ける。この時点でもう勝負は関東連合の勝ちが決まってたんだけど最後の四人目、菊乱会の彼は気合いが違った。殴られながらもなんとか組み合い、膝をくらいながらも必死に相手の耳にかじりつきそして食いちぎった。悲鳴と共に倒れる相手狂気ってのはああゆうのを言う。これぞ喧嘩。体を張って意地を見せた菊乱の彼に拍手。
神奈川横浜ジョーカーズ
渋谷のチーマーvsジョーカーズ。ジョーカーズが圧倒して、その後の残党狩りに友好チームがくっついて行った時、俺も弱小アメリカンのバイクチーム入ってたので招集された。絶対に2ケツで行けと、言われて後輩のFTRに借りて、後ろにツレのっけて参加したんだけど、保土ヶ谷で族狩りに巻き込まれて遅刻して着いたら、既にセンター街~宮下公園全部掃討が終わってて、しかもジョーカーズの友好チーマーもジョーカーズと合流してて、バイク100台以上、人も150人はいるのに相手が全然いなくてつまらないって話だったんで砧公園の側のバイクショップ店員の先輩に要らないパーツ譲ってもらって帰ろうって走ってた所、関東連合の検問に遭遇した。普通の田舎ヤンキーの格好で、スクーター乗ってて、いきなり金属バットをニンジンみたいにしてバイク止めようとしてきたから、素直にバイク降りるふりして、後ろのツレが思いっきり二発スラッパーで金属バットの奴の顔面引っ叩いた。前運転してた奴はそのままスクーターで逃げて、後ろの奴は顔面押さえてしゃがみこんでたんだけど、「てめぇら、顔とバイク覚えたからな!絶対ぇぶっ殺すからな!」(俺ら二人ともタートルヘルにサングラス)とか言ってて、ツレがエンジニアで押さえてる手ごと顔面蹴っ飛ばして、軽く罵った後に、単車またがったら「お前ら、関東連合のコロスリストに入ったからなぁ~っ、ぶっ殺すからなっ!ナンバーも覚えたぞ 横浜 ×××の×」とか言い始めて、これはヤバイなって思った。すげーガリガリで漫画みたいな髪型してるゴブリンみたいな奴が、喚きまくってる姿は本当に恐怖で、帰った後に、ジョーカーズじゃない大規模チームの頭にだけこっそり話して聞いたら、ナンバーも変えて、オールペンしろって話だったからFTR買い取ってナンバー変えて、オールペンしたよ。後輩には代わりに俺のビラーゴ譲った。タイミングが全く思い出せないけど、ベイブリッジで人が殺されて、その話を数年後聞いた時に、横浜の走り屋チームが関東連合の検問に引っかかってうっかり止まったらいきなり頭がアイスピックで刺されて、その後、他のメンバーも金属バットでぶん殴られて拉致られて耳の穴にバクチク入れて火をつけられたってのと、多摩川に埋められて首だけ出してる状態で暴行数時間受けたって話を聞いてあんときのツレに心から感謝したわチビだし、ガリガリだし、スクーターだし、舐める要素しか無かったからなその事件の後から、走り屋チームが東京行くのも減ったし、走り屋も武装を最低限し始めた。バトルスーツ着てる奴とか走り屋でいただろ?あの辺はそれから増え始めたんだよ。何にしても、当時横浜にまで、関東連合とは関わるなって話は届いてたって話。関係無いけど、関東連合関連のイベント仕切り利権の半グレが、ベイホの横のマトリックスに来て、客がガチでヤクザとチンピラしか居なくてこりゃ駄目だって引き上げようとしたら、ヤクザに捕まって結構大事になったって話があったんだけど、そのちょっと前に俺もマトリックスでヤクザに絡まれて散々な目にあってて、その話を聞いた時は大爆笑したよ。その後にアゲハで怒羅権と関東連が大暴れしてた時期はちょうど遊んでた時期と重なるけど、マトリックスに比べたらまだましだなぁと思ってた。あいつらは金回りが良さそうでラリラリの奴を目をつけて駐車場から拉致とかやってたけど、マトリックスなんて、普通にいるだけでヤクザに絡まれてたからね。

[編集] 関東連合事件史

1997関東連合抗争殺人事件

1998関東連合芦花公園ホモ狩り殺人事件(実行犯江戸川の怒羅権の構成員)

「芦花公園」で男性同性愛者が、ふとももをナイフで刺され殺害された殺人事件は犯人が逮捕され一応の解決を見たが、強盗殺人より罪状の軽い暴走族同士の抗争における「人違い殺人」として処理。

1998年4月26日午前1時35分頃、同性愛者の発展場(ハッテン公園)として知られている世田谷区粕谷の都立芦花公園内公衆トイレにて、山梨県韮崎市内の食品製造販売業手伝い伊藤人支さん(40)が暴走族風の集団に刃物で左大腿部を刺され、病院に運ばれたが、まもなく出血多量で死亡した。成城署によると、この男性はその日知り合ったばかりの会社員の男性(38)と話をしていた所、数台のバイクで乗り付けたグループに襲われたという。男性らは二人で公園内の公衆トイレに逃げ込み、内側から鍵をかけて潜んでいたが、集団は金属バットなどでドアを叩き壊そうと外側から襲撃。しばらくしてバイクが去った音がしたので外へ出てみたところ、待ち伏せしていた男性に刺されたという。もう一人の男性も重傷を負ったが「襲われた理由がわからない」と話している。

1998関東連合杉並公園暴行事件→幹部12名逮捕

警視庁少年二課と荻窪、杉並署は31日までに、対立する暴走族や一般人への死傷事件を起こしている暴走族「関東連合」の幹部ら十二人を傷害や暴行容疑で逮捕した。同グループは抗争相手を拉致(らち)して全裸写真を撮影「写真をばらまかれたくなければ金を出せ」と恐喝する手口で勢力を拡大していた。幹部が五十万円から百万円を持ち歩き、箱根で芸者遊びをするなど資金の潤沢さが指摘されており、 警視庁は組織の全容解明を進めるとともに、幹部らの一斉摘発に踏み切ることで、同グループの壊滅を目指す。東京都杉並区や世田谷区を拠点とする「関東連合」は数グループからなり、構成員は約百二十人。逮捕されたのは「用賀喧嘩会」会長の高校三年生(十九)や「宮前愚連隊」リーダーの杉並区の高校一年生(十八)。調べでは、グループは二月八日夜、七十万円の資金カンパを拒否した十九歳の少年ら三人を杉並区内の公園に呼び出して暴行、最高全治二ヶ月のけがを負わせた疑い。三人はそれまでに数十万円を恐喝されていた。

1998関東連合巨人戦前売買占事件
東京ドームのプロ野球巨人戦の前売り券発売時に、整理券を入手するために高校生ら数百人を動員させていたことが分かっており、警視庁で捜査している。

2000東洋ボール殺人事件(使用車所持者:高橋祐也)→関東連合幹部大量逮捕

2000年5月13日午前1時頃、大田区池上のボウリング場「トーヨーボール」の駐車場において暴走族(関東連合)14人(16歳~26歳)は、対立する全狂連暴走族と間違えて寿司屋見習いの少年(18)を金属バットで殴り、車で連れ去り拉致した。数時間後、少年は病院の前に置き去られたがまもなく脳挫傷で死亡した。 また現場に居た会社員(18)にも重傷を負わせた。

2000世田谷一家殺人事件
【石元氏談】

あの事件、俺が特少にいた時に起きた事件なんだけど、知った時は衝撃だったもんな。俺なんか中にいたのに、社会に戻った時に成城警察に呼び出されたもん。被害者の家の近くにエンペラーのスプレー書きがある、何か知っているんだろうって。いやいや、そんな大胆な事する奴ならもう捕まってるって。

2003PRIDE森下社長変死事件
2003スーパーフリー事件(実行リーダー:和田真一郎

2003年5月18日午後8時半ごろ、スーパーフリーの代表者及び男子大学生メンバー(合計5人)は慶應義塾大学医学部ヨット部主催のパーティに客として参加。そこで知り合った女性数名と共に東京都港区六本木のビルにある居酒屋へ場所を移して二次会を開き、この席上で女子大生(20歳)にゲームを仕掛け、集中的に負けさせてスペシャルサワー(後述)を大量に飲ませ泥酔させた上、「吐ける場所あるから行こうよ」と誘い、人通りのないエレベータフロアに連れ出し、集団で強姦した。同日、被害者が警視庁麻布署に被害届を提出した。取調べにより多数の余罪が判明したが、上記の事件以外では2001年12月19日、東京都豊島区高田のスーパーフリー代表者の自宅兼事務所における鍋パーティで19歳の女性を泥酔させ3人で輪姦した事件。2003年4月27日、東京都港区六本木の居酒屋における二次会で18歳の女性を泥酔させ、人通りのない場所の玄関マットに寝かせ、1時間半にわたり13人で輪姦した事件のみが立件に至った。6月19日、麻布署はメンバー5人を強姦容疑で逮捕する。当初、容疑者らは「合意の上」と容疑を否認したが、6月22日にはスーパーフリーが解散し、6月30日東京地検は容疑者2名を強姦容疑で起訴する。7月4日には東京地検はさらに2名の容疑者を準強姦罪で起訴する。7月9日には東京地検はさらに1名の容疑者を準強姦罪で起訴。8月21日には東京地検はスーパーフリーの代表者を含む3名の容疑者を準強姦罪で起訴した。2004年11月2日、代表に対して懲役14年の実刑判決が下る。被告人側は判決を不服として同年11月17日に控訴する。2005年6月16日には最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)に上告したが2005年11月1日付で棄却され、主犯を懲役14年の実刑とした1、2審判決が確定する。また、主犯を除く13人には懲役10年〜2年4ヶ月の実刑判決が確定した。

2003赤坂プチエンジェル事件(実行リーダー:吉里弘太郎
2004オレオレ詐欺、関東連合OB逮捕者(逮捕:藤岡「怒羅権S55」・西「神龍S55」)

振り込め詐欺被害6500万円
孫を装い現金600万円をだまし取ったとして、群馬県警捜査2課などは26日、東京都江東区塩浜1、自称会社役員、藤岡剛容疑者(29)ら5人を詐欺容疑で再逮捕したと発表した。県警によると藤岡容疑者をリーダー格に5人は9件の詐欺罪で既に起訴され、他に10件の振り込め詐欺への関与を供述しているという。同課は、被害が東京や神奈川など8都県で少なくとも20件、総額約6500万円に上るとみている。逮捕容疑は、昨年8月29日午前11時頃、新潟市の無職女性(80)方に孫を装って電話をかけ、「先輩の会社の保証人になったが倒産した。600万円必要。弁護士が行くから金を渡してほしい」などと要求。同日午後1時ごろ、女性方で600万円をだまし取ったとしている。同課によると、藤岡容疑者ら2人は「知らない」と否認し、他の3人は容疑を認めているという。

2005レコード大賞審査委員長変死事件
2006ライブドア野口英昭刺殺事件
音楽評論家・阿子島たけし(65)が「2005年日本レコード大賞」の審査委員長に決まった同年9月、阿子島氏に対して、「音楽業界有志一同」名で、阿子島をとんでもない人物と名指しし「業界関係者との金銭授受があった」「阿子島はレコ大委員長を辞めろ」等の文書が阿子島並びに関係者に送りつけられていた。阿子島は文書について、「全く根も葉もないこととまで言わないが、事実関係を捻じ曲げている」「出した人間は分かっている。詳しいことは後日話す」とコメントしていた。そして問題の事件が起きた。阿子島は12日朝に家を出て以降、行方不明となり14日に家族から神奈川県警戸塚署に捜査願いが出された。しかも13日には、阿子島の自宅(神奈川県横浜市)が全焼するという事件も起きている。12日に行方不明になり13日に自宅が全焼という不可解な事件で、当然警察は本人を捜索していたが全焼から3日後の16日に突如自宅敷地内から遺体となって発見された。14、15日とさほど広くもない自宅敷地内を多数の警官が捜索していたにも関わらず3日後になって遺体が発見されたことについて警察は「16日に初めて屋外を捜索し始めた」としている。司法解剖では煙を吸い込んでいないと診断された。つまり火事が発生する前に死亡したということだ。その上で警察の発表は、死因は焼死で、出火原因は放火ではなく失火と断定。事件性がないと判断したと発表した。日本レコード大賞といえば、わが国でもっとも権威ある音楽賞で、利権も絡む故、その関係で何らかのトラブルに巻き込まれたとのではないかとの憶測も出ている。

2006山口組秋良連合会一蓮会武田修刺傷事件(実行犯:千歳台黒帝会S57木藤幸一郎)

2006長良プロダクション不法侵入事件(実行犯:上山伸治

氷川きよしさんが所属する芸能プロダクション「長良プロダクション」(東京都港区六本木)の事務所に暴力団幹部ら二人が押しかけ、住居侵入の現行犯で警視庁麻布署に逮捕されていた事が八日、分かった。暴力団幹部らはプロダクション会長(67)から借金をしていたという。同署で金銭トラブルが原因とみて調べている。逮捕されたのは住所不詳、指定暴力団住吉会系幹部、増田孝雄容疑者(58)と港区六本木、会社役員、上山伸治容疑者(45)。調べでは、増田容疑者らは2月15日正午すぎ、六本木の長良プロダクションの事務所に押しかけ、「会長に会わせろ」と強要。職員らが「会長はいない。帰ってほしい」と求めたが、居座り続けたため110番通報で駆けつけた同署員に現行犯逮捕された。長良プロダクションは氷川さんのほか、歌手の山川豊さん、タレントの梅宮辰夫さん、中村玉緒さんらが所属している。

1998年/2002年/2007三田佳子息子(高橋祐也)覚せい剤取締法違反逮捕事件

2007年11月15日、コンビニエンスストアのトイレで覚せい剤を吸引していたことが店員の通報により発覚し、かけつけた警察官が路上で職務質問したところ、覚せい剤約0.1グラムを所持していたため、三たび覚せい剤取締役法違反で現行犯逮捕される。三田佳子は記者会見において、「すべては私たち夫婦の教育の失敗」と全面的に謝罪した上で、2006年までは一人暮らしをするほど精神状態が安定したものの、2007年に入り鬱病にかかって入院。逮捕前には鬱病が再び悪化したため再度入院させようとしていたことを明らかにした。但し3度目の同じ犯行ということもあり、三田は女優活動の自粛はせず、「彼も少年ではないので親としてかかわれる限界はあります。心の中では放り出して当然という気持ちもある」と息子を突き放すとも受け取れる発言をした一方で、現在も月70万円のこづかいを渡していたことが発覚する。また、かつては身元引受人であった唐十郎は、3年以上会っていないことを明らかにした上で「自分で痛みを感じるしかないでしょう」とコメントを残している。

2001いしだ壱成麻薬事件(取引ヵ所:西麻布ミューズ(経営者:瀬川重雄))
大麻取締法違反容疑で逮捕されたタレントのいしだ壱成(本名・星川一星)容疑者(26)がLSD(合成麻薬)も所持していた疑いが強まり、厚生労働省近畿麻薬取締部は7日、いしだ容疑者を麻薬取締法違反容疑で再逮捕した。調べによると、いしだ容疑者は先月22日、東京都内の自宅にLSDの紙片1枚(1回分)を隠し持っていた疑い。同取締部は先月20日、いしだ容疑者が宿泊していた大阪市中央区のホテル客室内で大麻樹脂2グラム(末端価格約2万円)を見つけ、現行犯逮捕した。2日後、自宅を捜索し、LSDを押収した。LSDに関して、いしだ容疑者は「自分は知らない」と供述しているという。

2008新宿集団暴行金剛弘殺人事件(金剛弘は関東連合S50、武田修刺傷が原因)

2008飯島愛死亡事件

2009PRIDE百瀬変死事件

2009酒井法子覚醒剤事件(酒井の身元引受人:建築会社社長富永保雄)

2009押尾学事件
8月2日、押尾学が合成麻薬MDMAを服用したとして同年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕される事件が発生した。その際、六本木ヒルズのマンションの部屋で押尾と一緒にMDMAを使用したホステスの女性が全裸で死亡していたことや、事件現場の部屋の名義が押尾の知人であるピーチ・ジョン代表取締役社長の野口美佳であったことなどにより、スキャンダラスな観点から報道がなされた。

2010朝青龍暴行事件(暴行を受けた被害者:川奈毅)
2010森祐喜コンビニ事件
2010海老蔵事件(海老蔵に暴行されたと主張する人物:千歳台黒帝会S56総長石元太一)

2011年六本木山口組襲撃事件(実行犯/怒羅権S55馬場義明・三鷹スペクターS55総長石丸俊輔幸平一家堺組)

12月14日午前―都内港区六本木の雑居ビル内飲食店にて、山口組系組幹部を含む4名がおよそ20名の男らからビール瓶などを用いての集団暴行を受けるという事件が発生。その4名のうち3名は傘下保科一家の構成員で、残りの1名が極心連合会の元構成員であった。うち1名は脳挫傷で生死の境を彷徨う事態に陥ったものの、一命を取り留めている。住吉会幸平一家関係者ならびに関東連合元関係者らによる加害であったという。
指定暴力団山口組関係者らが襲撃された事件で傷害容疑などで逮捕された指定暴力団住吉会系組員の男が暴走族の元総長で、暴走族グループ「関東連合」OBと現在も交友が深いことが26日、警視庁組織犯罪対策4課への取材で分かった。同課によると、逮捕されたのは、住吉会系組員、石丸俊輔容疑者(32)=住所不定=で東京都三鷹市を拠点とする暴走族の元総長だったという。調べに対し「今は何も言えません」と黙秘している。逮捕容疑は、昨年12月14日未明、港区六本木の飲食店で山口組系元組幹部ら5人の頭をビール瓶で殴るなどして全治1~2カ月の重傷を負わせるなどしたとしている。石丸容疑者らは襲撃の直前、六本木の交差点付近で山口組関係者とトラブルになっていたといい、同課は、襲撃には関東連合関係者らも関与したとみて実体解明を進めている。東京・六本木のキャバクラで暴力団幹部らが約20人の集団に襲われた事件で、警視庁は15日逮捕状を取って行方を追っていた主犯格で不良グループ怒羅権の幹部・馬場義明容疑者ら3人を逮捕した。警視庁によると、馬場容疑者らは11年12月、約20人で六本木のキャバクラに押し入り、客の山口組系幹部ら5人に対し、ビール瓶で頭を殴るなどして、重軽傷を負わせた疑いが持たれている。警視庁の調べに対し、馬場容疑者は「事実についてはわかっています」と話しているという。警視庁は、馬場容疑者が事件の主犯格であり、山口組系組員とのトラブルをめぐる報復だったとみている。また馬場容疑者は、暴走族グループ関東連合と関わりが深く警視庁は関東連合の関係者も事件に関わっているとみて捜査している。
外で揉めた木村をやるために20人に集めて店へ入ったら現役ヤクザのHとかと合流してて、Hに重傷負わせてしまった。それで破門、上が指詰めて金持って詫び入れた。

2012年六本木クラブ撲殺事件

東京・六本木のクラブで9月、焼き肉店経営藤本亮介さん(31)が目出し帽姿のグループに襲われ殺害された事件で、警視庁捜査1課は6日までに、現場近くに金属バットを持って集まったとして凶器準備集合の疑いで元暴走族グループ関東連合のメンバーら15人の逮捕状を取った。所在を確認次第、同容疑で逮捕し、藤本さん襲撃への関与についても調べる。また容疑者グループの男が事件後「男性は人違いだった」と周囲に話していたことも判明した。捜査1課は、現場のクラブに近い路上で金属バットを持ったり、目出し帽をかぶったりしながら歩く男約10人が写った防犯カメラの画像を事件後に公開。寄せられた情報などから、六本木を拠点とする関東連合の元メンバーらを特定した。15人の多くは20~30代で、少年も含まれているという。うち数人は事件直後にハワイや中国などに出国していることが確認され、行方を追っている。藤本さんは9月2日午前3時40分頃、港区六本木5丁目のクラブで知人と飲食中、目出し帽の男らに金属バットで頭を殴られ殺害された。 東京・六本木のクラブで飲食店経営藤本亮介さん(31)が男らに金属バットなどで殴られ殺害された事件で、警視庁捜査1課は15日、凶器準備集合容疑で首謀格の見立真一容疑者(33)ら海外に逃亡している男2人を国際手配する方針を固めた。

[編集] 関東連合OBの仕事

[編集] 漫画(関東連合がモデル)

-特攻の拓

-新宿スワン

-闇金融ウシジマくん

-TWO突風!

-サムライソルジャー

-GOLD

[編集] メディア

-鬼面党(烈士伝)

-新宿メデューサー(アウトロー狂走曲)

-阿佐ヶ谷マッドスペシャル(烈士伝)

-永福町ブラックエンペラー(マッドマックス・アウトロー狂走曲)

-用賀喧嘩會(EGG)(アウトロー狂走曲)

-宮前愚連隊(チャンプロード・アウトロー狂走曲)

-三軒茶屋愚連隊(吉永マサユキ撮影本「slang」)

-スーパーティーンズ写真集「BADGE LESS バッジレス 勲章なんかいらない」 撮影 高橋宏幸 編集 森田浩章

[編集] 関東連合出身有名人&有名関係者

※記事→[3]
スイス在住の金融会社役員霜見誠さん(51)と、妻とみられる女性の遺体が埼玉県久喜市で見つかった事件で死体遺棄容疑で逮捕された会社役員渡辺剛容疑者(43)が霜見さんに投資で損をさせられ恨んでいた。「夫婦の首を絞めて殺した」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。2人は約1年前に知り合ったとされ、警視庁築地署捜査本部は、金銭トラブルが動機とみて詳しい経緯を調べている。捜査関係者によると、死体遺棄容疑で元部下の桑原隆明容疑者(41)も逮捕されたが、渡辺容疑者は「全て一人でやった」と供述している。
「どう考えてもクロニクル案件、アーティストハウス経由のアンティコルム(競売会社)の事案。セブンシーズだのオープンループだのそっち方面の事件銘柄がてんこ盛り。事件化して下手人挙げないと次々と人が死んでいく可能性もあると思いますし、単にクソ株転がして大穴開けて詰められたってレベルの話じゃないと思います。」

目出し帽を被った集団が、飲食店経営者の男性(享年31)を撲殺した現場となった六本木のクラブ「スタジオ ゲイト」が、無許可営業を行ったとして摘発され、代表取締役の馬場幹人容疑者(39)ら8名が風営法違反で逮捕された。事件が報道された10月1日、西麻布の人気クラブ「エーライフ」、六本木の「フェリアTOKYO」などの運営会社を実質経営する上山伸治元社長(52)が約1億3,000万円の所得を隠し、約3,900万円を脱税したとして東京地検に告発された

闇金ウシジマくんの鰐戸三兄弟のモデル。
消火器でバイクに乗っている奴に殴りかかりバイク強奪。
立ち食いそば屋にトッピング「いつもの」で毎日注文。代金は払わない。
某コンビニの店員をさらい、自分の店でゴムテと画鋲を万引きさせ、ゴムテでグルグル巻きにして顔面に画鋲二箱デコレーション。
鬼ガンで無料ショッピング出来る店舗複数。
須藤元気をカッターナイフで襲う。
基本無所属だったのに複数の暴走族と対等以上に抗争。
笹塚、渋谷のパチンコ屋で知り合いを探してはドル箱を勝手に換金。
渋谷の銀アクセ屋の商品を全部万引き。店主をシンナー中毒に追い込む。
バタフライナイフで襲いかかっ来た三人組を作業用カッターで撃退。
吉祥寺の某通りを深夜は知り合い専用道路とし、知り合いも誰も通らない自分専用道路とする。
TOP-Jの田丸氏と井上氏がこの世で一番敵に回したくないのが神原って話してたよ。
そりゃーそうだろ。この兄弟だけは別世界に生きてるよ。
中学の頃から強盗・強姦やりまくり。
中1の時にスコップで近隣小学生の女の子の目を突いて失明させる程の極悪男。
他にも消火器5階から落としたり、線路に置き石やバイクを置いたり、階段から突き落としたりと奇行が目立つ。
渋谷loveの爆破命令もゴローズ強盗命令も神原くん
伝説①鬼ガンの神原
コンビニで弁当や飲み物、雑誌などをレジに持っていき
会計の際に店員にガンをつけ金を払わず持ち帰る。
柴田だろうが、見立だろうが同級生は『そういやそんな不良いたな』程度ですが神原三兄弟は違う。
正真正銘の極悪キチガイ。
神原はシャバにいちゃいけないよな。
関わりたくない人がほとんどなのに、なんで一部の人間に人気あんだ?
昔ギャル男みたいなヤツの尻いきなり理由もなく、ぶっ刺したのには驚いた。
笹塚中で神原三兄弟は伝説と化してる。メチャクチャ有名。
今は三兄弟全員長期刑。
神原はダチだろうが女だろうがそこらへんのサラリーマンだろうがむかついたらすぐに刺したりボコボコにする怖い人。
2chじゃ人気者だけど、現実は笑ったとかいって女子生徒をいきなり消火器で殴ったり(中学時代ポン中)、何度も何度も校内でレイプしようとしたり、手がつけられない本物のキチガイ。
凶悪過ぎて暴走族関東連合に加入する事を断れ続けた男だ。
暴走族に加入出来ないってどんだけ悪なんだよ・・・。
中学から少年院長く入ってて、17歳でお馴染みのセンター街大学生殺人とシャブで水戸少刑務め20前半出所。
出所して来たと思ったら1年ぐらいで強盗・恐喝と営利のシャブ所持で懲役7年。
また出所して来たと思ったら1年ぐらいで渋谷通り魔事件。しかもまた営利シャブ所持。
同居の女シャブ漬けにしてたり、記事によれば外資系ホテルのスィートルームに住んでたからかなり稼いでた模様。
12歳から3年ぐらいしかシャバにいないミスター懲役男。
逮捕
東京・渋谷で先月24日夜、男性5人が刃物を持った男に次々と襲われけがをした連続通り魔事件で、
警視庁は6日夜、住所不詳、無職神原雅行容疑者(30)を傷害の疑いで逮捕した。
神原容疑者は「ムシャクシャしてやった」と容疑を認めており、同庁で詳しい動機を追及する。
調べによると、神原容疑者は7月24日午後10時40分頃、東京都渋谷区桜丘町の:コンビニエンスストア前の路上で、
ジョギング中だった調理師の男性(18)の胸を刃物で刺した。
その後、周辺の半径約200メートルの範囲で、わずか約5分間で、男性4人の背中やわき腹などを、刃物で次々と刺した疑い。
この連続通り魔事件で、品川区の会社員落合厚彦さん(41)が全治10日の怪我を負うなど、5人が軽傷を負った。
神原容疑者は犯行後、バイクで逃走したが、警視庁が公開したコンビニ店の防犯カメラに映っていた男に似た人物がいる。
との情報が寄せられ、警視庁で所在確認を進めたところ、6日午後、都内のホテルにいた同容疑者を発見した。
神原容疑者は5人を刺した際、各現場をバイクで移動し、同区桜丘町のJR山手線わきの路上から約60メートル離れた路上で、
5人目の被害者となった渋谷区の格闘家須藤元気さん(25)の右わき腹を刺した後、恵比寿方向へ逃走。

1979年新宿・歌舞伎町生まれ。父親は伝説の暴走族ブラックエンペラーの二代目総会長(現役当時は二代目を襲名、関東連合創始者)。織田信長の遠い末裔である事から家紋は織田瓜。16歳で暴力団に入り新宿・中野・杉並の仲間達数名と東京制覇し新宿を中心に都内を席巻したアウトローのカリスマ。劇画にもなった伝説の多国籍バウンサー組織『供攻社』を設立。最盛期は60名を超える在日韓国人/中国人/日系ブラジル人/亜系黒人などが揃えていた。獄中体験を経て、現在は映画/音楽/講演/格闘技/ブログを通じて薬物と孤独の恐ろしさを世に訴える活動をしている。

【関係者】

瓜田さんは中学時代、タメ相手なら喧嘩無敗だった。内容が松嶋氏がヤンキーに絡んでタイマンで蹴りを着ける段階になると可哀想な事に瓜田さんが出陣させられた。負けたらラチられるか松嶋氏に説教される為、そりゃ必死で戦ったみたいに書かれてた。
三年前のちょうど今頃、彼女と牛角食って店出ようとしたら傘なくなってて結構降ってたし店の前で雨宿りしてたら、いきなり通りがかりのチンピラが自分の差してたビニール傘を「使いなよ」って差し出してきた。突然だしびっくりするしもちろん断ったんだけど「女濡らすのは何とか間とか…」とか言って雨音と滑舌の悪さでちょっと聞き取れなかったけど、結局半ば強引に俺たちに傘を持たせその人は土砂降りの中、タバコに火を点けて颯爽と去っていったが、その人は紛れもなく先週末、朝のニュースで報道されてた人だった。こんなに顔に入れ墨なかったような気もするけど間違いない。

日本史上最大規模の暴走族ブラックエンペラーの七代目三多摩本部総長。1970年代の全盛期には関東全域に支部を持ち、傘下のチームを含めると構成員総数が1万人以上。身長188cm89kgの体格で運動神経抜群。喧嘩の強さは尋常じゃなく、小学6年の時に自分をシメに来た中学生の先輩23人を全員タイマンで返り討ち。国士館の空手部や柔道部を子供扱い、CRS連合との幾多の衝突。度々当事の新聞記事になった程の乱闘事件での大立ち回りなど喧嘩の逸話は数知れない。幾度もの留置所送りの末、昭和記念公園での乱闘事件の主犯格として逮捕。少年院。少年院でチャップリンの自伝を読み、心を入れ替え俳優に転身。漫画『特攻の拓』の鰐淵春樹のモデルとなった男。

用賀喧嘩會創設者。田丸氏も吉村氏も高村氏には頭が上がらない。高村氏は三本杉一家の右翼、大行社を経て稲川会森田一家高村組を結成。S51のPBB天野氏を高村組舎弟に招き入れるも親分の馬場総長が森田一家を離れ佃政一家の跡目を継いだ事から稲川会佃政一家本部長として大出世を爆心中。佃政一家は稲川会の東京責任者をしている名門。初代頭の松浦氏は秋良連合会幹部。松浦氏の親父は太田興業舎弟松浦総業総長。

PBBは平成四年に川名君のもとで結成。メンバーは佐野君/天野君/原田君/本田君/目崎君/なお君/西村君/在一君/古鷹君/池添君/達也君/松君/山澤君/泉君/荒君/瀬戸君/原君/清水君/福田君/西本君/庄村君/清野君/古賀君/黒米君。東京で伝説の関東連合上町小次郎現役当時は調布ルート20などに押されていたが、その後は頭角を現す。映画「秋葉真剣です」にも出演。出演者川奈氏(関東連)・盛氏(関東連)・片岡氏(関東連合小次郎十一代目)・高山氏(宇田川警備隊)・鈴木氏(ZE神RO)三軒茶屋愚連隊創立者で渋谷チーマー数チーム創立者で元山口組山健組。太田興業組員、関東連合最高顧問で東京連合と対立していた時はヤクザや右翼とも揉めていた。
元AVプロダクションの社長で芸能界とも交流が深く、東京クラブでも一目を置かれており、リムジンに黒人のボディーガードを連れて億の金も動かしていた。現在は六本木の外人バーの店長という経歴の持ち主で世田谷、渋谷を制した東京カリスマ男。 凶悪・狂暴でヤクザを刺したり、後輩達に指示をしヤクザを袋叩きにしたり、統率力と頭の良さ・顔の広さ・人望・知名度は抜群の六本木のモンスター。金持ちで愛車リムジン。スタートは渋谷で女・パー券・箱屋・薬利権でI会と川名氏・イランがぶつかったが渋谷署とタッグを組み石井会を撃退。その代償が六本木進出と新しい代紋との付き合いだが、これが芸能界や多方面でいい方に出る。渋谷署は出世コースでこの一件で出世した奴らが本庁行き。これが川名警察ルート、その他にイラン・コロンビアルートもある。

【逮捕】

東京・六本木の飲食店で知人男性を殴り怪我をさせたとして、警視庁麻布署は12日、傷害容疑で暴走族「関東連合」の元リーダー川名毅容疑者(40)=東京都港区麻布十番=を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。逮捕容疑は5月、港区六本木のクラブで知人の無職男性=当時(40)=の顔などを殴り、3週間のけがをさせた疑い。同署によると、クラブは川名容疑者が経営に関与していた店で同容疑者は男性が出入り禁止を無視して入店したことに腹を立てたという。

【関係者】

盛君達ともやりあったんだよ。普通できないでしょ?川名君、盛君達が六本木でヤクザと本物のドンパチやってた。その川名君も怒羅権にワインビンで顔面刺されたけど、本物に顔広いのは川名君。去年の全国からの本物の人達の忘年会もエーライフで行った。

【逮捕③】

ライバルのエステ店に消火剤をまき、営業を妨害したとして、警視庁組対2課は威力業務妨害などの疑いで、中国籍で東京都豊島区西池袋の職業不詳の雷金山(らいきんざん)被告(39)=覚せい剤取締法違反罪で起訴。千葉県船橋市西船、エステ店経営、神崎帥一(すいいち)容疑者(29)ら男7人を逮捕した。逮捕容疑は3月12日午前2時20分頃に千葉県船橋市西船のエステ店に客を装って侵入し、消火器3本を噴霧。店を2週間以上営業できなくするなどしたとしている。同課によると自分のエステ店とライバル関係にある店に嫌がらせをしようとしていた神崎容疑者から依頼を受けた雷容疑者が仲間を集め、実行役を担ったとみられる。雷容疑者は中国残留孤児2、3世の不良グループ怒羅権(ドラゴン)」のリーダーの1人で、神崎容疑者はグループの一員だったとみられる。神崎容疑者は2年前に中国籍から日本籍に帰化していた。

【逮捕②】

不正に入手した他人のクレジットカード情報を使い、ネット上で商品を購入しようとしたとして中国残留孤児2世・3世を中心とするグループ怒羅権のリーダーの男が警視庁に逮捕された。詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、埼玉県に住む飲食店従業員で東京・池袋を拠点とする「王子怒羅権」の総長雷金山容疑者(37)で今年2月、インターネットの通信販売サイトで、他人のクレジットカード情報を使ってゲーム機2台、3万8880円相当を騙し取ろうとした疑いが持たれている。今年5月、中国人グループが他人のクレジットカード番号を使って商品を購入したとして摘発されていますが、雷容疑者はグループのリーダーとみられ、不正に入手したクレジットカード番号を渡していたとみられています。取り調べに対し雷容疑者は「まったく身に覚えがない」と容疑を否認している。警視庁によると怒羅権は中国残留孤児の2世や3世が中心のマフィア組織で都内に7グループ300人程のメンバーがいるとみられている。

【逮捕①】

警視庁組織犯罪対策2課と池袋署は21日、傷害の疑いで、中国人マフィア「東北グループ」系の幹部、朴松鋒(ピャオ・ソンフォン) 容疑者(29)ら4人を逮捕した。朴容疑者らは1月5日午後、豊島区西池袋のカラオケ店で、当時の店長(37)に集団で暴行を加え、1カ月の重傷を負わせた疑い。朴容疑者らは「店を貸し切りたい」と要求し、店長に断られたため、暴行を加えたとみられる。不良グループ「ドラゴン」は複数の不良中国人グループで構成されており、都内で活動し、メンバーは200~300人いるという。このうち朴容疑者は金山グループのナンバー2。朴容疑者のグループが昨年10月ごろ、カラオケ店にみかじめ料の支払いを求めて拒絶されたとの情報が寄せられており、嫌がらせの犯行とみられる。池袋を拠点に、みかじめ料の要求や強盗などの不法行為を繰り返していたとみられ、警視庁は東京都内の繁華街での中国人犯罪組織の侵食実態の解明を進める。

金村剛弘こと金剛弘
上の写真の右側2人宮崎あおいと旦那の高岡蒼甫。下の写真は左沖嶋・清永・金村剛弘=[金剛弘
身長180cm酒もたばこも一切やらず鍛え抜かれた体はプロの格闘家並。岡沢高宏らとチーム・新宿ジャックス結成。暴走族・狂乱恋命に所属し関東連合の面倒見となる。2008年3月16日未明、複数の男に襲われ意識不明の重体となり21日死去。 金村氏はS50年・51年世代。新宿のボクサー岡沢(広末の元旦那)と仲よく用賀・三茶でも活躍。世田谷・新宿・渋谷のタメ年のやつとは仲良くするけど三茶愚連隊の先輩に当時愚連隊の拠点だったゲーセンで喧嘩売ってた。その先輩刑務所とかいって恐れられてた人だけどさすがに金村氏ともめるの避けてた。ブットバース・愚連隊・用賀喧嘩会とCRS・全狂連との喧嘩もよく参加してた。金村氏と太郎氏のタイマンは2003年で六本木。その時に富沢・田丸・ゴブ・小池・カンジ・石橋がいた。太郎氏がゴルフクラブで金村氏の腕へし折って、その後パンチくらって吹っ飛んで終了。 ちなみに稲川一ノ瀬一家若頭の佐伯徳太郎。
東京都新宿区の路上で3月、渋谷区本町の会社員、金剛弘さん(32)が集団暴行を受け殺害された事件。事件数日前に金さんが暴力団関係者を含むグループとトラブルになっていたことが10日、警視庁捜査1課の調べで分かった。犯行グループは金さんの帰宅を待ち伏せし、逃げる金さんを約300メートル追いかけて執拗に暴行していたことも判明。捜査1課は金さんが意図的に狙われたと断定。トラブルとの関連や交友関係を調べている。調べでは、金さんは3月16日未明、新宿区西新宿の路上で、複数の男に鉄パイプなどで襲われた。金さんは「ごめんなさい」と泣きながら命ごいしたが、男らは「殺せ殺せ」と言いながら暴行を続けた。悲鳴を聞いた住民の通報で警察官が駆け付けたが、男らは既に逃走。金さんは病院で21日に死亡した。目撃証言から、男らは十数人で事件直前に金さんを自宅周辺で待ち伏せしていたことが判明。全員が目出し帽で顔を隠しており、捜査1課は顔見知りのグループとみて捜査を始めた。金さんは父親が経営する韓国食品の輸入販売会社で働く一方、地元暴力団周辺者や不良グループともつながりがあり、別の不良グループと対立を繰り返していた。
事件直前に都内の飲食店で対立グループとトラブルになっていた。

関係者

極東にしろ住吉にしろ商品を卸してくれなくなるから卸問屋とはうまくやんないといけない。関東ヤクザは何で九州ヤクザが都内で薬局やってんの見て見ぬふりしてんだとかいう批判は正しくない。卸売と小売で役割違うし、九州のヤクザが都内のよそのシマに土足で上がり込んで来たとかじゃない。今も販売は関東勢がやってるし九州勢も喧嘩売ってきたりしてない。きちんとした組織同士が互いの信頼関係のもとにビジネスやってきてた所に関東連合が割り込んできてルール破るから警告した。国内薬市場を牛耳る冷物卸売最大手道仁会にバレる。道仁会はビジネスパートナーの関東ヤクザに卸してた。関東連合が勝手に道仁会以外から買ってきて勝手に売り始める。卸元の九州勢、お膝元の関東勢両方に無断で売り裁き始めた。だから道仁会がうちが卸してやるからそれを売れと。で関東連合が誠道会に介入依頼したから激怒。道仁会に「ウチが卸す商品を売るか死ぬかどっちかにしろ。」と二者択一を迫られる。元・道仁会所属で独立した誠道会の上野東京事務所に駆け込み頼れる金村剛弘に事態収拾依頼。金村氏、道仁会に退くよう警告。生まれも育ちも東京で福岡のヤクザと接点なくて連中の性質良く分かってなかったのかもだけど、住の親方が「福岡は筋が通らないと相手関係なしに通るまでやるからな~」て言ってたらしいけど、金村氏も東京の紳士的でスマートな極道相手に話つけたりして修羅場くぐってきたからそれと同じ感覚で頭下げりゃ向こうも揉め事嫌って引くと思ってた。九州ヤクザって暴排条例も暴対法もお構い無しに懲役上等で殺しに来るからな。あの件に関しては道仁会は大人の対応したんだが、いきなり実力行使はせず関東連合との話し合いのテーブルに着いて、事前に警告まで出してた。山健本部に手榴弾攻撃かますような連中がだ。「うちが卸してやるからそれ売れ」って道仁会的にはかなりの譲歩。なのによりによって内部抗争中の誠道会に駆け込むからあんなことになった。

【逮捕①】

付き合っている女性アイドルタレント(21)に交際を申し込んだ相手から金を脅し取ろうとしたとして、警視庁玉川署は10日までに恐喝未遂の疑いで、レコード会社「BGMファンハウス」の契約社員保科爵介容疑者(27)=東京都渋谷区本町5-42-11=ら3人を逮捕した。調べでは3人は5日、東京都世田谷区内のファミリーレストランに、保科容疑者が交際しているアイドルのヘアメイク担当の男性(33)を呼び出し「おれの女に手を出しただろう。どう落とし前をつけてくれるんだ」などと脅迫。7日に渋谷区内の喫茶店で、500万円を脅し取ろうとした疑い。保科容疑者は昨年8月から契約社員となり、CD発売業務のアシスタントをしていたという。

ボクサー
金村氏とは小学校5年からの付き合いでお互いを「相棒」と呼び合う間柄。

1990年代に渋谷/練馬/板橋/品川/大田を圧巻。全狂連50人の中に加藤氏と佐野氏二人で特攻。関東連合の出発点はS51の復活が始まり。この世代は確かに少人数であったが気合い入ってた。常に出刃包丁を持ち歩いてた男。佐野氏と天野氏と個別で世田谷で仲良かった。杉並の谷山氏があまりにも強く平原氏・雨宮氏が谷山氏とつるみ佐野氏逮捕で派閥出来るが、アジアAV発信の後に独立してデリヘル虎ノ門穴/六本木のAV女優専門のキャバクラを持つ。

全狂連50人の中に加藤氏と佐野氏二人で特攻。後輩の面倒みは良くて慕われ、ヤクザとのトラブル事も絶対引かない、堅気には看板は出さない、女にも優しい男。関東連合OBの誘いで住吉会の沼澤入り後悔、長久保の原田、共和の山澤とゴチャ嫌けさして東京・住の上下しがらみを拒絶。パクられる前に当時の中政のカシラ代行の舎弟で弘道入り。イケイケというより腰が低くて堅気から好かれて真面目に稼業をやってる男『組相手にカネ貸し(代紋貸し)』

関係者

佐野は本当に無駄にパクられてて損してたよな。組事が一個もなかっただろうし。周りが駄目な奴多くて大変だろなと思ってたよ。佐野は中坊の時に年少くらって出てきてからPBBに入ってる。その後にPBBのメンバーを何人か連れて千歳台ブラックエンペラーを復活。佐野は銭払いも良いしとにかく後輩身内を大事にする男。面倒身がいいに尽きる。タイマンという部類だったら上位には上がってこないかもしれないが、根性と頭の切れの良さで伸上った男。だからこの代のPBBと関東連合は仲がいい。

アメブロ→[[4]]
S51ステゴロタイマン最強の男。宮前愚連隊に助っ人で少しの期間所属。金村氏の後輩で見立氏の先輩。嫁さんと居る所に赤羽バットマンズに襲撃されて失明。 ニラくんは谷山氏のケンカ(ワンパンアゴ砕き)見て不良引退を決意した。谷山君の代はチームのが勢いあったからその辺でも有名。族は小次郎の伸雄君。谷山君と伸雄君は仲良し。 リオン氏はバットマンズに襲われた時、瞬時にバットを取り上げて、バット片手に暴れまくって撃退。邑井氏に至っては、新宿バットマンズのバットを取り上げずに、あろうことか素手のみで戦って退散させた。当然、邑井氏もかなり重傷を追った。谷山氏は奥さんを連れてる状態で赤羽バットマンズに襲われて、地面にどっしり座って、暴力は辞めようと訴えたが失明した。一番凄いのは、掘掘コンビの片方。バットマンに襲撃されるも即座にバットマン達に拳を叩き込み無傷で勝利。
【湘南の若旦那が谷山氏を語る】
「あの頃、男の強さ=喧嘩の強さだと思っていた。」ハードコアなスタイルを貫きつつ、『純恋歌』『恋時雨』などキャッチーな楽曲を次々とチャートの上位へ送り込む湘南乃風の精神的支柱となる男が若旦那である。彼の人生の転機は、17才の時に訪れた。「17才の時、二人の男の出現がオレの転機です。あの頃のオレは男の強さ=喧嘩の強さだと思っていて、不良道まっしぐら。そこに谷山というヤツが突然現れて、オレの周りで名の売れた不良達をどんどん潰していく。“次、オマエ狙われてるぜ”ってみんなに言われて、来るなら来いと思ってたんだけど、ある時偶然谷山の喧嘩を見て、それが本当に凄かった。ワンパンチで相手のアゴが砕けて、それで終わり。こいつには勝てねぇなと思ったし、話してみたら人間的にもいいヤツで、オレがいちばんじゃなくても“こいつが番長でいいや”って思ったのが最初のきっかけ。二人目は、それから半年後に出会った1才下のBっていうやつなんだけど……。そいつとの出会いで:オレは本物の不良になれねぇなとはっきりわかった。オレのケ喧嘩なんてガキの喧嘩だけど、こいつらは仲間を守るために命を張った喧嘩をやってる。超複雑な家庭のヤツらや、国籍を持っていないようなヤツらが団結してる。世間の人には絶対わかってもらえないだろうけど、そういう殺伐としたなかで仲間を守って生きていくすごみを知って、オレは不良を引退した。「それがオレのターニングポイントです」
本人談
へ~見立と松島、そうなんだ。あいつら、そんな有名?キッドや若旦那よりも?見立とは中学の時、オイラが三年でヤツが一年で東田中の放送委員で一緒だったよ。勉強できるメガネかけた真面目なヤツだった。少しずつ不良になっていくがね。ちなみに一個上には、吉川ひなのさんと結婚した保科さん。松島は細い体で一人でブラックエンペラーを背負っている時期があったけど気合入れて頑張ってたね。あいつらがやり過ぎた理由、俺にはよく分かる。多分、肉体的にそんなにデカくなく、強くないから、徹底的にやらないと、怖かったんだと思うな。仕返しが。不良の世界なんざ、そんな世界だよ。逆に俺は、誰も怖くなかったんだ。それで群れるのが嫌いで。だから府中や江東区や武蔵野の頭に会う時も別に仲間がいようがいなかろうが関係なかった。だけど彼らはやり過ぎたと思うよ。オイラもぶん殴ってアゴを折ったこと、何度かあるけど、その相手とは今でも親友だよ。結婚式でスピーチしたよ。それ考えると、あいつらぁ、修復できないくらいやり過ぎだよ。実はオイラなんざぁ男として、ちょいと許せんよ。そうでしょ?過ぎたことじゃねぇんだよ。きっと今も心に傷つくってるよ。仲間同士で○○させるなんざぁ、忘れらんねぇよ。互いに何度もフラッシュバックしてるはずだ。そん時の風景とか、似た感じとか見ると、きっとその日をリアルに想い出しちまうはずだ。だが後ろ見てちゃあ生きていけねぇから、前見て、忘れる努力するしかねぇなぁ。辛いけれども。

【関係者】

その①
荻窪のヤンキー軍団が杉並を〆ようとして大群であちこちの中学殴り込みまくって東田に乗り込んで来る頃には40人くらいの連合になってたのにわずか5人の谷山軍団相手に何も出来なかった。谷山東田軍団5人 vs 杉並連合40人 東田に乗り込んで、東田谷山軍団に杉並連合が退いた話だな。
その②
横浜相手に返し来た当時は20人位は居た溜まり場に2人で登場。 これだけで考えられない事なんだが、その場で暴れる事も無く永野さんを呼べと言っただけ。永野さんとタイマン。2人共ボロカスになるまで、やり合って谷山が勝つ。 よく分からんが仲良くなる。 その後ヘブンに谷山来たりしてたけど普通に良い奴だったよ。
その③
東田中の後輩達が卒業後、全狂連だか東京連合に攫われたのを助けてくれって頼まれた谷山は一人で行って無事取り返してきた。数日後、谷山は関東連の奴等数人とたまたま一緒にいる所を返しで囲まれる。谷山は徒歩、一緒にいた奴等は全員原チャで逃げ出す。十数分後仲間を連れて完全武装で関東連が戻ってくると、倒れたバイクや原チャ数台と、血だらけの谷山が一人でいた。谷山は「お前ら、よく戻ってきたな」「顔洗いたいから公園まで乗っけて行ってくれ」って言って二カッと笑った。更に数日後、関東連からの返しを申し出と見舞金を両方断って「血がたんないから焼肉食いにいこうぜ」って皆を焼肉連れてって更に奢ろうとした(流石に関東連が払った)ジョーカーズへの返しも谷山は関係無いのに頼まれてだし、本当に漫画みたいな不良なんだよな。バットマンズに襲われて失明した時も「返って見えるものがあるぞ、お前らも正しく生きろ」って見舞いに来て返し申し出てきたのを断ってるしな。谷山の伝説は数あれど、一番かっこいいのは喧嘩の終わらせ方。相手をのした後には決して追い打ちをかけず、しかもそのまま焼き肉行って奢ったりする。横浜の永野氏との掛け合いなんて、二人だけで乗り込んで行った谷山も漢、その喧嘩をタイマンでうけた永野氏も漢で、ボロボロになるまで殴り合って、そのまま焼き肉行って更にラーメン屋行って、更に朝まで飲んで親友になってるんだからどこの昭和の漫画の世界だよって話。これ、きっかけは関東連側が卑怯なちょっかい出して、ジョーカーズ中心に横浜バイカーが100台以上集まって、渋谷掃討作戦がかかり、センター街からチーマーが数日居なくなった件で 谷山の所に中学の後輩から助っ人依頼がかかったのを例の「わかった。じゃあ二人で返せる分だけ返そうぜ」ってそのまま横浜出かけて行ったんだよ。決して群れないってのを突き通してきた谷山はやっぱり不良のカリスマだよ。ただ横浜に二人で返しにきたことで神奈川では一日で超有名人になった。
その④
谷山の場合、ほとんど伝説なのに、実話しかなく、自分からは決して言わないのが凄い。他の伝説に比べたらショボいけど、中学の時に返しにバット持っていこうとする後輩を説教して、「俺がついて行ってやる、俺がバットより頼りないと思わないんだったらお前らそれ置いてけ」っていって、ほとんど一人で倒したのは聞いたよ。
その⑤
予科練、琴との喧嘩でも(数少ない負け喧嘩。理由はタイマンでは無かったから)暴れまくったあげくボコボコにされても「負けたっ!好きにしろっ!」って大の字になって目を閉じてる谷山の漢気に向こうがそこまでで引き、その後、数日たってから谷山がひょっこり溜まり場に現れて、焼き肉食いに連れ出して仲良しになってるからな。タイマン受けた横浜ジョーカーズの永野氏とは即親友に。なんというか、男なんだよ谷山は。土下座する位なら死ぬまで殴られるのを選ぶだろ谷山は。焼き肉おごることによって怨恨を残さないのはすごいね。
見立君って谷山さんたちに可愛がられてたよね。見立君も頼りにして慕ってる感じだったし。少なくとも谷山さんに対しては尊敬してる感じがしたよ。実際、見立君は2chで書かれてるような人じゃなく仲間思いの粋な大将だったよ。東田の近くアカミチだっけ?あそこに谷山さん、見立君、柴田君他大勢でよく溜まってたよ。あと大嶽三兄弟の実家の前の何とかグラウンドとか杉高の前とか。
東田中出身
s50 保科氏(ジャックス) 新井氏(DJ GO) 豊〇氏(鬼面党)
s51 谷山氏(幸福実現党) 山本氏(ジャックス) 大嶽氏(ジャックス)
s52 pero氏(アウサイ)
s53 見立氏(永福卍) 國田氏(永福卍) 佐藤氏(永福卍)
s54 大嶽氏(宮前)
s57 百井氏(宮前)

井上氏と田丸氏二人は中学時からPBBに加入後に独立してTOP-Jを旗揚げ。自分達の力で巨大化した。TOP-Jて大きくは井上派/田丸派/伊勢派/杉派と派閥。渋谷を中心に活動していたチーマーと呼ばれていた少年の集まり(200人)であるTOP-Jのリーダー。その後色々な経緯を経て関東連合下北沢総本部26代目ブラックエンぺラー総長になる。TOP-J副代表田丸大がメンズエッグ(大洋図書)のインタビュー記事の中で『うちらのトップは井上というんだけれど、もうメチャクチャな人間ですよ。最後はチャイニーズマフィアにまで手を出したりして。今は小室哲哉の所属会社の社長で頑張ってるみたいですけどね』と彼について言及している。オウム真理教の道場に殴りこみに行って信者ぼこったり、刺した傷口にキンチョール噴射&1人スコップで植物人間。

関係者

埼玉大宮(鬼丸軍団)の新田と井上、マジで喧嘩してなかったか?新田から喧嘩売ってそのままウヤムヤかな。井上が「稲川の本部出すぞコラ」と怒ってて。新田が「あ?熱海出せんぞ岸本がついてんだからよ」イケイケなのは新田。大体井上の溜まり場叩いたんだからたいしたもんだ。挙げ句に井上が飼ってたニシキヘビをナイフで八つ裂き。ああいう奴をキチガイというんだよ。井上勇っつったらヨソモンからしたら結構な名前なのに。そのヤサに殴りこみかけてペット八つ裂きって恐ろしい。新田は井上を奇襲して成功。大宮抗争では新田が川名を上半身裸で土下座してるのに頭を殴りまくった。次に清嗣氏とタイマン張って負けたが仲良くなった。顔はイケメンで弟は魔神ブゥそっくりの新田兄弟というと埼玉で超有名人。井上氏はタイマン強かったよ。谷山氏ほどじゃないけど、この世代では相当いい線行ってる。井上氏は敵味方の区別がついてなく知らない人にとっては単なる危険人物で人格破綻者。キチガイで危なくて超有名。神原三兄弟に近い危なさ。車ごとバットでボコボコにして潰してしまうという豪快なカップル狩りやってた。あんなん出来るのはキマッてる時。

二人は中学時からPBBに加入後に独立してTOP-Jを旗揚げ、自分達の力で巨大化。渋谷を中心に活動していたチーマーと呼ばれていた少年の集まり(200人)であったTOP-Jの副総長。TOP-Jは井上派/田丸派//伊勢派/杉派と派閥がある。谷山氏と田丸氏は池袋のタイマン喧嘩参加。後輩の吉村氏と格闘家達を襲撃(飛車角襲撃事件)肌も服も全身真っ黒のブラックスワンでヒットマン風でイケメン。自分からトラブルを起こすような人ではなく、トラブル片付け役、仲間を助ける喧嘩に動く、仲間内からも信頼はあつい。評判いい男で悪口言われる性格じゃない。田丸氏の陰口を言う奴聞いたことない。KIDは他にもナッツでも田丸中越コンビと揉めて完全にいも引いてたよ。KIDが中越に掴みかかったがチャカ出されて終了。杉並以外からも信頼は厚く柴田大輔氏とは犬猿の仲。谷山氏と田丸氏は池袋のタイマン喧嘩参加。池袋喧嘩の時足骨折してんのに代表に名乗り出て(中3の頃)勝ったから大したもんだと言ってた。(谷山氏)

関係者

金融屋全盛の時だな。2004年か2006年かその辺の新宿。アジアンクラブで杉並軍団、いきなり入り口のウェイトで文句ばかり。カンジ(佐藤幹二)、チャッピー(国田正春)、小池もいたかな。当然ブルって俺はツレと外に出てクラブナウ。ここマジで写真撮った奴いたらビックリ箱大賞で笑えないエスコート。クラブナウでVIPがカジックの闇金上がり占領で入れず。そしてエスコートした馬鹿殺してやりたいと思ったわマジで。左から金村君(ジャックスS50)/女子プロの篠社長ほか/新田(大宮S52)ほか/藤岡(怒羅S55)/吉村(用喧S55)がサシ飲みでここに俺とツレ。隣が井上勇君(TOP-JS52)と合流で田丸大君(TOP-JS52)田丸君と吉村が一言も話さず、なぜか吉村パンチ。こんなキャバクラでとりあえず挨拶するよね。かなり緊迫。あの光景だけは二度と忘れない。本当に思い出すだけで身震いする。結構想像してみて?脂汗でるから。金村君は普通に良い人だった。藤岡は酔っ払ってて吉村悪酔い。ただ、井上だけは許せない。女の前で俺を殴った。最後に田丸君はマジ憧れるわ。即効で止めてくれたのは田丸君だった。そして井上に一言。ネタ食うのやめろ酒飲んで迷惑かけるな。しびれたわ俺。 田丸くんは皆が言う通り、筋の通った優しい男。偉ぶらず威張らず押し付けず、こんな俺にも平等に気さくに接してくれた。そして無償で助けてくれた。

【逮捕】

5月5日未明、東京都新宿区の警視庁戸塚署に1人の男が出頭した。所持していたのは拳銃1丁と実弾13発。男はそのまま銃刀法違反容疑で逮捕されたが、男の名を聞いた捜査員の間に衝撃が広がったという。「戸塚署で逮捕されたのは田丸大容疑者(35)。肩書は指定暴力団住吉会系幹部ですが、それよりもむしろ関東連合OBグループの中心人物として名前を知られている人物。前日の深夜には近くのマンションで拳銃の発砲事件も起こっており、こちらの事件にも関与しているとみられています」東京・六本木などで凶悪事件を引き起こしてきた暴走族「関東連合」のOBグループ。昨年9月に起こったクラブ「フラワー」での襲撃事件後、石元太一被告ら主要メンバーの逮捕が相次ぎ、リーダー格の見立真一容疑者も海外逃亡してからは、その動静が伝えられることも少なくなった。メンバーの間では、目立った行動を取らないよう通達が出ていたともいわれている。それだけに、今回の唐突な出頭劇には首をかしげる関係者も多い。田丸容疑者の逮捕容疑は銃刀法違反の加重所持。罰則は懲役3年以上の有期刑だ。仮に発砲事件にも関与したとしたら、最高刑が無期懲役の発射容疑もつくことになる。「有罪になれば懲役10年は堅い」というのが捜査関係者の見方だ。捜査関係者は「田丸容疑者は暴力団の間でも孤立し、だいぶ追い込まれていたようだ。刑務所に入って自分の身を守ろうとしたのではないか」と推測する。関東連合OBとひとくくりにされることが多いが、メンバーの職業はそれぞれバラバラ。飲食店の経営や芸能関連会社の経営などで金を稼ぐ「経済派」もいれば、暴力団と一体となって違法行為を繰り返す「武闘派」もいる。フラワー事件の首謀者とみられる見立容疑者も武闘派のリーダー格だが、1学年上の田丸容疑者も同じ武闘派の中心人物。暴走族を「卒業」してからは住吉会幸平一家傘下のS組に所属し、歌舞伎町を拠点に本物のヤクザとして活動していたとみられている。「後輩の面倒見がよく、関東連合OBの間で人望が厚い。田丸を慕ってS組に入った関東連合関係者は十数人に上る」という。関東連合OBが事件を繰り返し、警察当局が本格的な取り締まりを始めてからは、田丸容疑者の肩身も随分狭くなっていたようだ。

六本木クラブ撲殺事件
襲撃は加藤氏の代を遥かに超え関東連合の知名度を一気に挙げた。悪質な襲撃と徹底したヤキで一躍有名にさせた。現役時代の見立氏&柴田氏コンビ都内最凶コンビ。
中学で2000万を持ち金融業に励んでいた。(新聞にも出た。静岡の温泉で豪遊をしており資金の一部は暴力団に回った。)中1迄は真面目で中2から鑑別に行く不良に変身。宇田川警備隊タイマン殺傷事件。宇田川警備隊の英悟氏とタイマン。S52最強の宇田警備隊の舟木氏が見届人。見立氏がタイマンの途中から一発勝負で幹二の後輩の包丁取ってぶっ刺した。S51落合氏が佐野氏に『警察はどうにか勘弁してくれ。』言われて熱い奴だから困ってた。結局、事件になってどうも出来なくなり佐野氏も落合氏も苦労実らず。 松島氏と二ケツでケツに乗ってるポン刀持ってるのが見立氏。TOP-Jと抗争した際に50人体制で杉並に乗り込むと永福町頭の見立氏が50人相手に一人で話を着けに来た。一人の勢いに一瞬にして話は付く。気合の塊に圧倒され、やがて抗争に至る事無く関係が深まる。見立君は恐いもの知らずというか、人数とか関係なく行ってたね。スペクターはもはや伝説。 襲撃/奇襲/徹底したヤキ/植物人間製造機/キチガイ度No1で超有名(同地区・同世代の奴はヒヤヒヤしてた。)賢くて硬派。強姦等もしないし、女に手を出さない筋は必ず通すかなり良い男。筋違いの奴や抗争相手には容赦しないけど、間違いなく本物の男。静岡の駿州連合の総長望月氏と仲良し(雑誌でも書いてあるように永福町ブラックエンペラーはキチガイ揃いだからそれに追いつきたかったと語ってる。)瓜田純士氏に12時間ヤキを入れ続けた。中野ブロードウェイでスタンガン、スプレー、スローイングナイフ購入で狂人として有名。永福高校入学してあまりにもキチガイだから強制退学。頭も非常に切れて、防衛本能が非常に強く、警戒心が働き仲間にすら電話番号/住所/居場所を教えない/後輩に送らせても途中までしか送らせない徹底ぶり。頭いいから頭になる感じだったし、勉強しないくせに偏差値65~70あった。敵対する族/チーマー/愚連隊何でも楽しそうに虐待して遊ぶ。包丁めった刺し・ナイフめった刺し・顔面金属バットフルスイング・ペンチで爪と歯を全抜き・指折り・ヤキ名目の人体実験・人間サッカー・人間射的・鼓膜破り・耳削ぎ・鼻鉛筆・ピアスちぎり・エアガン目潰し・放火・火あぶり・アナル爆竹・画ビョウ責め・釘刺し拷問のスペシャリストで残虐王子の由来。

関係者

2007年9月に関東連合の木藤&石元が覆面をして渋谷の風俗店で太田会系の野村の先輩・武田修を軍用ナタで斬りかかり腕がかろうじて繋がってる状態にする。逆に身分証抜かれ関東連合の木籐とめくれる。見立が当事者つれて詫びに来たんだよ。逃げまくってる誰かの代わりに。あの時期の野村殺気立ってた。野村が先頭切って捜しまくってたからな。金村が出て来ないから松嶋の会社とか田丸まで的になりかけてたからな。代わりに詫びに来た見立に感謝したほうがいいよ。そうやって出てきてる人間相手に更に矛むけるような真似はしないよ。見立から誠意がみれたからね。知りたがる人の気持ちもわかるが、これ以上は聞かないでね。出て来た見立の立場汲んで尊重したいから。彼にその場で死ぬ覚悟みたから刺された側も飲み込んだんだよ。関東連合の当事者二人なんか相当恐かったと思うよ。見立がこなかったら本気でヤバい事になってたよ。完全に関東連合側に否があって、ヤクザ相手に詫び入れに行くんだぞ。リスクが無いみたいに言う奴いるけど、そんなことねーよ。成り行きでどうなるか分からない状況下で半端な覚悟と根性がなきゃまず行けねーよ。そうだね。簡単な事じゃないよ。よく行ったと思う。あの詫びは演技には到底見えないし、格好悪い詫びとは思わない。実際話の解らない組織なら来た瞬間話し聞かず八つ裂きもありえるよ。武田もギラギラだったがそれ以上が野村。許しがたいだろうが組織で話ついたから許したようなもんだし、逆に武田がヤクザでよかったな。お互いに手を出さないってのは本当。ただその話し合いは五分じゃなくて三分七分(関東連合側が三分)。関東連合側の人間はお互い手出ししないって手打ちだから五分五分って周りに言ってるけど、相手は違う。十分の勝ち負けじゃないからその割合が太田会側からすれば追い込んだんだから掛け合いは八分二分だ七分三分だって話になって、関東連合からすればそうは言っても最終的にはお互い手を出さないんだから話し合いは五分五分だって話になるんだよ。その認識の違いで話が大げさになって勝手に永久解散とかなったんじゃないの? だからこの前も新宿で邑井もやられたし、リオンもやられた訳だからね。まだ『俺等は終わりと思ってねーぞ』ってね・・・。後輩達がたまたま近くのローソンで見てたけどバット持った数10人に囲まれてバチバチ。何が凄いて一歩も退かず、勝てるわけねーのに拳一つで戦って蹴散らせた邑井。リオンは襲われた瞬間にバット奪って暴れまわり撃退。結局金村は木村達にも見立達にも狙われる羽目になったんだよ。自業自得だけどな。実際に力持ってて本物は誰か等の本人達が一番分かってるからね。実際力持ってるのはそれぞれみんな持ってるけど金銭面、人脈等で見立が頭一つ出てる感じだね。派閥はないけど仲悪いのは関東連合の中でもあるよ。一人一人にケツはいるし関東連合のケツってとこはないよ。実際ヤクザだろうが関係無しにもめる奴なんて関東連合しかいないけどね。だから大田会も黙るし本人達も逃げるんだよ。当時ホテルに百人位いたから誰かに聞いてみな。あの会合に来てた奴らが都内有名人達。金村は呼ばれたというか双方にいい顔して掛け合いの場を作ったようなもんだけど双方にまくられて終わり。実際消されそうにもなってる。山口組刺すなんて全狂連も練馬も真似できないよ。それだけ看板に命はれる暴走族って関東連合くらいだよ。

【関係者】

主犯の見立はワルの間でさえ「あいつには人間の血が流れていない。」と言わしめるほどの奴。凶暴さと残忍さを備え、それでいて用心深く頭もキレる。本職の親分連中でさえ『あいつには関わるな』と言うほどの奴だったよ。資金力もその辺のヤクザとは比較にならないくらいもってるし。ヤクザの中でもこいつと対等に話せるのは上層部の一部だけ。ヤクザなんて屁とも思っていなかっただろう。実際こいつのぱしりをしていたヤクザも多かった。

関係者

前にも書いたことがあるが真一君とは塾が一緒だった。中2の夏から塾に来なくなり、鑑別は中2の秋。カンパをチクった同じ塾のやつを怪我さした。Mってやつでトロくて弱い奴。真一君は目立たない普通の奴だったが真面目っていうのとは少し違うんだよ。自己中というか我儘というか、気に入らない奴がいたり、気に入らないことがあるとみんなにシカトさせたり。一度、俺がグラサン持ってたら、ちょこっと真一君に貸したんだ。したら返す気なくて、返せって怒ったら返してきたんだが、次の日から全員で無視。一ヶ月ぐらい続いた。あと勉強はまあまあできたよ。目立たない時でもシカトを指揮して1ヶ月達成するあたり支配者だよな。強い弱いは別にして見立が一番怖かった。周辺中学に喧嘩しに行った時、関係ない奴をいきなり殴ってたし。松中~神明とかはすぐに降参したが、西宮とか高中は食って掛かってきた。松渓は東田のある女にちょっかいをだし、見立にちくられ中学ごと狩られた。

名前の由来はブラックエンペラーの卍だから卍の絵がクロスしてるから松嶋クロス。No2の松嶋は変態と言うより思考回路が完全に壊れてた。『暴走族の喧嘩は腕力ではなく、戦略なんです』 やられた族は69(男同士でシックスナイン)とか総長と副総長でホモアナルセックスを考えたのもさせてたのも松嶋。明け方の奇襲/夜に押しかけてバット・鉄パイプ等で家崩壊/人質とってそいつのまえで陵辱/家族の前でボコって鼻鉛筆&単車で跳ね飛ばし/彼女を拉致って彼女の前でボコボコ裸土下座/教師宅放火。敵対してた族の家を破壊したり、家族に危害加えたり。家族や恋人の前で陵辱・屈辱をさせたり与えたり。歩道橋から道路に人を投げ落としてたしね。頭から落ちてたら死ぬだろう。全部写真撮って脅迫して金をせびる。ヤクザ顔負け。うんこ食わせてうまいです(下剤を使用して男同士で69させる)って言わせる(やられた奴は1週間以内に50万収めないとやられる)事前に下剤飲ませてさんざんぼこったあげく、69の格好でお互いのウンコを食わせた(練馬不死鳥)。全裸で仲間同士(総長&副総長)で69させられた写真をいくつもの雑誌に載せられた「杉並ホモ69井荻レーシング」。永福町22代目ブラックエンペラーOBである松嶋クロスが、雑誌マッドマックスなどに、敵対組織(井荻レーシング)にシックスナインオナニーや全員全裸で正座や路上で全裸で寝かせて顔踏みつけてる時(邑井氏が顎を砕いた)の撮影した写真(練馬)を載せている。松嶋氏のすごい所は2ちゃんねらー相手に「ネラーども、文句があるなら掲示板に書き込んでないで直接会社に言いに来い。一人一人丁寧にぶっ殺してやるから」とAV板の奴らに脅しいれた事。

関係者

69写真がメディアに流れたのは井荻レーシングの総長(赤堀信夫)と副総長(難波)。その他の族も表に出てないだけで69やらされてる族は多数ある。自業自得。何でそこまで痛め付けられたか知ってるか?ティーンズロードに『杉並最強の男』ってタイトルで載ったからだよ。中学時代に他校を30校シメただとか廊下を原付で走ったとか調子コイて出たから永福/宮前/蛇女に呼び出された。赤堀信夫と難波は柴田にタイマンで負けたから何されても文句言えないだろ。ぼっこぼこにされて、オナニー写真とホモ写真取られて『二週間後までに100万な。』って言われて警察にちくって金払わなくて、ヤクザに頼んでネガ回収なんか依頼するから地元の電話BOX、電柱、中学校、駅前に裸の写真数百枚貼られたんだよ。しかもヤクザ連れてきたのがムカついたらしく実家の家と車を破壊。一夜にして地元中の有名人だよ。小学生まで知ってたんだからいい恥晒し。 ヤクザ連れて写真返せって来たけどもちろん渡すわけない。井荻の奴の家に乗り込んで暴れまくって年少行き。気合い入ってる奴ほど相手が武器持ってようが大人数だろうが、向かって来るから気合い入ってる奴の方が潰しやすく、屈辱感を味遭わす為に酷い姿を写真撮る(マッドマックス談)。全裸で仲間同士(総長&副総長)で69させられた写真をいくつもの雑誌に載せられた「杉並ホモ69井荻レーシング」永福町22代目ブラックエンペラーOBの松嶋クロスが雑誌マッドマックス等に、敵対組織(井荻レーシング)にシックスナインオナニーや全員全裸で正座や路上で全裸で寝かせて顔踏みつけてる時(邑井氏が顎を砕いた)の撮影した写真(練馬不死身)を載せている。井荻が潰されてから3~4年後に中瀬の奴から話は聞いた 確かに中学時代の井荻は激しかったらしい。井荻中のギャルの女の子(赤堀氏難波氏の後輩)にも聞いたが かなり荒れてて、先生が可哀想だったと言ってた。その後も井荻レーシングとして活動はしっかりしていたようだね(関東連合に潰されるまでは)。井荻の連中がファミレスに溜まっている所を拐われたみたいと言ってた(知ったかっぽい)。中瀬の奴も井荻のギャルの子も井荻レーシングの奴らのことを 恐れていたが、流石に69の話はショックだったみたい。両氏が有名だっただけに杉並・練馬では衝撃的だったようだ。69後の両氏はしばらく自宅に引きこもっていたと言ってた。893だして永福に追い込みかけたようなことも言ってた(これは本当だったみたい)。中瀬の奴の話ではその後の赤○氏はサーフィンをしたりしていると言っていた。この話を聞いてから数年後に写真を雑誌で見た時「これか!」とビックリした。まさか何年も経ってから雑誌に載るとは‥‥しかもここ近年の関東連合騒動で69の写真や実名までネットで晒されてるし。井荻の連中がどうしているのか心配。あの信夫が69までさせられるんだから永福や宮前が普通じゃないのはわかるだろ?井荻だけじゃない。鬼面党十七代目や不死身だって普通に気合入っていたが69や食糞の刑を食らってる。井荻は食糞してないだけマシと言いたいが、20年近く経ってもネットで全国に写真は出回り、名前までも知れ渡る。本当に酷過ぎる‥みんな井荻を馬鹿にしているが、本当に当時のこと知っている人間はどれほどいるのだろうかね。井荻の連中はそのへんのヤンキーが馬鹿にできるほどシャバい連中じゃなかった。もしかしたら品川・大田の連中よりビっとしてたかもしれない。だけど関東連合はその井荻をゴミのようにおもちゃにした。鬼面党の十七代目も同じ。そこそこビっとしてなきゃ鬼面党は継がせてもらえない。だけど宮前に井荻以上の仕打ちを受けて消えた。阿佐ヶ谷のMADは当時聞いた話だと中野の連中がモグリでやり始めたような噂は聞いたが詳細はわからない。奴らは宮前に狙われてることを知り、すぐに解散したらしい。悪霊の船○たちもめっちゃ気合は入ってた。金鹿が無くなった後の練馬を死守しようと頑張っていたようだが、最後は関東連合とのタイマンで負けて解散。不死身や殺人会も関東連合にはおもちゃにされた。品川・大田は矢口の鍾馗以外はヒケヒケ。目黒・恵比寿のジョーカーズもやられ放題。関東連合と対等というか顔がきいたのは唯一中目黒の無法のみ。とにかく当時の関東連合、及び宮前や用賀には残虐非道な奴もいればステゴロ最強な奴が揃っていたのは間違いないよ。69は井荻だけじゃない。他の連中は障害が残るほどやられた奴もいれば食糞もいる。井荻の69写真が出回っているいるからスレ立てられ色々言われているが井荻がダサかった訳ではない。当時の関東連合が危な過ぎたんだよ。俺のまわりにも関東連合に何人も拐われたし襲撃されて病院送りにされた奴もいる。でも本人は69しただの食糞しただの言わなかったし言えないだろうな。こっちも聞けないしな。何をされたか知らんが拉致られた奴の解放後の怯え方は尋常じゃなかった。色々聞きたくても可哀想で聞けなかった。上の先輩も現役の頃にその時代の関東連合に拉致られたこともあったが、先輩の時代とは比にならないと言ってた(でも昔から金鹿の襲撃や拉致は酷かったらしい)。井荻に関しては雑誌やネットでバラされてしまっているから隠しようもない。顎を割った張本人は邑井さん(ちなみに邑井さんがメリケンで殴ったのは、のぶのメリケンを取り上げて)だけど、邑井さんは69については快く思って無かったのか止めたがその声届かず。嘲笑う松嶋達と泣き叫ぶ赤堀と難波を見ながら無言の邑井さん。そしてトドメのホモセックスになると「やり過ぎた」と一言。完全に目を閉じる邑井さんだけとプレイ終了後の金銭のやりとりでは元気ハツラツと要求してた。
関係者
この前、北区十条駅すぐ近くのダーツ&バーKって店に行った時の話。一人でやってる店でそこのバーテンダーが女の客の前で「関東連合なんて大した事ねーよ、見立だろうが柴田だろうが俺は負けないし、大勢で何やられようが69とかウンコ食いとかありえねー。強い奴は何やられてもそんな事しないよ。弱い奴いじめてるだけだろ?俺にやれるもんならやってみろよ。たかがチンピラのクセに」って粋がってたよ。俺は女の前だからって冗談でもそんな事言えない。「伊藤リオンに腕相撲で勝ったよ」とも言ってたね。
【松嶋氏インタビュー抜粋】
フォーマットとしてちゃんと憧れを持ったのは小学校4年生の時「ビーバップ・ハイスクール」。「高校与太郎行進曲」って映画で柴田と西を見て絶対こうなろうって決めたね。小6で金髪だったし学校に原チャリで登校してたから。実際小学校の時が一番悪かったと思うよ。中学生になると確信的になると思うんだよね。感情で人を殴るとかって言うよりも、何か狙いがあるみたいになるでしょ。それが小学校だとムカついたら殴ったり、本当に感情のままに生きるって感じじゃない。学校の窓ガラスを割ってみたいな事?全然ないよ、学校では一人でいた。嫌われていたとかじゃなくて、自分以外のヤツが凄くレベルが低く感じて小4から同級生にタメ口を聞かせないで、敬語でしゃべらせてた。それは別にそいつらをいじめてた訳じゃなくて、本質的にムシズが走ってた。なんで俺がこんな奴らと、仲良しこよしでいなきゃならないんだと。だから中学校入学した時も同級生を全く軽蔑してた。だから、非行に走った事っていうのは、俺は一度もないのね。周りに対する軽蔑感しかなかった。2つ3つ年上の先輩としか居なかった。誰だってそうだと思うんだけど、バカとは一緒に居たくないじゃん。自分にとって刺激があったり勉強になる人と居たいでしょ。そこで俺は先輩達に負けたくないと思ってた。先輩が髪を染めたら俺も染めたいし、原チャリに乗っていたら俺も乗りたいと思ってやっていた。「生意気だ」とか言われた事もあったけど、そこは不良的な返し方だったかな。言いがかりをつけられて殴られても、納得いかないから殴り返したり。そんなの周りから見られて、不良と思われてたのかもしれない。けど俺としては、憧れの先輩に追いつきたいと思ってやっていただけなんだよね。基本的には、ただ目立ちたかっただけで・・・。ありえないボンタン履いて、凄い髪型してバイクに乗って登校する。しかも俺の時代なんてチーマー全盛期で、そんな奴なんて居なかった。それって凄く目立つでしょ。 悪ふざけだったんだよね。それが過ぎるっていうのが俺は男で一番カッコイイと思ってる。その「悪ふざけが過ぎる」って言うのが、世間的にはツッパるって事だったんだろうね。俺は東京都杉並区に住んでいて周りにはいわゆるツッパリってのは居なかったんだけど、少し田舎のほうに行くと本質的なツッパリが存在していた。そいつらが、中学校3年間を卒業する少し前かな。なんか変な不良が居るって噂を聞きつけて俺を探しに来た。 喧嘩にはならなかったんだよね、俺の考え方が突飛すぎて。そいつらと話してみたら「こんな考え方をするヤツが居るんだ、もしかしたら自分よりも凄い事をするかも」と初めて同級生に共感できたんだよ。それまで、どこか孤独だったんだよ。同級生を蔑んでいたし。友達って言える友達も居ない。要は価値観を分かり合えるヤツが居なかったんだよ。そいつらが「俺たち卒業したらエンペラーやるんだ」って言ってたから、面白そうじゃんて暴走族を始めただけなんだよね。厳しかったよ。硬派なところだったから。ブラックエンペラーって俺らの上は5つ上になるのね。それが最後でもう無くなったって言われてたの。だから復活させるときって、本当に厳しかった。先輩に挨拶するのはもちろん、俺らがやってた時って平成5年ぐらいなのになんか言われたら返事は「押忍」だよ。でも、そういう環境って俺は凄く好きで
「エンペラーに入るためにはニグロパンチでなければならない」とかも、何それ?て思いながらも結成時の5人全員パンチにしたよ。他にも決まりがあって、どれもきついんだけど理に適ってるんだよね。たとえば「高校に行ってはいけない」。考えてみれば当たり前なんだよね。喧嘩の真最中で殴りこみかけなきゃいけないって時に「明日中間試験なんだよね」って言われても暴走族として成立しないよね。関東連合をやるんだったら、生活のウェイトを全部そこに持っていかなければならないのは当然。高校行ってて暴走族やってる奴なんてその程度のヤツだった。それと一緒の理由で「彼女を作ってはいけない」。ビジュアルもどこまで怖いと思われるかなわけでそこを「カッコいいと思われたい・モテたい」に変わってくるとダメになるでしょ。だから在籍してた3年間は一切女と交際とかしてないしね。メチャクチャ焼きいれられるもん。関東連合がなんで恐れられるのかって言うと、そこなんだよ。規律の徹底。「関東連合OBのカワナさんって人がいて、売名行為の天才で僕が一番リスペクトする先輩で、たった一人だけ特異な存在だったんですよ。カワナさんは関東連合OBというブランドを使って、当時流行っていたクラブとかでチーマーにケツ持ってやるやるって持ちかけて、イベントとかパーティー打たせてパー券1券で儲けるみたいなことやってたんですね。元祖パーティーのはしりで、不良としての権力をすべて商売に換算して、その人の舎弟じゃないけど、ついていくようになった。」

静岡県の沼津から見立氏を追ってブラックエンペラー加入。松嶋氏とイケイケコンビ。トミーは偽名。

KIDは他にもナッツでも田丸氏&中越氏コンビと揉めて完全にいも引いてたよ。KIDが中越に掴みかかったがチャカ出されて終了。

六本木クラブ撲殺事件
通名チャッピー
埼玉越谷ファミリーの伊勢野氏と仲良し

六本木クラブ撲殺事件
佐藤幹二→小池幹士(瓜田氏の話しだと名前を変えてる。)
埼玉越谷ファミリーの伊勢野氏と仲良し

永福町ブラックエンペラー復活当初から関東連合十二社蛇女として参加。
実質S53関東連合No.2
天然のキチガイで単車で事故してから打ち所が悪くキレっぷりが更に増して凶暴になった。
腕にメデューサの入墨。
童顔なイケメン顔とは裏腹にイカレた行動に爆弾と名付けられ世間の度肝を抜く。
少年院や少年刑務所でもいかれっぷりを発揮して刑務官も手を焼く。
井荻レーシングの信夫の顎砕いて、足で踏んづけてる写真を松嶋氏が雑誌投稿。
関東連合がよく行っていたクラブでは常に見立氏と並んで先頭に立って大暴れを繰り返す。
どんなに大人数にボコられても、即効で仕返しに行く根性物。
バットマンズに襲われて1対10で勝てなくても喧嘩する男。
腕っ節もかなりのものでで、当時頭の見立氏より上とされていた。
凶暴度・気合度・気違い度は当時の関東連合No1。
ブラックエンペラーの松嶋氏が新宿の先輩を紹介。
頭を張ると同時に見立氏・柴田氏とつるむ。
邑井氏の喧嘩の強さは異常。宮園氏とタメセンレベルの腕っ節。凶暴度は比較にならんぐらい邑井氏のが上。
人望・統率力・頭のキレなどは見立氏には適わなかった。
見立氏が居なくて邑井氏が黒帝会だったら、あの年代の関東連の頭は邑井だったろうな。
ファンの女とカラオケ行っても歌わない話さない硬派な男。
新宿スペクターが関東連合メデューサーにさらわれて三日間殴られ続けて足の皿割られて解散を強要されたが、スペクターの奴は踏ん張り最後まで首を縦にふらず殴り疲れたメデューサーが解放した。
メデューサーもやること悪だけど、スペクターの奴の方が気合い入ってるよな。今そいつ新宿でヤクザやってるらしいが、記事読んだ時にこいつ気合い入ってるわと震えた。

関係者 邑井とかマジでとんでもなく恐怖だったよ当時は。都内各地に落書きしてあって捕まったら絶対殺されるとか思ったもん。関東連合は本当に恐怖そのものだった。追い込み方が尋常じゃない。大田区で寿司職人が殺されたニュースを聞いた時はただ合掌するしかなかった。

関係者

俺のツレが蛇女の邑井にやられたことがあって、そいついわく「オレァ今まで不良やってきてあんなオッカネーヤツ初めてだわ」って言ってたのを覚えてる。ちなみにそいつはアゴの骨と歯がほとんどやられてた。

関係者

矢尻氏にしても邑井氏にしても自分が強いタイプは上手い事会社ごっこで金集めたりできないモンなんだな 。ただ頭回らないから身内にも敵ばっか作ってシノギ潰されまくってる。タタキも上納金の関係で切羽詰まってやったみたい。

関係者

リオン氏はバットマンズに襲われた時、瞬時にバットを取り上げて、バット片手に暴れまくって撃退。邑井氏に至っては、新宿バットマンズのバットを取り上げずに、あろうことか素手のみで戦って退散させた。当然、邑井氏もかなり重傷を追った。谷山氏は奥さんを連れてる状態で赤羽バットマンズに襲われて、地面にどっしり座って、暴力は辞めようと訴えたが失明した。一番凄いのは、掘掘コンビの片方。バットマンに襲撃されるも即座にバットマン達に拳を叩き込み無傷で勝利。神原長男が邑井氏をペットみたいに可愛がって、なついていた。


【逮捕①】

警視庁捜査3課は13日までに、ひったくりをして怪我をさせたとして強盗致傷の疑いで横浜市旭区市沢町、店員邑井祐介容疑者(31)を逮捕した。捜査3課によると、250ccスクーターでひったくりを繰り返し、昨年7月以降、都内で約50件。計約350万円相当の金品を盗んだとみて裏付けを進めている。逮捕容疑は2月5日夜、渋谷区の路上で女性会社員(25)から現金約1万6000円入りの財布などが入ったバッグをひったくり、転倒させて約1カ月の重傷を負わせた疑い捜査3課は邑井容疑者が盗んだとみられる商品券を偽名で売却したとして詐欺容疑でアルバイトの稲沢 晋(すすむ)容疑者(30)を逮捕。盗品の処分役とみて調べている。

爆音狂の頭の家にカチ込んで、家族もろともフルボッコにして逮捕。

見立氏とつるんでる内に関東連合入りを決める。

元EGGのモデル。

【逮捕①】

合成麻薬MDMA使用後に知人女性が死亡した元俳優の押尾学被告(31)による保護責任者遺棄致死事件で、押尾被告にMDMAを譲渡したとして、麻薬取締法違反罪に問われた友人のネット販売業、泉田勇介被告(31)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。田村政喜裁判官は泉田被告に懲役1年(求刑懲役1年6月)の実刑を言い渡した。初公判で検察側は、泉田被告から譲渡されたMDMAを、押尾被告が飲食店従業員田中香織さん=当時(30)=と一緒に飲み、その後、田中さんが死亡したと指摘。押尾被告から田中さんへのMDMA譲渡をほのめかすメールについて、警察への言い訳の方法を押尾被告から相談されたとする泉田被告の供述調書を明らかにした。押尾被告は保護責任者遺棄致死罪や田中さんへの薬物譲渡を否認する方針だが、泉田被告は被告人質問で「ありのまま話し、罪を償ってほしい」などと述べている。起訴状によると、泉田被告は昨年7月31日、東京・六本木ヒルズのマンションでMDMA約10錠を押尾被告に譲渡したとされる。押尾被告は同年8月2日、同じマンションで一緒にMDMAを飲んだ田中さんの容体が急変したのに、適切な救命措置を執らず死亡させたなどとして起訴された。

赤堀信夫に愛想尽かし金井氏と二人で話し通し鬼面党復活。
見立氏(永福町ブラックエンペラー)/柴田氏(宮前愚連隊)に二人で全面戦争かました男。
気合い入りまくりで二人を襲う時は数十人武装で襲っても泣き入れず袋叩きにしても根を上げない根性物で死にかけまで気合を見せた男。
(ICU行きになり生死を彷徨う重症。)
見立氏に認められ関東連合総長に襲名。
西山君と金井君の鬼面党は二人だけで宮前愚連隊とか永福卍を相手に戦争してたよ。宮前愚連隊は数十人で西山君の実家に乗り込んだけど仕留めきれず。けど家はボコボコ。しびれ切らした宮前愚連隊が裏切り者の長谷○に二人を呼び出す。裏切り者の仲間に環八マックに呼出され、出掛けると武装した数十人に待ち伏せされバチバチにしめられた。泣き入れず死に寸まで気合い見せた西山君は見立前総長に認められ関東連合総長に襲名。つえーなんてもんじゃないよ。それから後遺症なんてないよ。だから無敵なんじゃん。皆知らないの?あれだけやられてさ。関東連合同士抗争は確かに変だけど今はちょー仲良いよね。金井君は最近見ないな。西山君は総長になってからすぐに大崎の抗争の件でパクられ娑婆にはほとんど入れなかったから皆知らないんだね。小田原と茨城なんかの少年院を二連発だったし。けどこれは独断だけど二人仕留めるのに数十人武装だよ?ステゴロじゃ敵いないでしょ 高中コンビはガタガタの体で見立に呼び出されて頭やれって断れないよね。複雑な人間関係。断れないし断らないでしょ。呼び出された時は見立君と柴田君の二人に呼び出されたんだよね。ガタガタと言うより死に寸でしょう。ICUから出た日って聞いた。西山君は常々に見立君は凄い人だって言ってたよ。環八マックの時は見立君はいなかったんだよね。少年院で。

関係者

西山氏は何度やられても降伏しないからある日、家にきて家族全員刺されて降伏したって話し。家族やっちゃえばさすがの西山氏も降参するでしょ?って算段。実家で深夜寝てるところをいきなり窓ガラス割って突入してきた永福卍に金属バッドでぼこぼこ。両親と妹、その前で鼻に割り箸刺されて、ヘアスプレー火炎放射器で全裸焼き土下座等されて入院し、3ヵ月後完治したら包丁持って永福卍狩り。その根性を認められ、関東連合の次の代を継ぐことを許された男。ありゃー気合いも喧嘩もつえーわ。見立/柴田達に突っ込んだもんな。西山は頭かち割られても見立に向かっていったもんな。柴田に高井戸魔天使は潰されたけどな。
西山氏は鬼面党入ったが見立氏ルートで入らなかったからヤキ。魔天使潰されたから別ルートで関東連合入りした。ボコられて頭に凄い怪我を負って今も傷跡とか結構エグイの?どう考えても怪我は半端じゃないでしょ・・・。死んでも不思議じゃなかったよ。ただ、ひいき目なしに20人~30人からの人数にバットからでぶん殴られても一人抵抗して気合いを認められ、関東連合の頭に任命されたのは事実。退院後に見立氏と柴田氏に二人に呼び出され一人出向き、決まった話し。全狂連の連中に襲われてボコボコにされた。でも耐えて反撃してなんとか面目は保ったが怪我がひどく、病院へ入院。見立氏と柴田氏が関東連の看板を汚したと西山氏に襲いかかった。

西山氏と二人で話し通し鬼面党復活。見立氏(永福町ブラックエンペラー)/柴田氏(宮前愚連隊)に特攻二人で全面戦争かました男。
関係者
西山君と金井君の鬼面党は二人だけで宮前愚連隊とか永福卍を相手に戦争してたよ。宮前愚連隊は数十人で西山君の実家に乗り込んだけど仕留めきれず。けど家はボコボコ。しびれ切らした宮前愚連隊が裏切り者の長谷○に二人を呼び出す。裏切り者の仲間に環八マックに呼出され、出掛けると武装した数十人に待ち伏せされバチバチにしめられた。泣き入れず死に寸まで気合い見せた西山君は見立前総長に認められ関東連合総長に襲名。つえーなんてもんじゃないよ。それから後遺症なんてないよ。だから無敵なんじゃん。皆知らないの?あれだけやられてさ。関東連合同士抗争は確かに変だけど今はちょー仲良いよね。金井君は最近見ないな。西山君は総長になってからすぐに大崎の抗争の件でパクられ娑婆にはほとんど入れなかったから皆知らないんだね。小田原と茨城なんかの少年院を二連発だったし。けどこれは独断だけど二人仕留めるのに数十人武装だよ?ステゴロじゃ敵いないでしょ 高中コンビはガタガタの体で見立に呼び出されて頭やれって断れないよね。複雑な人間関係。断れないし断らないでしょ。呼び出された時は見立君と柴田君の二人に呼び出されたんだよね。ガタガタと言うより死に寸でしょう。ICUから出た日って聞いた。西山君は常々に見立君は凄い人だって言ってたよ。環八マックの時は見立君はいなかったんだよね。少年院で。

8代目総長は入れ替わりが激しく何人も代わっている。(後に柴田大輔が継ぐ。)

S49とS51とS54の3人兄弟のイケメン。
S49大嶽清孝(東田)S49/8/29 杉並歴史上最強の大魔神。触ると死ぬレベル
S51大嶽伸次(東田)S51/5/1
S54大嶽正史(東田)石橋ボクシングジム所属A級プロボクサー
今はプロボクサーだけど、現役時代から大嶽は強かった。最強の副総長と言われていた。
山谷連合とのタイマン合戦でも圧勝
山谷連合はセイジ氏と大嶽氏がタイマン張り大嶽氏が勝利して山谷連合解散。

五反田・荏原零神刺殺(両方とも族の総長で計2名刺殺)
一回目が久里浜で2回目が少年刑務所
泉南中の3年の時に生活指導の先生が朝の朝礼で
「最近警察から宮前愚連隊の頭が少年院から出て来て、薬売ったり仲間集めたりしているんで気をつけるようにと連絡があったので学生の皆さん気をつけるように。」
なんて言ってたけど、当時は気をつけるようにって言われてもどう気をつければ良いんだよ!なんて思ってたな。
武器/出刃包丁
現役時代キックボクサー(煙草は吸わずフルーツばかり食べていた)
見立氏&柴田氏コンビ都内最凶No1コンビ。
八代目の柴田氏は東京都内最凶の男。
拉致した人間にウンコを食わせる。裸で写真を撮り、ナイフで刺したところを火であぶる。
柴田氏は半端なくタチが悪すぎる。拷問が半端じゃない。拉致されたら部屋から出るのも嫌になるくらいのトラウマになる。
小6ニグロパンチで高井戸の駅前でバブ転がしてた。
城北高校を半年で中退。
板橋区/練馬区/品川区/大田区下町相手に抗争で勝利し数々の暴走族を潰してきた負けなしの男。
反スタンスで永福卍と宮前愚連隊に対抗して阿佐中OBが阿佐ヶ谷MAD(S54の10名とS55の10名)を復活させたが宮前愚連隊と永福卍が潰した。頭カチ割られて金払って許して貰った。
うんこ食わされたのは鬼面党の十七代目。宮前と鬼面党の抗争(一方的に鬼面党がやられただけ)
宮前愚連隊が八代目になり、永福卍と一緒に魔天使五代目を潰した。
鬼面党の17代目頭は柴田氏にフルボッコにされて耳も半分ちぎれて、更にメンバー同士の69→うんこ食い。
この陵辱に参加してたのは有名どころでは安清、小池、柴田。その他S54・S55のフルメンバー。
その後うんこ食わされた奴は他にもいる。追い込みかけられた人間は多い。
練馬・大田・品川・調布・狛江・渋谷なんかに被害者多数。
魔天使・鬼面党・菊乱・モッコ・不死身・悪霊(各支部全部)・殺人会・全狂連・狂走連
MAD(阿佐ヶ谷)・櫻神会・師走麗心愚・ルート20・誠人会・狂心会・三軒茶屋愚連隊・その他新宿・原宿・渋谷の小規模チーマー、ギャング多数。
柴田氏が愚連隊に入る前だと思うから多分16才の頃だと思うけど一度宮前愚連隊のメンバーを引き連れて池袋で宮前20人対BAD-G100人で乱闘騒ぎ。
全狂連は辛かったろうに。数では圧倒的に多かったけど、個人を狙って帰路一人の時や、家に乗り込まれたらたまったもんじゃないだろうな。
練馬に襲撃に行く時は柴田氏が指揮とってた。
迫力が凄くてエンペラーのOBやその他のOB方も完全に柴田氏に飲まれてた。
襲撃に行く時はみんな柴田氏からワンパンもらい気合い入れた。
三鷹スペクターは関東連合の助っ人で練馬との抗争に参加。
女に手を出したり、レイプしたり、弱い者いじめ等はしないで敵対する暴走族・愚連隊・チーマー・ギャングのみを相手にした男

関係者

無関係だった連中に「宮前は卑怯なだけでカス。対した事ない」とか言われたくないね。どれだけ恐怖の対象だったか地元に住んでいた人間じゃねーと分からないし、そんな事絶対言えない。強いのもあるけどそういう次元じゃない程に半端なくタチが悪すぎた。 宮前愚連隊の全盛期は柴田氏の代だろ。人数も50人ぐらいいた。暴走族でニグロに厳しい規律の上に喧嘩も出来る人間だけ揃ったら最強の硬派暴走族。 全狂連なんか寄せ集めだから、100人いても当時の宮前愚連隊の方が断然怖い。現に平気で人を殺したり、金属バット顔面フルスイングとか余裕だった。

本名は古山義邦といい警視庁が調べても住所すらろくに分からない男である。
西麻布周辺の元学生サークルの女の子の証言によれば「企業に就職したいなら俺に言って。」「芸能人になりたいなら俺に言って」
田舎娘に希望を持たせグッドウィル折口に紹介し折口からは生活の補助を女からは友人の紹介してもらう確約。

足立区S54最強の男。
足立区S53最強の小松龍の後輩。
神原はclubfuraで重人刺してしっかりやられてる。
斉藤重人氏は宮園氏と同じ講道館出で、柔道の世界では元々名前が知られていた男。

東洋ボール殺人事件で亡くなった子の先輩。

ただの下克上ではなくて先輩という立場を利用して後輩にえばっていた吉岡が許せなくて石元氏がヤキいれた。

危なくて有名な男。
怒羅権で一番凄いのは大偉(ターウェイ)ボス的存在人物。
藤岡剛(瓜田純士と兄弟分(年齢はS54世代))より全然年上のこの大偉にさえ「怒羅権はお前ら(藤岡剛)の世代が一番危険だった」と言われるほど暴れ回っていた。

【本人談】

職の世界も武闘派が結局は求心力で生き残るのと一緒で検挙されても加入する人間が後を立たない。彼らは包丁やポン刀を抜いたとき「刺すぞ」とかは言わない抜いたら刺す。脅しはしない。死なないように刺し所をちゃんと把握(胸の上とか腹とか微妙な位置)関東連合も多数の人を殺めてしまったのは有名ですが、彼らも一躍有名になった浦安事件等で対立チームを殺めてしまっている。暴走族で水戸少年刑務所は半端じゃないですよ。あそこは現役ヤング本職専門の刑務所ですから・・・。松本や盛岡もかなり厳しい(親父も懲役仲間も)みたいだし、冬はメチャクチャ寒いらしいしね。最近は山谷連合や龍門一族等の似たようなチームも出来てる。チャイニーズドラゴンは怒羅権から暖簾分けされたグループ。以前に環七か環八のファミレスデニーズで関東連合の人間と怒羅権OBが一緒に居た時に敵対チームが襲撃に来て怒羅権OBがめった刺しされた事件があったりして、基本的には当時関東連合と怒羅権は友好団体。この他に東京の別地域や横浜/大阪/福井/福岡にもグループが存在する。

【逮捕①】

孫を装い電話をかけ弁護士に成り済まして現金600万円をだまし取ったとして、群馬県警捜査2課などは26日、詐欺の疑いで東京都江東区塩浜、会社役員藤岡剛容疑者(29)=詐欺罪で起訴=ら5人を再逮捕した。同課によると、藤岡容疑者は「まったく知らない」と容疑を否認しているという。同課は、被害は昨年5月から9月にかけ、8都県で約20件、約6500万円に上る可能性があるとみている。

人望もあり、仲間から慕われてる男。
田丸氏や吉村氏と仲良い

【逮捕】

東京・六本木のキャバクラで暴力団幹部らが約20人の集団に襲われた事件で、警視庁は15日、逮捕状を取って行方を追っていた主犯格で不良グループ『怒羅権』の幹部・馬場義明容疑者ら3人を逮捕した。警視庁によると、馬場容疑者らは11年12月、約20人で六本木のキャバクラに押し入り、客の山口組系幹部ら5人に対し、ビール瓶で頭を殴るなどして、重軽傷を負わせた疑いが持たれている。警視庁の調べに対し、馬場容疑者は「事実についてはわかっています」と話しているという。警視庁は馬場容疑者が事件の主犯格であり、山口組系組員とのトラブルをめぐる報復だったとみている。また馬場容疑者は暴走族グループ「関東連合」と関わりが深く警視庁は関東連合の関係者も事件に関わっているとみて捜査している。

【関係者】

これ襲った中に元極心の木村弟だぞ。やばいだろ。通りであの馬場が20人も集めるわけだ。

【関係者】

馬場は怒羅権の先輩にも一歩も引かないって話しだわな。危なすぎて誰も説教できない。この世代なら絶対に馬場君が一番イケイケだったよ。青竜刀やチェンソー振り回したりさ。脅しじゃなく普通に切りつけたからね。恐いよ。名前は伏せるけど馬場君個人的には荒武者さんの同世代の人間なんかとも仲いいよね。腕っぷしも交友関係も信頼度も馬場君だよ。

神龍は元々初代が怒羅権で西も亀有怒羅権としてやらないかと誘いを受けたが断固としてそれを拒否単独チームとしてその名を轟かせた。

関係者

出刃包丁の西と言われてた男でヤクザを刺し殺して別荘に行ってた男。あだ名が出刃包丁の西だよ。どー考えても普通じゃないでしょ。人刺し西ってみんな言ってたね。ヤクザが出て来て何人で地元走ってんだ?から始まり西氏率いる神龍が逆ギレ。西氏は家までガンガン追い込まれて親父も大変だったんだぞ。それで殺ったんだ。水元公園で殺し合いになった。亡くなった方は某組織の構成員、もう一方は現役の不良。かなりの重傷。当時松葉系の構成員をやり、川越少年刑務所に勤めて当時は未成年で逆送され確か5年。

【逮捕①】

詐欺グループを襲撃。乗っ取り、振り込め詐欺繰り返す。別の詐欺グループを乗っ取って振り込め詐欺を続けたとして、警視庁は、グループの首謀者で東京都葛飾区西亀有2丁目無職西佑介容疑者(25)を詐欺の疑いで逮捕したと2日発表した。西容疑者は容疑を否認している。捜査2課の調べでは、西容疑者は昨年4月中旬、新宿区西新宿にある別の振り込め詐欺グループのアジトを仲間数人で襲撃、売上金約700万円をはじめ、名簿やだましの手口などを記した「詐欺マニュアル」、携帯電話などを奪い取った。

【関係者】

コスモの20数店舗の1つの店長が元神龍の奴で、西は乗っとりを計った。なんせ1店舗、月の純利益で2~3000万は固いのが闇金詐欺業界だからな。ケツの住吉と組んで話なんかもちろん清水一家に通さず最初は金チョロまかさせて持ってこさせた。数ヶ月後は「バレてるけど俺とケツに何も言えないからだろ」と勘違いして、勝手に地元に店引っ越しさせて乗っとり。中鉢がチクリ、カジック&清水に発覚。住吉は無視。西の逃亡生活は最後シティホテルで警察に保護を求め自首。実家にはガソリンをまかれ放火未遂をされて、姉だか妹だかは輪姦された。

アメブロ→[5]
全国初のDJヤクザ(DJ RIMERIME)
上なんかにも上等でかなりイケイケ。
ジブラの横でDJやりながら一方では格闘家達を襲撃(飛車角襲撃)
GANXSTA-DXと妄走でやったイベント(GASPANICのSUPERGP)に襲撃かける。

関係者

先輩の田丸にさえ喧嘩売ってたよ。さすがにやられてその後仲良くなったけど。クラブで吉村氏が喧嘩売ってKIDがイモひいてんの見たことある。KIDの喧嘩は何回か見たことあるけどさすがに吉村には引いてた。そらーそうだわ。吉村喧嘩つえーぞ。後は危なさと勢いが凄い 。クラブでKIDに喧嘩売るヤツたまにいるけどローキック一発で泣かされてる。そんなKIDも吉村の喧嘩買うほど馬鹿じゃねーわな。吉村は本当に恐ろしいよね。年上だけど絶対敵にまわしたくない。

東京四天王の一人
通名バッチャン
平山、柳、吉川、横尾、後藤
株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表:岡村陽久)は6月14 日、

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表:小林栄三)とインターネット/携帯 向けアフィリエイト広告事業の活性化に向けた協業体制を構築することで合意し、業務提携契約を締結した。 また伊藤忠商事は、アドウェイズ 第2位の主要株主である中鉢正人氏より株式11,600株 (出資比率:14.96%)を取得し、アドウェイズの大株主順位第2位となっている。ただし、 取得金額や今回の経緯については両社ともに非公開としている。 今後の取り組みについてアドウェイズは、「伊藤忠商事の国内外での幅広いネットワークを 活用し、商品や人的なものも含め、より良いかたちで展開していきたいと考えている。具体的な新サービスなどは、これから両社間で協議して随時決定次第に発表させていただく方針」と述べた。 一方、伊藤忠商事は今回の件について、「業務面での基本線としてはリリースに出ている通り で、インターネット/モバイルアフィリエイト広告事業に両社で協力することとなる。また、弊 社がアドウェイズの株式を取得したわけだが、取得先が中鉢氏と個人であるため、金額や経緯に ついては公表できない」とした。

アドウェイズは2001年2月設立、2006年6月東証マザーズ上場。JANetのほか、携帯サイト向け アフィリエイトプログラム「Smart- C」などアフィリエイト広告事業を主に手がける。2007年4月末時点で、資本金14億5,044万8,800円、従業員数334名(グループ全体)。決算期3月。2006年3月 期の単体売上高34億9,259万4千円、2007年3月期の単体売上高48億9,700万円。

東洋ボール殺人事件
六本木クラブ撲殺事件
石元氏やリオン氏を東洋ボール事件にけしかけた2人って地元の先輩でPBB。リーダーは原田氏だね。
原田と伊藤リオンだけが即金で満額支払う。
練馬連合との抗争の立役者で最後まで戦った男。
山口組秋良連合会一蓮会の武田修を襲撃。
父親の石元正弘さんは石元会初代組長で父親の兄弟は全員暴力団組員というアウトロー一族。
二代目石元会は東京都台東区に本拠を置く暴力団で指定暴力団・六代目山口組の三次団体。上部団体は二代目古川組。
叔父は「殺しの軍団」柳川組に所属。

関係者

佐野氏、加藤氏、原田氏とかリオンのこ事で柴田に怒りくるったんだよ。 そして世田谷は杉並に絶縁宣言した。 柴田てめー自演してフォロワーのフリすんなや。海老蔵事件はてめえと永福卍3人と一個上の先輩の宮前愚連隊1人で、現実には歌舞伎役者をフルボッコにリンチしたくせによ。何枚舌使ってんだ?この際だから言わしてもらうが、さすがにてめえは人間の屑としか思えねーわ。今回の件で俺を含めて何人もいなくなるからな。太一は海老蔵と互いの家を泊まり渡る仲だって事は関東連以外の奴だって知ってる奴は大勢いるわ。リオンは手出した事一度もないって本人が逃亡中に電話で話してきたんだから間違いねーからな。そんなリオンが塀の中いる時もここまでして発覚したら全てが台無しと、勝手な戯言ほざいて手紙の一枚も出さなかった鬼畜が。灰皿テキーラだって全部嘘で、太一を呼び出して到着が遅かったとかぶん殴ったのはてめえ自身だろが。お前の安っぽい芝居の為ににどんだけの人間が振り回されたかわかんねーのか。振り込めの発覚は自業自得だろうが、てめえが企てた偽証罪に値する犯罪の上塗りに泣く泣く乗った太一を切るとか吹聴してんなや。体裁整えれば世の中を何度も騙せるとかまだ思ってるならバカな考えは改めた方がいいぜ。フライデーのインタビューで「タクシーを待ってたら海老蔵が上から降りてきて、何故か裸だった。追っかけ来たのかと思って臨戦態勢になったが、逃げていった。」って言ってたよな。報道では石元等が海老蔵追っかけてそれが監視カメラに撮られてる。全然食い違うんだよな。


【容疑者宅から7億円見つかる】

『逮捕された容疑者の自宅をガサ入れした結果、容疑者宅から7億円もの現金が見つかったそうです。いったいどういうカネなのかは分かりませんが、本当だとすればただ事ではない。近いうちに表沙汰になるかもしれません」と事情通。巨額のカネが襲撃殺人事件とつながっているのか。計画的な海外逃亡に7億円もの現金。関東連合の元メンバーグループの闇は想像以上に深そうだ。

【逮捕④】

パチンコで客を装う「さくら」をすれば報酬が得られる。と登録料などの名目で現金をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は9日詐欺容疑で暴走族グループ『関東連合』の元リーダー石元太一容疑者(30)を逮捕した。逮捕は4回目。容疑は09年10月、ネット上の広告を見て応募した20代の男性に「自由な時間で高収入が得られる。登録料が必要だ」等と嘘をいい、現金約193万円をだまし取った疑い。容疑について「逮捕事実は理解したが、納得いかない」と供述しているという。

【逮捕③】

警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は28日パチンコ店で客を装った「さくら」をすれば収入が得られると嘘をつき、登録料等の名目で現金約140万円を騙し取ったとして、詐欺容疑で暴走族グループ「関東連合」の元リーダー石元太一容疑者(30)を再逮捕した。再逮捕容疑は2010年1~3月、インターネットに「パチンコをするだけで仕事となる夢のようなビジネス」と虚偽の広告を掲載応募した20代の女性から現金を詐取した疑い。組特隊によると同じ容疑で逮捕された男から詐取した金額とみられる数字を示すメールが石元容疑者に送られていた。石元容疑者は、別人が住むように装いマンションの入居契約をしたとして詐欺容疑で逮捕されている。

【逮捕②】

他人名義で住居を借りたとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊などは8日までに、詐欺容疑で暴走族「関東連合」の元リーダー石元太一容疑者(30)=東京都港区南麻布=を逮捕した。同容疑者は、別の振り込め詐欺事件にも関わった疑いがあり、この事件で、知人の藤田周作容疑者(26)=武蔵野市吉祥寺南町=ら2人を詐欺容疑で逮捕。石元容疑者の関与を追及している。藤田容疑者らは2010年1~3月、嘘のパチンコ必勝法を教えるとして大阪市の女性(25)から約136万円をだまし取った疑いで逮捕された。藤田容疑者らはだまし取った金額など詐欺の報告とみられるメールを石元容疑者に連日送信。同容疑者が指示役だったとみている。被害は10年3月までの7カ月間で174人、約5800万円に上るという。石元容疑者の逮捕容疑は11年8月、別の男が住むと偽って自分の住むマンションの部屋を不正に契約した疑い。

【逮捕①】

東京/歌舞伎町の飲食店で知人男性の頭を殴り怪我をさせた容疑で暴走族元リーダーら逮捕東京/新宿区歌舞伎町の飲食店で4月、暴走族の元リーダーの男らが、店に居合わせた知り合いの男性の頭を殴るなどし、怪我をさせた疑いで警視庁に逮捕されていたことがわかった。傷害の疑いで逮捕されたのは、暴走族の元リーダー・石元太一容疑者(29)ら2人。警視庁の調べによると、石元容疑者らは4月8日、歌舞伎町1丁目の飲食店で、同じ店に居合わせた知り合いの男性に対し、「よく飲んでいられるな」などと言って、男性の頭を殴るなどし、全治1週間のけがをさせた疑いが持たれている。その後、被害者の男性が警視庁に被害届を提出し、5月18日、警視庁が石元容疑者らを逮捕したもの。事件当時、現場にはもう1人仲間がいたということで、警視庁が行方を追っている。

【芸能界】

2010年の歌舞伎俳優の市川海老蔵(34)の殴打事件で実刑となった男性(28)の先輩で元関東連合リーダー石元太一氏(30)が22日自叙伝「不良録 関東連合元リーダーの告 白」(1260円、双葉社)を発売し都内で会見を行った。石元氏は現在、東京・渋谷などで格闘技ジムを経営。この日は映画「アンダー・フェイス」(藤原健一監督、来春公開)に主演で俳優デビューすることも発表し「役者として本気でデビューする前に、自分の過去を洗いざらい言っておきたかった」と 出版理由を説明。同著では暴走族の関東連合「千歳台ブラッエンペラー」の16代目総長だった事や自身の芸能界人脈などを告白している。石元氏は海老蔵事件の当時、現場の都内飲食店に居合わせ、裁判では証人として出廷。事件について聞かれると「もう示談が成立している事なので。ただ、あのときは海老蔵さんに迷惑をかけました」と答えていた。同著について双葉社は「一部のネット書籍販売サイトでは売り切れ状態です」と説明。石元氏は「不良の子供を持つ親に向けて講演活動もしていきたい」とも話した。

練馬連合との抗争で最後まで戦った男(練馬解散)
関東連合及び黒帝會最後の総長。
クラブに伊藤リオンとか宮前愚連隊と練り歩いて喧嘩売りまくってたよ。斉藤重人とも揉めたくらいだからね。
山口組秋良連合会一蓮会の武田修氏を襲撃して軍用ナタで切りかかり腕一本をかろうじてつながってる状態にした男。

【逮捕】
暴走族「関東連合」元リーダーの石元太一被告(31)=傷害致死罪などで起訴=らのグループによる振り込め詐欺事件で警視庁組織犯罪特別捜査隊は8日、詐欺容疑で東京都渋谷区代々木、関東連合OBの無職、野間悟容疑者(31)を逮捕した。同隊によると、「何も言いたくない」と供述している。逮捕容疑は平成20年7月、「パチンコ高収入」という広告を見て応募してきた岩手県の主婦(25)に電話で「パチンコで指定した台で打つだけ」などと嘘の話をし、野間容疑者が社長を務める架空会社名義の口座に、登録料として計約25万円を振り込ませたとしている。同隊によると、架空会社の所在地は、石元被告が振り込め詐欺に使った会社と同じで、石元被告と野間容疑者が金銭のやり取りをしたようなメールも見つかったという。

六本木クラブ撲殺事件


東洋ボール殺人事件
並外れた腕力で世田谷/杉並の敵対暴走族相手に数えきれない程の後遺障害を残した男。
宮前愚連隊の柴田と知り合い宮前愚連隊に入り有名になる。
並外れた腕力と殴り方が半端じゃなく、グラップラー刃牙の花山薫みたいな殴り方で相手をワンパンで沈める。
人数関係なしに喧嘩する男。
加藤連合から幸平一家直系に上がった堺組。義勇会の若い衆はリオン1人vs5人でやられて全員飛んだ。
半殺しにしたり、凶器も使い、狙った獲物は後ろからでも襲い、刃物で後ろからめった刺しにする。
多数の窃盗事件で懸賞金(Z-FATHER)がかけられた。(懸賞金100万~200万)
成人式もリオン一派がパンチとかアイパーまいてる不良を一人一人呼び出して警備してた。毎年恒例行事。

【逮捕】

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(33)が東京都港区の飲食店で殴られ、重傷を負った事件で、警視庁捜査1課は10日夜、傷害容疑で逮捕状が出ていた住所・職業不詳の伊藤リオン容疑者(26)を逮捕した。伊藤容疑者は「殴ってしまったのは間違いない」と容疑を認めている。逮捕容疑は11月25日未明、港区西麻布のビル内で海老蔵さんの頭部や顔面を多数回、殴ったり蹴ったりして顔の骨を折るなどの重症を負わせたとしている。捜査1課によると伊藤容疑者は同日午後8時ごろ、関係者を通じて警視庁に連絡。捜査員が都内で伊藤容疑者に接触し、警視庁本部に任意同行を求め、逮捕したという。

【関係者】

沼津出身の関東連合の先輩に囲われて沼津の温泉に潜伏していた。その先輩はAVの会社の社長。リオンは海老蔵に殴られた石元に目をかけられ千歳台ブラックエンペラーのメンバーとなるが、後に地元の宮前愚連隊に加入し総長となる。環八沿いに有名なバイクショップがあり、他地域の暴走族も集まる店だった。環八を通ってそのショップを目指す横浜の暴走族がいた。リオンは横浜の暴走族のタイヤホイールに傘を突っ込んで転倒させ『バイク狩』をたっていた。暴走族でもないのに墨を入れたりしている半端な野郎を目の敵にしていてボコボコにしていた。クラブの喧嘩では、プロレスの技(パイルドライバー)を得意技としていた。一発ぶん殴るだけで頭を骨折させたこともある。ノーヘル2ケツが大嫌いで、半端野郎達がノーヘル2ケツしているのを見かけてはボコっていた。

六本木クラブ撲殺事件

本名江森勇介。千葉県大網中学校在学中に仲間数十人で、校内暴力(三年時)。 田口先生と鈴木先生を病院送り。
その後傷害事件を繰り返し鑑別所送致(三年冬休み後)。
後に暴走族に。確か?一家??。どうしようもない札付きの不良。高校は千葉県一評判の 悪い鴨川第一高校(現在は名前が変更)という学校に進学するも数ヶ月で退学。
それからよく作業服姿の江森を大網駅で屯しているのを見かけた。
それからしばらく見なかったのだが気づいたらチャラい雑誌のモデルをしてるうちに芸能界入り。
今の高岡蒼佑 に名前を変更。 よくここまで変われたね江森君。 現在は、高岡蒼甫に改名し活動中。
別居中だった女優宮崎あおい(26)と夫の俳優高岡蒼甫(29)が離婚で合意したことが19日分かった。近日中にも離婚届を提出するものとみられる。20日発売の女性誌「週刊女性」がすでに2人が離婚届に署名、捺印を済ませたと報道。サンケイスポーツの取材に2人を知る関係者も離婚成立の最終段階に入ったことを認めた。7年6月に結婚した2人は、約4年半で夫婦生活にピリオドを打つことになる。同誌などによると、宮崎が先月、署名と捺印をした離婚届を高岡の元に郵送。高岡は当初はショックを受けたが、今月に入って署名、捺印し、宮崎側に手渡したという。夫婦間に亀裂が生じたのは、高岡がツイッターで韓流ブームを批判した7月から。高岡は当時の所属事務所を退社する事態となり、宮崎の不信を買ったまま溝は埋まらなかったようだ。高岡の現在の所属事務所は、19日から「高岡蒼佑」と改名したことを発表。「蒼佑」はデビューから6年に「蒼甫」と改名するまでの芸名で「心機一転で元に戻した」と説明したが、「私生活については話すことはない」とコメント。宮崎の所属事務所は「離婚についての報告は受けていない」としている。

関東連合傘下の弱小チーマーヘッド。
歌手兼俳優として活動していたが、2009年に六本木ヒルズでホステスと性交中にMDMAを飲ませすぎて死なせる。
(その場所に森祐喜がいたらしいが、真相は闇の中)

NHKプロデューサーの父と女優の母の次男として1979年に産まれる。
幼少時代は、仕事に忙しい両親に代わり、同居していた祖父母や家政婦の手により育てられる。
育児に構ってあげられない両親のお金に物を言わせる過保護な養育方針がのちに明らかになる。
「次男の小遣いは月50万円」、そのお金で覚醒剤を購入していたと報道。
また東洋ボール事件では犯人の関東連合が犯行時に使用した犯行車両が三田佳子名義のもので、高橋祐也が犯人に貸したものだったことが発覚
続けて高橋が自宅の地下室で『覚せい剤パーティー』を行なっていたことが発覚し、2000年10月25日、再び覚せい剤取締法違反で、友人の17~20歳の男3人、女1人と一緒に逮捕。
三田邸の地下室では芸能人も招いての薬物乱交パーティーが開かれていたことも発覚。
今は2010年2月2日、26歳の一般女性と結婚。
3,4年前に知り合い、昨秋から交際を始め入籍。
高橋の両親からの庇護の下、2人はすでに新しい生活を送っている。その後、9月30日に、第一子となる男児が誕生。

?

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス