立川あすか

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索
立川 あすか

立川 あすか1985年昭和60年)3月30日 - )は、日本女性政治家

本名は「半澤 優子」。杉並区児童養護施設で育ち、国際短期大学卒業。埼玉県新座市の(いまのところ)現職市議会議員。選挙ポスターウェブサイト等では立川あすかと記載されている。

新座市議会に於ける活動通称名は「立川明日香」で、所属会派は「市民と語る会」(代表タカムラトモヤ)。所属事務所の戦略で、藤川優里に続く「美人すぎる市議」として、有名になろうとしていた。しかし、複数の市民から「市に生活の本拠がない」との異議申し立てがあり、新座市選挙管理委員会は当選無効の決定を下した。

本人は、埼玉県選挙管理委員会に審査の申し立てをし、決定が覆らないなら東京高等裁判所に提訴する意向。

目次

[編集] 来歴

立川 あすか
立川 あすか
東京都足立区生まれ
3歳から18歳まで児童60人態勢の養護施設で育つ。幼いころからの集団生活で、団体行動と、協調性を学ぶ。年上からは可愛がられ、年下には慕われる学生へと成長する。集団生活での矛盾や不便を見つけ、状況改善へ向けて考えるようになる。
8歳からバレーボールを始め高校時代は部長を務める。その他に光画部・軽音部に所属。バレーは12年続ける。
高校時代に語学に興味を持ち、テレビ朝日福祉文化事業団による「高校生海外生活体験の旅」2002年に選出され、サンフランシスコでホームステイを体験する。
国際短期大学 英語コミュニケーション学科入学。日本育英会の奨学金制度で入学し、通学する傍ら毎日アルバイトに励み、留学費用を貯め、翌年米国大学へ入学。
Martin Methodist College 準学士号 取得
地元のアメリカ人・ブラジル人留学生らのいる大学のバレーボールチームに所属。唯一の日本人でピンチサーバーとして活躍。物おじせず人の中に飛び込んでいく性格で、現地の米国人から様々な事を学ぶ。
現地の里親制度の認知度の高さに感激する。同年帰国後、モデル・タレント活動を始める。
結婚し、女の子を出産。
宅地建物取引主任者に合格。不動産管理会社へ入社。語学力が認められ、ヨーロッパ言語課に配属される。営業として来日外国人の入居サポートを担当。(入居先紹介、予算相談、クレーム対応など)
専任の主任者として契約業務に携わる。また、T2プランニングにてタレント活動を再開。
政治団体「立川あすか街づくりの会」を設立。政治活動に専念するため、会社を退職。
埼玉県新座市議会議員一般選挙で初当選。
新座市選挙管理委員会が当選無効の決定。

[編集] インタビュー

立川 あすか

「両親の顔を知らないんです。生まれは東京都の足立区らしいんですが、すぐに捨てられて乳児院に預けられたそうです。そのまま高校を卒業するまで、杉並区の児童養護施設で過ごしました」

その美貌に見惚れていた記者に向けて、元モデルの26歳は、自身の半生を訥々と語り始めた。

立川明日香、2月19日に行われた新座市議選(定数26)で初当選を果たした、現役の市議会議員である。いわゆる“美人すぎる議員"として巷間を騒がせた存在といえば青森県八戸市議の藤川優里氏(32)が余りにも有名だが、この立川氏はただの美人センセイではない。特筆すべきは、その〝激動すぎる半生〟なのだ。

冒頭の発言の通り、生まれて間もなく親に捨てられたという彼女は、3歳から18歳まで養護施設で暮らしている。

「身近な人がいなくなるのには慣れっこでした。昨日まで一緒だった仲間がある日突然引き取られたり、他の施設に移ったり・・・・・・。職員の交代も頻繁でしたね」 また、施設の厳しい規則にも嫌気がさしていたという。

「朝6時に起きてランニング、掃除、朝食の準備、後片付け。登下校中の寄り道なんて厳禁で、帰ったら夕食の準備に食堂の掃除。とにかく窮屈な毎日でしたね」

早く施設を出たい。高校を卒業したらすぐ就職しよう。そう思い商業高校に進学した彼女だが、ひょんなことから語学に興味を持つことになる。

「施設にボランティアで英語を教えに来てくれる女性がいたんですが、その人に『あなたは巻き舌が上手いから英語を話せばサマになるよ』って褒められたんです。それで、その気になっちゃって(笑)」

奨学金を利用して国際短期大学(東京都中野区)に進学すると、ピザ屋や工場でのバイトに明け暮れる日々。せっせと資金を稼ぎ、米テネシー州の大学に1年間留学。帰国後は、渋谷でスカウトされたのをきっかけにモデル活動を開始する。

「しばらくは広告や通販雑誌のモデルを続けていたんですが、23歳で結婚して、女の子を産んだんです」

ちなみに〝デキ婚〟ではなかったとのこと。その後は宅地建物取引主任者の資格を取得し、不動産管理会社に入社する。

「その会社で担当したお客様が、たまたま今の芸能事務所の関係者で、またモデルとして誘われたんです。でも、その時の私は『私のような子供をこれ以上増やしたくない。社会的弱者を救うようなお仕事がしたい』と考えるようになっていました。そこで事務所の社長に相談したら、『じゃあ政治やってみるか?やるんならバックアップするぞ』『やります!』という流れで、市議選に出ることになったんです(苦笑)」

もちろん政治に関してはまったくの素人だった彼女だが、辻立ちなどの懸命な選挙活動が実を結び、2067票を獲得して堂々の5位当選を果たす。そんな立川市議に今後の目標を聞いてみた。

「里親制度の充実などを目指して、子供の権利に関する条例づくりを進めたいです。親の愛情を知らずに育った自分だからこそ、できることがあると思うんです」

〝超美人センセイ〟はキッパリと述べた。

[編集] 「居住実体とは何なのかわからない」新座市議選に初当選したタレント立川明日香さん(27)当選無効の決定

立川 あすか

2月に行われた埼玉県新座市議選で初当選したタレント立川明日香さん(27)が2012年4月20日、市選挙管理委員会から当選無効との決定を受けた。

公選法で定められた「引き続き3か月以上、選挙区内に住所がある」との被選挙権の要件を満たしていなかったとされた。

立川さんは2月19日投開票の市議選(定数26)に無所属で立候補。2067票を獲得し、候補者32人中5番目で当選したが、市民から「市に生活の本拠がない」との異議申し立てがあり、市選管が調査していた。

調査の結果、立川さんは昨年9月20日に東京都練馬区から同市に転入したものの、住民票に記載された住居では、今年2月まで水道が使われておらず、電気の使用もわずか。ガスの契約は当選後と判明したという。

最高裁は公選法の規定について「意思だけでは足りず、客観的に生活の本拠たる実体を必要とする」との見解を示している。

当選無効の決定に不服があれば、告示から21日以内に県選管に審査申し立てを行うことができる。県選管の裁決にも不服があれば、その告示から30日以内に高等裁判所に提訴できる。最終的な決定まで議員の身分は保障される。立川さんは申し立てを行う意向。

立川さんは記者会見し、「居住実体とは何なのかわからない。選管からの説明もなかった。今回の選管の判断は疑問がある」と不満を見せた。立候補の理由は「練馬区と隣接しているなどなじみがあった」と述べた。また「新座には寝に来ていた、水はミネラルウォータ、風呂には入らない、トイレにも行かない」と答えている。

所属する芸能プロダクションのホームページによると、テレビドラマやCMモデル、キャンペーンガールとしても活動しているが、現在芸能活動は自粛中。

[編集] 苦しい弁解「コンビニのトイレ借りることも」

立川 あすか

2012年2月の埼玉県新座市議選で初当選し、選挙区内での居住実態がないとして市選挙管理委員会から当選無効の決定を受けたタレント立川明日香さん(27)が5月14日、「決定には誤りがある」として県選挙管理委員会に審査申し立てを行った。

県選管は受理するかどうか5月15日に決める。受理すれば60日以内に裁決を出す。

公職選挙法は、市町村議の被選挙権について、「選挙区内に引き続き3か月以上居住」を要件にしている。

市選管の調査では、立川さんは2011年9月20日付で東京都練馬区から同市に転入したが、2012年2月まで水道がほぼ不使用で、練馬区に住む家族が「当選するまで一緒に住んでいた」と証言。市選管は、居住要件を満たさないと判断し、4月20日に当選無効の決定を出した。

立川さんは、審査申し立て後に埼玉県庁で記者会見し、「寝るために戻り、水道を使う生活はしていない。コンビニのトイレを借りることもあった。朝の洗顔はする暇がない」「昨年9月から、練馬区に住む夫と、離婚を視野に別居していた。家族の証言は事実と異なる」と説明した。

[編集] 団地に引っ越す

選挙区内での生活実態が認められず、2012年2月の埼玉県新座市議選での当選を無効とされたタレント兼業の立川明日香市議(27)が5月20日、同市内で行われた議会報告会に出席。問題発覚後初めて公の場で市民と対面した。

所属会派「市民と語る会」の3議員とともに顔を見せた「美人すぎる市議」は、冒頭のあいさつで「市長、与党の向かい風によって私の(議員としての)立場が危ぶまれている状況なんですけど」と前置きした後、突然「私、引っ越しました。今は市内の団地に住んでいます。新たな気持ちで活動させていただきたい」と転居を報告した。

今回の問題は、3歳長女の保育園の関係で練馬区と市内の住居を行き来する「二重生活」から浮上した背景があるが、数日前からは市内の築42年の団地に住まいを一本化したという。

席上、立川氏は問題についての具体的説明をしなかったが、17人の市民から同氏への質問はなく、財政問題などが積極的に話し合われた。途中、同氏が長女の世話で中座するシーンも目立った。

立川氏は5月14日、市の選挙管理委員会の決定を不服として、県選管に審査を申し立てている。

[編集] 当選無効のタレント、県選管も「生活事実ない」(2012年7月)

2月の埼玉県新座市議選で初当選後、選挙区内での居住実態がないとして市選挙管理委員会から当選無効の決定を受けたタレント立川明日香さん(27)について、県選管は7月17日、「生活の本拠としての起居、寝食などの事実が認められない」と判断し、「決定は誤り」とする立川さんの審査申し立てを棄却する裁決を出した。

公選法の規定で、不服がある場合は、裁決書の交付または告示日から30日以内に高裁に訴訟を起こすことができる。高裁は受理日から100日以内に判決を出す。

市選管の調査では、立川さんは2011年9月20日、東京都練馬区から同市に転入したが、今年2月まで水道はほぼ不使用で、練馬区に住む家族が「当選するまで一緒に住んでいた」と証言。居住実態がないとみなされた。公選法は、選挙区内に引き続き3か月以上居住することを市町村議の被選挙権の要件としている。

立川さんは、〈1〉昨年9月から、離婚を視野に夫と別居している〈2〉長女を練馬区に残しているため、深夜に新座市に戻る生活だった――などと説明。水道の使用状況もこうした事情によるもので、「何ら不合理はない」と反論していた。

[編集] “美人すぎる市議”ツイッターで猛反論!(2012年7月)

立川 あすか

居住実態がないとして埼玉県選挙管理委員会から7月17日、当選無効と裁決された“美人すぎる市議”ことタレントの立川明日香・新座市議(27)。裁決から沈黙を続けてきたが、19日、自身のツイッターで猛反撃に乗り出した。

「県選管の決定を見ている。無駄に長くて、こじ付け、我田引水、揚げ足取りのオンパレードである。悪意しか感じない。恥ずかしくないのか!」

「どこが中立公平な選管だ。何か私を絶対に落とさなければいけない理由でもおありか?」

県選管の裁決がよほど腹に据えかねているようで、「道義に反することをしてまで失職に追い込みたいみなさんよぉ」と、議員らしからぬ言葉遣いもチラホラ。

県選管の裁決に不服があれば東京高裁に提訴でき、当面議員活動を続けられる。提訴については明言していないが、

「さあこれからどんな横槍が飛んで来るか楽しみだ。今までは串刺しにされても黙ってたけど、これからは発信させてもらう」

と、“宣戦布告”で締めくくっている。

[編集] 美人すぎる市議、議員失職の恨みをヤンキー口調でツイッターで反撃開始

「居住の実態がなかった」として当選無効を言い渡された「美人すぎる市議」こと立川明日香新座市議(27)。市議失格の烙印を押され、怒り心頭に逆ギレツイッターで反撃中だ。

「私の人生の数パーセントを台無しにしたやつら。一生恨むわ。平然と味方のフリして話しかけてきて、自分側に来ないとなったら次の日に「立川あすかを引きずり降ろす!」と息巻いたS議員もね。」

2012年2月に、埼玉県新座市議選で初当選を果たした立川市議は、その若さと並外れた美貌から「美人すぎる市議」と注目を浴びた。一時は週刊誌のグラビアを飾るなど、マスコミの露出も多かったが、その2カ月後に、公選法が定める「3カ月以上の居住実態がない」ことなどを理由に市選管は当選無効の判断を下した。

この裁定を受けるや、「今県選管の決定を見ている。無駄に長くて、こじ付け、我田引水、揚げ足取りのオンパレードである。悪意しか感じない。恥ずかしくないのか!」「どこが中立公平な選管だ」「道義に反することをしてまで失職に追い込みたいみなさんよぉ」

など、これまでの美人市議キャラをかなぐり捨て、自身、ツイッターでヤンキー口調となって反撃ののろしを上げたのだ。

「県からも市と同様に当選無効という採決になりましたので、向こう30日以内に市議が裁判を起こさなければ、補欠が繰り上げ当選になります」と説明するが、立川市議は、「弁護士を雇うお金はありません。裸一貫で勝負するんや!」と、最後まで徹底抗戦の構えなのだ。

[編集] 「トイレは使用ごとに流さず小で一回で済ませるのは庶民の知恵」

立川 あすか

“美人市議”当選無効取り消し裁判始まる

「美人すぎる市議」として知られる埼玉・新座市の立川あすか市議が、新座市での居住実態がないことを理由に当選無効とした選挙管理委員会の裁決の取り消しを求めている裁判が10月17日、東京高裁で始まった。

立川市議は2012年2月の新座市議会議員選挙で初当選したが、新座市と埼玉県の選挙管理委員会は「新座市の住所に立川市議の居住実態がない」として当選無効としている。このため、立川市議は埼玉県の選挙管理委員会の裁決の取り消しを求め、提訴していた。

10月17日の裁判で、立川市議側は、選挙管理委員会が「水道使用量が一日1回のトイレ使用にも満たない」と認定したことについて、

「小のレバーを使えば、水道使用量を抑えることは十分に可能だった。女性の1人暮らしでは、使用ごとに水を流さないのも庶民の知恵だった」と主張した。

一方、選挙管理委員会側は「裁決は正しい」と反論した。

[編集] 美人すぎる新座市議、「国民の生活が第一」から出馬表明(2012年11月)

立川 あすか

テレビなどで「美人すぎる市議」として話題になった埼玉県新座市議・立川明日香氏(27)が11月24日、衆院選の埼玉4区から「国民の生活が第一」の公認を受け、立候補することを明らかにした。

立川市議は2月の新座市議選で初当選。その後、公選法の定める3か月以上の居住実態がないとして市や県選管から当選無効の決定を受けた。立川市議は近日中に市議を辞職する意向を示したが、「有権者の理解を得られるかどうか」を指摘する声もある。立川市議はスポーツ報知の取材に「次の衆院選に出ます。脱原発と消費増税反対を訴えたい」と明かした。

すでに、生活の小沢一郎代表(70)と会談。立候補する意向を伝え、了承されたという。選挙区は埼玉4区(新座、朝霞、志木、和光市)で、26日に正式発表される見通し。

新座市議会で同じ会派「市民と語る会」に所属し、立川市議を支えてきた高邑(たかむら)朋矢市議(58)は「22日に突然伝えられました。『国民の生活が第一』から出馬要請を受けた、とのことでした。事前の相談は一切なかったです。彼女はいつも相談がない」と困惑気味。「本人の人生だからしょうがないですけど、厳しいと思う」とした。

立川市議は2月に行われた市議選で初当選。しかし、市選管は4月に「公選法の定める3か月以上の居住実態がなかった」と認定。当選無効の決定をした。

市選管の発表によると、立川市議は2011年9月20日に新座市に転入したと届け出。市が居住地の電気、水道、ガスなどの使用状況を調べたところ、電気料金が数百円だったのが、当選後の3月に数千円に上昇。ガスの契約は当選後の2月下旬で、水道の使用もほとんどないことから、当選無効と判断した。

その後、立川市議は県選管に異議を申し立てたが、7月に棄却。裁決を不服として東京高裁に提訴していた。10月の第1回口頭弁論では水道の使用がほとんどないことについて、立川市議側は「小便をした後に水を流すとは限らない。生活の知恵だ」などと主張。県は請求棄却を求めていた。

県選管によると、26日に立候補者説明会が行われ、高裁でも立川市議側と協議する予定だった。立川市議は「この選挙にすべてを懸けます」と話し、近日中に市議を辞職する意向を示した。

政治評論家の浅川博忠氏は「擁立する政党、候補者、どちらにも問題がある」と指摘。「市議として被選挙権があるかどうかは根本的な問題。問題のある候補者を擁立すれば、ほかの候補者への影響も出てくる。有権者の理解を得ることは難しいだろう」と述べた。

[編集] 女性タレント市議、出馬取りやめ?生活公認せず

国民の生活が第一」は11月26日、同党埼玉県連が衆院選で埼玉4区から擁立する予定だった、新座市議でタレントの立川明日香について、公認しないことを明らかにした。

立川氏は自身のブログに、子育てを理由に立候補を取りやめる、との内容の書き込みをしている。同党は26日、衆院選の第3次公認を発表したが、立川氏の名前は含まれていなかった。同党県連の小宮山泰子代表は、読売新聞の取材に、「立川氏は擁立しない」と話した。

立川氏をめぐっては、同党県連の松崎哲久幹事長が、脱原発活動の取り組みを評価して衆院選に擁立する考えを示し、立川氏も、「立候補することを決意した」としていた。立川氏は、2月の新座市議選初当選後、選挙区内での居住実態がないとして県選管から当選無効の裁決を受け、裁決取り消しを求める訴えを東京高裁に起こしている。

[編集] 立川あすかの画像

立川明日香10.jpg立川明日香11.jpg立川明日香12.jpg立川明日香13.jpg立川明日香14.jpg立川明日香15.jpg立川明日香16.jpg立川明日香17.jpg立川明日香18.jpg立川明日香19.jpg

[編集] 元“美しすぎる市議”が脱いだ、「風呂入らない」発言揶揄?カットも(2013年)

昨年2月、埼玉県新座市議会議員選挙に立候補し、無所属新人ながら26議席中5位当選を果たした立川明日香。

“美しすぎる市議”として一躍有名になったものの、その後、居住実態を問われ当選無効が決定、さらには国民の生活が第一(代表:小沢一郎=当時)から衆院選出馬を決めるもドタキャン、突然の議員辞職など、数々の騒動を巻き起こしながらも、その騒動の真相を語ることなく表舞台から消えていた。そんな彼女が突如、現在発売中の「週刊ポスト」8月30日号で大胆なセミヌードを披露している。

同誌では“美しすぎる桃尻”を露わにしたカットや、一糸まとわぬ姿でのセミヌードを披露。さらには居住実態騒動の際に話題となった「トイレは使っても流さない」「風呂は入らない」発言を揶揄したようなお風呂でのずぶぬれカットなど計6カットも掲載されている。

また、9月30日には初の書籍「ノーモア立川明日香」(三空出版/1,260円)を刊行予定。書籍の中でも大胆なグラビアを披露するとともに、当選無効騒動の真相や、衆院選出馬ドタキャンの真相を激白。また、児童養護施設で18年間育った彼女だからこそ知りえる、児童養護施設の事態を赤裸々につづっている。

取材・執筆は「山口母親金属バット殺人事件」「大阪姉妹殺人事件」の犯人・山地悠紀夫の生涯を描いた「我思う、ゆえに我あり」で、第15回小学館ノンフィクション大賞の優秀賞を受賞したフリーライターの小川善照が担当。数々の犯罪事件現場の取材や、孫正義一族を描いたノンフィクション作品「あんぽん」にも取材記者として参加した彼が、立川に容赦なく取材し、鋭く切り込んでいる。

立川明日香20.jpg立川明日香21.jpg立川明日香22.jpg立川明日香23.jpg

[編集] 美人すぎる元市議・立川さん、グラビア挑戦は「注目集めるため」とキッパリ(2013年10月)

「美しすぎる市議」と呼ばれた埼玉県新座市・元市議の立川明日香さん(28)が6日、都内にて書籍「ノーモア 立川明日香」(三空出版)の発売記念イベントを行った。

立川さんは2012年、素人選挙運動ながら5位当選となり注目を集め、そのあと、同地での居住実態がなかったとして当選無効の決定を受け、一連の騒動を起こしていた。

今回発売された同書。当初は、彼女の自伝として企画が持ち上がり、生まれてから18年間、児童養護施設で育った生い立ちや、里親制度といった社会問題を綴る予定だった。が、しかし、2012年の騒動から路線変更。新たに、当選無効になった真実までまとめられ、ノンフィクション作家の小川善照氏が取材を行った。

本を出版した理由については「体験者としての話。児童養護施設で育った子供たちの問題を知ってほしかった」と語り、セミヌードに挑戦したグラビアには「世間の人に知ってもらうため、注目を集めたかった」と躊躇せずに答えた。

セミヌード撮影は3名の女性スタッフで行ったそうだ。だが、入稿直前「運動を支援していただいている方から反対が入って…」と掲載が見送りになる話し合いが行われたという。それでも「多数の人に知ってもらう手段として本に載せた」と葛藤した様子が明かされた。

立川さんは現在「無職です。アルバイトをたまにしている」と話し、今後については「政治家にならない。タレントになるつもりもない」と口にしていた。

[編集] 「『明日、ママがいない』は悪くない」「私は施設でドラマよりもひどい目に遭った」(2014年2月)

日本テレビドラマ明日、ママがいない」が全国児童養護施設協議会などから抗議を受け問題化している騒動について、元タレントで埼玉県新座市の市議だった立川明日香さん(28)が6日、自身が養護施設で育ったことを明らかにした上で「私は施設でドラマよりもひどい目に遭った。施設の現実を知ってもらう入り口としては悪くないドラマだ」と強調した。

3~18歳まで東京都杉並区の養護施設で生活。ドラマに関し「芦田愛菜ちゃんのようにかわいい服を着た子はいなかったし、髪もみんな一律短く切られた。全くのフィクションだと思って笑ってしまった」と感想。ドラマよりひどい目に遭った体験として、「私はバカです」と書かれた紙をおなかに貼って立たされた、段ボール箱の中で一晩中正座、耳鳴りがするほどの往復ビンタなどを挙げた。

日テレにドラマの内容の変更とともに公開謝罪を要求している協議会の姿勢には「あなた方はそんなに偉いの?事実、虐待が起きている施設があるじゃないですか。ドラマに文句を言っている暇があったら施設の改善をすべき」と主張した。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス