松本智津夫

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索

松本 智津夫(まつもと ちづお、別名:麻原 彰晃(あさはら しょうこう)、1955年3月2日 - )とは、宗教団体オウム真理教(現Aleph)の元代表で教祖である。1996年6月19日以降は、教団内部での地位は開祖。同団体は宗教団体「アレフ」に一旦改組され「アーレフ」にすぐに再度改称するも、さらに「Aleph」に改称。Alephにおいての公式呼称は「旧団体代表」とされた。

著書では「真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師」名義を用いていた。宗教団体オウム真理教の信者からは尊師、もしくは本来ヒンドゥー教の導師を指すグルと呼ばれ、崇拝の対象となっていた(宗教団体Alephでは、尊師・グルの呼称の使用及び、写真・イラスト・その他その肖像を表わしたものを団体施設の祭壇及び個人所有の祭壇に備え付けることを禁じた)。

教団は日本支配を画策しており、その憲法草案の中では神聖法皇と呼称されていた。また、神や死者の声が聞こえる霊能者であるとも自称していた。

目次

[編集] 経歴

[編集] 成年前

麻原こと松本智津夫は、1955年3月2日熊本県八代市高植本町(旧・八代郡金剛村)の職人の家庭に、9人兄弟の第7子(4男)として生まれた。

週刊文春』2000年新年合併号によれば、「松本の祖父は熊本県出身の警官で、戦前に朝鮮半島に渡り、その地で警察署長を務めた後、終戦後、熊本に引き揚げた」という。週刊現代1995年5月27日号「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」記事中で「父親は、在日朝鮮人である」と栗本慎一郎が主張しているが、オウム真理教大辞典(東京キララ社)の『麻原彰晃』の項によれば「本人による『在日』発言があるという『噂』があったため、『在日説』が浮上したが、これはデマである」と『在日説』を否定している。また、高山文彦は『麻原彰晃の誕生』で、「松本家は朝鮮半島の出自ではなく、朝鮮から引き揚げてきた日本人」との親族の言葉を紹介しており、松本の父は現在の大韓民国全羅北道益山郡春浦面の生まれであるとしている。

1961年4月に、八代市立金剛小学校に入学するも、視覚障害者隻眼)であるために同年秋(6歳)より当時熊本市出水町今(現在の熊本市水前寺)に所在した熊本県立盲学校に転校、寄宿舎に移住(智津夫の長兄の証言によると、この視覚障害は水俣病による被害の結果だったという[1]。ただし智津夫は水俣病患者と しての公的認定を受けていない)。部活動は柔道に打ち込む一方で、小学部5年時に児童会長、中学部在籍時と高等部在籍時に生徒会長に立候補するが、3度とも落選している。その後、成績は中程度であったにもかかわらず、熊本大学医学部を志望するようになり、高等部3年の3月に同医学部を受験するが失敗。高等部専攻科に進学する。1975年1月12日には、盲学校の生徒としては異例の柔道二段(講道館)を取得(一連のオウム事件後に講道館より剥奪)。鍼灸免許も取得した松本は、この頃より「東大法学部卒の政治家となりゆくゆくは総理大臣の座に就くこと」を志すようになる。1975年3月(20歳)、熊本県立盲学校を卒業。

[編集] 成人後

東京大学文科1類受験を目指すため、1975年3月末に東京都江東区大島、8月に品川区戸越に移住するが、9月には八代市の実家に戻る。1976年1月熊本市春日に移住し長兄の漢方薬店の助手を務める。3月、受験勉強をするために学生街のある熊本市黒髪町に下宿するが、5月にはまた実家に戻り、長兄の店を手伝う。1976年7月20日、長兄の店の元従業員が兄を侮辱したため頭部を殴打、9月6日傷害罪で1万5千円の罰金刑を受ける。

1977年4月(22歳)に再上京し、代々木ゼミナール渋谷校(現在はない)に入学したが、東大受験に失敗する。同年頃から仙道ヨーガの修行を始める。

1978年1月7日、代々木ゼミナール渋谷校で知り合った妻、松本知子(旧姓石井)と結婚し、千葉県船橋市湊町に新居を構え、そこに鍼灸院「松本鍼灸院」を開院。同年9月15日「松本鍼灸院」を廃し、同市本町に診察室兼漢方薬局の「亜細亜堂」を開業したが、1980年7月に保険料の不正請求が発覚し、670万円の返還を要求される。同年8月25日(25歳)、新興宗教団体阿含宗に入信し、以後3年ほど在籍する。同年12月、船橋市新高根に新居を購入し移住。1981年2月、船橋市高根台に健康薬品販売店「BMA薬局」を開局したものの、1982年に無許可の医薬品を製造販売したため同年6月22日薬事法違反で逮捕され、20万円の罰金刑を受ける。

[編集] オウム真理教

1983年夏(28歳)、東京都渋谷区桜丘に、仙道・ヨーガ・東洋医学などを統合した(超)能力開発の指導を行う学習塾「鳳凰慶林館」を開設、松本は「麻原彰晃」と名乗り始める。1984年2月、学習塾「鳳凰慶林館」をヨガ道場「オウムの会」に変更し、5月28日には株式会社オウムを設立。1986年4月、ヨガ道場「オウムの会」を宗教団体「オウム神仙の会」と改称。同年7月、ヒマラヤで最終解脱と称す。

1987年7月(32歳)には「オウム神仙の会」を「オウム真理教」に改称し、空中浮揚などのショー的なアピールで徐々に信者を獲得していった。1990年2月の衆議院議員選挙では、真理党代表として東京4区(5人区)から出馬したが、13位で落選。その数日後に弟子対し「この世はもはや救えない、これからは武力で行く」と述べる。

[編集] 逮捕・裁判

1995年5月16日(40歳)に山梨県西八代郡上九一色村(現・南都留郡富士河口湖町)のオウム真理教の教団施設で地下鉄サリン事件の首謀者として逮捕された。麻原は現金960万円の札束と寝袋を抱えて、第6サティアンの南側入り口1階から2階への階段天井部分に造られた隠し部屋に隠れており、逮捕された際は失禁していたと伝えられている。逮捕後警視庁への護送は、迅速かつ安全を考え当初警視庁が当時保有していた大型ヘリコプターで護送させる予定だったが、当日は悪天候の為で飛べず、警察車両での護送に切り替えられた。

最終的には13事件で27人殺人(裁判では殺人26人と監禁致死1人)の首謀者として起訴される。1996年4月24日東京地方裁判所で初公判が行われたが、僅か48席の一般傍聴席に対して、12,292人という、日本の刑事裁判史上最も多い傍聴希望者が東京地裁前に殺到した。弁護側は「事件は村井元幹部を中心とした、弟子たちの暴走によるもので、松本自身は一切指示をしていない」と無罪を主張したが、2004年2月27日、東京地裁は「救済の名の下に日本を支配して、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で一連の事件を起こした」と認定し、死刑判決を言い渡した。

2006年9月15日最高裁判所特別抗告を棄却し、1審通り松本への死刑判決が確定した。死刑が執行されていないのは、共犯者の裁判が終了していないことと逃亡者が存在するためと思われる。

[編集] 逮捕後の経過

[編集] 第一審

1審の初公判は当初は1995年10月26日に設定されたものの、麻原は初公判前日の10月25日に私選弁護人の横山昭二を解任。裁判所は期日を取り消し、国選弁護団の選任に踏み切ったが、初公判は延期を余儀なくされた。1996年4月24日、1審の初公判(阿部文洋裁判長)が開かれた。日本テレビはこの時点から、「麻原-」から「松本-」と本名で報道するようになった。その後、民放全局・産経新聞中日新聞東京新聞)などを除くほとんどの新聞社も本名で報道するようになった。NHKは結審までは松本を芸能人として扱い、「麻原-」を使用していた。

裁判では初公判で阿部裁判長は「全世界がこの事件に注目している。判決は5年以内に出したい」と述べたが、弁護側が引き延ばし戦術を展開したために長期裁判の様相を見せ、一時は1審に30年はかかると言われた。事件ごとの並行審理を提案したが、弁護団側が拒否したため、一事件ずつの審理となった。月4回の開廷ペースに反発し、審理をボイコットする騒ぎもあった。また、弁護側は検察側が申請した被害調書や共犯者の供述調書などの1万5687点の証拠に対し1万5472点と98%に不同意。そのために171人の検察側の証人を直接出廷させて証言させることになったが、検察側の尋問時間が計206時間であったのに対し、弁護側の尋問時間は1053時間 (検察側の5倍) に及んだ。

検察側は長期裁判を避けるため、1997年12月に松本・地下鉄両サリン事件の重軽症者を約4000人から18人に減らす訴因変更を行い、2000年10月に被害者がいない薬物密造など4事件の起訴を2000年10月に取下げて案件を13事件に絞り込むなど、裁判の迅速化を余儀なくされた。被告人の麻原は公判では突如英語を話したり、居眠りをするなどの異常行動が目立ち、しばしば裁判長から注意や退廷命令を受けた。当初は起訴案件の罪状認否に関しては留保したが、1997年4月に保留していた罪状認否について、起訴された17事件のうち16事件で無罪を主張した(駐車場経営者VX襲撃事件のみ留保)。

2003年4月、1審の検察の論告で「わが国の犯罪史上最も凶悪な犯罪者」と指弾して死刑を求刑。同年10月31日、弁護側が「一連の事件は弟子たちの暴走であり被告は無罪」旨の最終弁論を行い結審。地裁の公判回数は254回となり第1審の判決まで8年を要した。2004年2月27日、一連の事件を首謀したと認定して東京地方裁判所小川正持裁判長)は求刑通り死刑の判決を言渡した。これに対し弁護側は東京高等裁判所に即日控訴した。

[編集] 控訴審

1審を担当した国選弁護団は終了後に全員が辞任。12人の国選弁護人に支払われた弁護士報酬は計4億5200万円になった。後を引き継いだ私選弁護団は1審判決後、松本が弁護団の問いかけに一切反応せず意思疎通が不可能であることや、弁護側が依頼した6人の精神科医が彼には裁判を受ける能力がないと意見していることなどを挙げ、裁判の停止を求め、控訴審の開始のために必要な控訴趣意書の提出を拒み続けていた。

控訴審の開始手続きに関連して、裁判所側が依頼した医師による精神鑑定も行われ、12月10日には東京高裁の須田賢裁判長を含めた裁判官3人が弁護人抜きで東京拘置所で松本被告に面会する異例の事態となる。医師の鑑定で松本には裁判を受ける能力があるとされたことを受け、東京高裁は提出されなかった控訴趣意書の提出期限を再度指定し、2005年1月11日までに提出するよう弁護側に通達した。

控訴趣意書の提出期限が近づいても、弁護側が控訴趣意書が出されなかったが、2005年1月6日、東京高裁は1月11日に設定されていた控訴趣意書の提出期限を弁護団の要請に応じる形で、2005年8月31日まで延長することを決めた。提出期限の2005年8月31日、弁護側は控訴趣意書を持参したが、被告の精神鑑定方法に関する要望が受け入れられなかったことを理由に提出を拒んだ。

2006年3月27日に東京高等裁判所は弁護側の控訴棄却を決定。この控訴棄却の決定は、控訴審の審理が結審した後に下される控訴棄却の判決とは異なり、控訴趣意書が正当な理由なく期限までに提出されなかったため、刑事訴訟法の規定に従って、控訴審を開始せずに裁判を打ち切るという決定である。弁護団はこの決定に対し、同年3月30日に東京高等裁判所へ異議申立てを行ったが棄却された。

[編集] 特別抗告

弁護側は最高裁判所特別抗告を行った。最高裁では死刑判決の是非ではなく、被告人の訴訟能力の有無、弁護側の控訴趣意書の提出遅れが「やむを得ない事情」に該当するかの有無、提出遅れという弁護活動の不備による不利益を被告に負わせることの可否の3点が争われた。同年9月15日に最高裁は特別抗告を棄却し、松本への死刑判決が確定した。27人殺人(司法の認定としては26人殺人と1人監禁致死)は死刑囚としては戦後最悪の数字である。

また東京高裁は2006年9月25日に控訴趣意書の提出遅延に関して、日弁連に対し「審理の進行を妨げた」として、刑事訴訟法に基づく処置請求を行い、担当した弁護士2人の処分を求めた。2008年9月に弁護士1人に戒告の懲戒処分が、2009年7月27日に弁護士1人に業務停止1カ月の懲戒処分が出た。

[編集] 再審請求

[編集] 起訴された罪状

[編集] 最後まで起訴されていた罪状

[編集] 途中で取り下げた罪状

[編集] 子供

長女
1978年生まれ。省庁制の際には流通監視省大臣であった。
次女
1981年生まれ。2000年1月に長男を連れ去ろうとした事件で2月19日に逮捕され、保護観察処分となった。
三女
1983年生まれ。家庭教師は石川公一。省庁制の際には法皇官房長官であった。2000年1月に長男を連れ去ろうとした事件で2月19日に逮捕され、保護観察処分となった。2004年3月に合格した和光大学から入学拒否されたとして提訴し、東京地裁は「入学拒否は違法」と認定、和光大学に30万円の慰謝料支払を命じた。
四女
1989年生まれ。2003年に教団との関係を保つ家族のあり方に疑問を抱き、後見人となった江川紹子の元に身を寄せる(後に江川は後見人を辞任している)。2010年、ペンネーム「松本聡香」名義で著書『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』(徳間書店)を刊行。
長男
1992年生まれ。日本シャンバラ化計画に於いて皇子の称号を与えられた。1996年6月に教団の教祖となる。
次男
1994年生まれ。日本シャンバラ化計画に於いて皇子の称号を与えられた。1996年6月に教団の教祖となる。2006年に春日部共栄中学校に合格したものの、麻原の息子だという理由で入学を拒否された。次男らは、憲法で禁止された不当な差別によって精神的苦痛を受けたとして、共栄中学校に損害賠償を求める訴えを起こした。

[編集] 書籍

1990年代前半に多くの著書を出し、ベストセラーになった。中でも『キリスト宣言』は1991年11月の全国月間ベストセラーランキングで3位を記録した。『麻原彰晃の世界パート13・これが尊師!』は1992年2月の全国月間ベストセラーランキングで4位を記録し、以後5月までベストセラーのトップテンにランクインし続けた(ランキングは日経産業新聞に掲載されていたトーハン日販調べによるもの)。

[編集] エピソード

[編集] 「修行」

[編集] マスメディア関連

[編集] 女性関係

[編集] 嗜好

[編集] 視力

[編集] その他

[編集] 麻原彰晃の画像

麻原彰晃 1.jpg麻原彰晃 2.jpg麻原彰晃 3.jpg麻原彰晃 4.jpg麻原彰晃 5.jpg麻原彰晃 6.jpg麻原彰晃 7.jpg麻原彰晃 8.jpg麻原彰晃 9.jpg麻原彰晃 10.jpg麻原彰晃 11.jpg麻原彰晃 12.jpg麻原彰晃 13.jpg麻原彰晃 14.jpg麻原彰晃 15.jpg麻原彰晃 16.jpg麻原彰晃 17.jpg麻原彰晃 18.jpg麻原彰晃 19.jpg麻原彰晃 20.jpg麻原彰晃 21.jpg

[編集] 出典

  1. 藤原新也『黄泉の犬』文藝春秋2006年、pp.71-80
  2. 噂の真相』1998年2月号
  3. 青沼陽一郎『オウム裁判傍笑記』新潮社、2004年2月
  4. 『獄中で見た麻原彰晃』麻原控訴審弁護人/編 インパクト出版会
  5. 麻原控訴審弁護人編『獄中で見た麻原彰晃』p.101(インパクト出版会、2006年)
  6. 週刊新潮』2008年2月7日号「独占手記『麻原彰晃四女』獄中の父が『詐病』と悟った瞬間」

[編集] 参考文献

[編集] 関連項目

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス