文化放送

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索
日本のラジオ局

テンプレート:日本のラジオ局

株式会社文化放送(ぶんかほうそう)は関東広域圏放送対象地域とするラジオ局である。英称Nippon Cultural Broadcasting inc.。略称は英称の頭文字からNCBとなっているが、現在ではほとんど用いられず、専らコールサインよりQRを使用している。局のキャッチコピーは「ダイジナコト」(2007年現在)。

ファイル:JOQRMP.JPG
文化放送新社屋(文化放送メディアプラス)
株式会社文化放送
種類 株式会社
業種

目次

[編集] 概説

元々はカトリック修道院聖パウロ修道会」が、カトリックの布教を目的に、1951年に設立した財団法人「日本文化放送協会」であった。1956年に、現在の株式会社に改組。

ニッポン放送と長く提携関係にあり、ニッポン放送とともに、ラジオネットワークNRN」のキー局を務めている。以前は旺文社が資本参加していたため、夜間を中心に、受験や英会話など教育系の番組が多かったが(その名残か、現在も民間放送教育協会に加盟している)、1995年を境に番組編成を転換し、現在ではアニメ関連の情報番組など、アニメファンに向けた番組(アニラジ)が多くなっている(詳細は文化放送 アニメ&ゲームゾーンを参照)。また、テレビ東京グループのアニメ専門のCS放送局・エー・ティー・エックスにも出資している。

プロ野球中継は在京民放AM局で唯一、埼玉西武ライオンズのナイター中継を平日に放送しているのが、大きな特色である。土日は、読売ジャイアンツ戦を中心に放送している(詳細は文化放送ライオンズナイター文化放送ホームランナイターの項を参照)。

自社オリジナルソングとして『QRソング』(作詞・野坂昭如 作曲・いずみたく)がある(詳細は『QRソング』の記事を参照ののこと)。

ニッポン放送と共同出資で、フジテレビジョンを設立した経緯から、フジサンケイグループの一員であるが、文化放送本体と関連会社などを含めた文化放送グループは、フジサンケイグループに含めない場合もある。従ってロゴマークは所謂「目玉マーク」を用いず、「文化放送」および「JOQR」を図案化したものを使用している。

その一方で、かつては旺文社が文化放送株式の35%強を保有する大株主であり、同時に日本教育テレビ(NETテレビ、現在のテレビ朝日)の大株主でもあった事から、1978年にテレビ朝日専務の岩本政敏が文化放送の社長に就任し、以降、テレビ朝日との関係が生じる。旺文社との絶縁後は、フジテレビと復縁し、再び協調関係が生まれているが、テレビ朝日との間にも依然として、様々な面での交流が続いている。

また、埼玉西武ライオンズの中継を通して、西武グループとの関わりがあり、2004年秋頃の西武鉄道株問題に係る一件では、堤義明の要請を受け、コクド(2006年プリンスホテルに吸収合併)より西武鉄道株式を購入していた。当初2003年の株式公開を目指していたが、2005年2月のライブドアによるニッポン放送株取得・筆頭株主化という事例等から見送られた。

教会聖堂を思わせる四谷(東京都新宿区若葉1丁目5番地)の旧社屋は文化放送開局以来の物で、教会を改築して、内部に聖堂や聖歌隊のスペースも有り、キリスト教(カトリック)放送局であった事の名残をうかがわせていたが、老朽化により、2006年7月24日をもって、放送業務が浜松町の新社屋に移転した。

[編集] 放送局概要

ファイル:文化放送四谷旧社屋(2006).jpg
文化放送四谷旧社屋(2006年撮影)

[編集] 沿革

土曜・日曜でのナイター中継を本格的にスタート(当時は東海ラジオ放送(土日)、毎日放送(土)、朝日放送(日)、中国放送(裏送り)のネットワーク)。
『真夜中のリクエストコーナー』スタート(現在の深夜放送の草分け)。

[編集] キャッチコピーの変遷

基本的には、1960年に製作されたテーマソング『QRソング』のイメージが強く、キャッチコピーは定着しないまま、短命に終わったものが多い。

1984年以前は『QRソング』に加え「報道の文化放送」というイメージが強かった。当時の平日の夜間時間帯は、教会側の意向で、ニュースや『大学受験ラジオ講座』『百万人の英語』といった報道や教育系の硬い番組が並び、深夜の『セイ!ヤング』へ繋がっていた。

なお、ステーションキャラクターとして、「チャッタくん」があった(1997年4月より使用。『QRソング』冒頭の一節「聴いちゃった」と「チャット」を掛け合わせたものである。名称は公募で決定。あまり定着せず、現在は使用されていない)。

[編集] 番組

[編集] 在籍中のアナウンサー

※名前は通常の番組で使われているもの。ニックネームがある場合は「」で掲載。

[編集] アナウンス部所属

男性
女性

[編集] スポーツ部所属

男性

[編集] 報道制作部所属

女性

[編集] 在籍していたアナウンサー

[編集] 男性

[編集] 女性

[編集] その他

[編集] 報道制作部

「ニュースパレード」を始めとするニュース報道を担当。 スクープも多い。

1970年11月25日午前、三島由紀夫市ヶ谷陸上自衛隊駐屯地に立て篭り演説をしたが、これを全部録音したのは文化放送だけだった。 駆けつけた記者が、マイクを木の枝に縛りつけて録音したエピソードは伝説となっている。
記者会見やインタビューの際テレビに映る、明朝体で「文化放送」と白く書かれたマイクはトレードマークである。

現在は報道担当記者らが、ほぼ毎日書き綴るブログが 他の報道機関からも評判となっている。 (文化放送報道部日記) http://www.joqr.co.jp/blog/news/

[編集] 時報

鐘の音にポーン。鐘の音は「ウエストミンスターの鐘」に似た音階だった。当時は同様な時報をラジオ関東でも行っていた。
ポーン音のみに。この頃の時報スポットには色々な鳥の声が流れてた。
ポッ、ポッ、ポッ、ポーンというノーマルなものに。現在はスポーツ中継や番組中に正時跨ぎする時のみに流れる。
オルゴール風のいわゆるQRソングのメロディにポーン。

[編集] CM

[編集] 「文化放送」を冠した放送局

いずれもテレビ単営局であり、それぞれの局とは資本や人事面で直接の関係はない。

過去には「北陸文化放送」(現・北陸放送 - テレビはJNN、ラジオはJRN・NRN系列)もあった。また、大阪放送(ラジオ大阪 - NRN系列の準キー局)も開局前に「大阪文化放送」を名乗っていた。国外では韓国に同名の文化放送(MBC)(テレビ・ラジオ兼営)が存在する。

[編集] 関連項目

[編集] グループ・フジサンケイグループ・系列放送局

詳細については以下の項目を参照のこと。

[編集] 関係している放送事業者

この項では、文化放送と資本的関係はないものの業務的に関係のある放送事業者を挙げる。

[編集] 埼玉西武ライオンズ戦に関係する放送事業者

[編集] その他

ラジオ
テレビ

[編集] 外部リンク

※文化放送の公式サイトは、http://joqr.net/ でもアクセスが可能。なお、joqr.netは主にメール用ドメインとして使用されている(例:○○@joqr.net) テンプレート:NRN テンプレート:民間放送教育協会 テンプレート:Radio-Kanto テンプレート:フジサンケイグループko:문화방송 (일본) zh:株式會社文化放送‎

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス
他の言語